▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【女性ダイエット筋トレ】

    【事前予備疲労法】特定の筋肉を追い込むプレイグゾーストメソッド



    事前疲労法・予備疲労法と呼ばれるプレイグゾーストメソッドは、ターゲットにした筋肉のみを使う単関節運動(アイソレーション種目)をまず行い、その後にターゲットにした筋肉を含めた複合関節運動(コンパウンド種目)を行うことで、特定の筋肉を徹底的に追い込める筋トレ方法です。

    そのやり方と注意点、具体的な種目・メニューの組み方を解説します。

    ■単関節運動と複合関節運動と筋トレの順番


    ●基本は複合関節運動→単関節運動




    筋トレの基本としては、より高重量が扱え複数の筋肉を使う複合関節運動(コンパウンド種目)を充分におこなっておいてから、個別の筋肉を単関節運動(アイソレーション種目)で仕上げるのが定石です。

    これは、先に単関節運動(アイソレーション種目)で特定の筋肉だけが疲れると、複合関節運動(コンパウンド種目)ではその筋肉が他の筋肉の足を引っ張る形となり、十分なパフォーマンスで鍛えることができなくなるからです。

    ▼関連記事

    【筋トレの順番】高重量複合関節運動(コンパウンド種目)から低重量単関節運動(アイソレーション種目)へ

    ●予備疲労では単関節→複合関節で行う




    一方、事前疲労法・予備疲労法では上記のことを逆手にとり、特に鍛えたい部分=ベンチプレス選手の大胸筋やアームレスラーの上腕二頭筋など、自分の体重なかで突出して筋力の強い筋肉を先に単関節運動(アイソレーション種目)で疲れさせておいてから、複合関節運動(コンパウンド種目)で追い込みます。

    これを、プレ・イグゾーストメソッドと言います。

    なお、この筋トレメソッドは、コンパウンド種目のセット中にウエイトのコントロールを失うリスクがあるため、十分に鍛えられた中級者~上級者むきの筋トレ方法です。

    また、初心者の方でチャレンジしてみたい方は、ウエイト落下のないマシントレーニングで行うことをおすすめします。

    ■具体的な予備疲労法の種目組み合わせ




    それでは、ここからは各筋肉部位別の予備疲労法の適切な組み合わせ例をご紹介します。

    ●大胸筋の予備疲労法


    Pectoralis_major_20170504060051626.png

    ダンベルフライマシンフライ(単)→腕立て伏せダンベルプレスベンチプレスマシンチェストプレス(複合)

    大胸筋を予備疲労法で追い込む場合は、アイソレーション種目のダンベルフライまたはマシンフライで事前に大胸筋を疲労させておき、腕立て伏せ・ダンベルプレス・ベンチプレス・マシンチェストプレスなどの大胸筋が主働となるコンパウンド種目を行います。

    ●三角筋の予備疲労法


    Deltoideuss_20170504060446d2c.png

    フロントレイズサイドレイズ(単)→ショルダープレスアップライトロー(複合)

    三角巾を予備疲労法で追い込むためには、フロントレイズやサイドレイズなどの単関節種目を先に行い、その後にショルダープレス系やアップライトローイング系の複合関節種目を行います。

    ●上腕三頭筋の予備疲労法


    Triceps_brachiis_20170504060647472.png

    フレンチプレスキックバックプレスダウン(単)→ダイヤモンド腕立て伏せダンベルトライセプスプレスナローベンチプレス(複合)

    上腕三頭筋を予備疲労法で追い込むためには、まずフレントプレス(トライセプスエクステンション)・ダンベルキックバック・ケーブルプレスダウンなどの単関節種目を事前に行い、その後にダイヤモンド腕立て伏せ・ダンベルトライセプスプレス・ナローグリップベンチプレス系といった複合関節種目を実施します。

    ●背筋の予備疲労法


    backmusucle.png

    ショルダーシュラッグリバースフライ(単)→懸垂ダンベルローイングベントオーバーローラットプルダウン(複合)

    背筋(僧帽筋・広背筋)を予備疲労法で追い込むためには、ショルダーシュラッグ(僧帽筋)・リバースフライ(広背筋)などの短観選津種目をあらかじめ行い、その後に懸垂・ダンベルローイング・ベントオーバーロー・ケーブルラットプルダウンといった複合関節種目を行います。

    ●上腕二頭筋の予備疲労法


    images_201705040626033ef.jpg

    各種カール系(単)→逆手懸垂逆手ラットプルダウン(複合)

    上腕二頭筋を予備疲労法で追い込むには、各種カール系の単関節種目をあらかじめ実施し、その後で逆手懸垂や逆手ラットプルダウンといった複合関節種目を行います。

    ●下半身の予備疲労法


    Quadricepshum_20170504062110056.png

    レッグエクステンションレッグカール(単)→スクワット系各種目(複合)

    下半身の筋肉を予備疲労で追い込むためには、レッグエクステンション(大腿四頭筋)やレッグカール(ハムストリングス)などの単関節運動を事前に行い→その後、自重スクワットやレッグプレスなどの複合関節種目を実施します。なお、バーベルスクワットは転倒などのリスクが高すぎるため避けたほうがよいでしょう。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【筋トレの裏技・コツ】筋肉を効率的に騙す5つのテクニック|最強の追い込み方法

    スポンサーリンク

    ▽ただ今人気▽

    ▽話題の記事▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【筋トレむき魚のすき焼き】複数種類のタンパク質でアミノ酸スコアも向上 2018/02/17
    【自重トレーニングメニュー最強版】筋肥大に効果抜群の種目と一週間の組み方を徹底紹介 2018/02/17
    【背筋の鍛え方】懸垂以外の自宅筋トレ(自重・ダンベル・チューブ)で広背筋・僧帽筋・長背筋を鍛えるやり方 2018/02/17
    【自宅ダンベル筋トレ完全版】初心者でもジムなみに効果がある一週間のメニューの組み方 2018/02/17
    【ダンベルフライ特集】大胸筋に効果の高いフォーム・重量・回数と床でのやり方を解説 2018/02/17
    【おすすめプッシュアップバー】斜め傾斜型から回転スライド式まで腕立て伏せ器具の使い方特集 2018/02/17
    【アームレスリングのトレーニング法】フック・トップロールの技別の鍛え方をアームレスラーが解説 2018/02/17
    【筋肉名称完全図鑑】|全身の筋肉部位の名前と作用およびその鍛え方・筋トレ方法を完全解説 2018/02/17
    【腕の筋肉を太くする鍛え方TOP25と3つの秘策】自宅でダンベルや自重を使った筋トレ方法 2018/02/17


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ