【ダンベルアップライトロー】初心者向きの三角筋トレーニング方法を解説



    効かせるのが難しい三角筋トレーニングのなかでも、数少ない動作が簡単で初心者でも効かせやすいダンベルアップライトローについて解説します。

    ■ダンベルアップライトローが効果のある筋肉


    ●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


    Deltoid_muscle_top9-1.png
    読みかた:さんかくきん
    英語名称:deltoid muscle
    部位詳細:前部中部(側部)後部
    起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
    停止:上腕骨三角筋粗面

    ダンベルアップライトローは三角筋側部を中心に、フォームによって前部や後部にも効果があります。

    ■ダンベルアップライトローの動画




    効かせるのが難しい三角筋のダンベルトレーニングのなかでも、比較的容易に三角筋を追い込むことのできるのがダンベルアップライトローです。初心者の方にもおすすめです。

    とくに、意識せず普通に動作した場合は三角筋側部に刺激の大半が集中します。

    肘をやや前に出す意識で動作を行うと三角筋前部に、逆に肘を引き気味に動作を行えば三角筋後部に負荷がかかります。

    いずれの意識・フォームにおいても大切なポイントは、背中の筋肉をできるだけ使わない=肩甲骨を寄せないことです。

    三角筋トレーニング全般に言えることですが、三角筋は体幹と直接接合しているため、意識を三角筋において動作をしないと、大胸筋や背筋群などの体幹の大きな筋肉に刺激が逃げてしまうので注意が必要です。

    ■おすすめのダンベル


    当ジムで実際に試用しているダンベル類は、下記のタイプようなリーズナブルなラバーダンベルですが、全く問題もなく長年使用しています。

    20170526193634135.jpg

    20170526193621336.jpg

    また、女性や初心者におすすめのダンベルがこちらのようなアーミーダンベルです。表面がプラスチック加工されている上、多角形をしているので、床や家具を傷つけず、錆も出ず、転がることもありません。

     

    スポンサーリンク


    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ


    -------------------




    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    スポンサーリンク