【バーベルベンチプレス】大胸筋のバーベルトレーニング

    Bench-press-1.png

    大胸筋のバーベルトレーニングのメイン種目であるバーベルベンチプレスの動画つき解説をします。


    ■ベンチプレスの効果のある筋肉部位

    1487_20160822065338efa.png


    ベンチプレスは、胸の筋肉・大胸筋を中心として、肩の筋肉・三角筋や腕の後側の筋肉・上腕三頭筋に効果があります。

    ■ベンチプレスの模範動画



    まず、グリップ幅ですが、公式競技のグリップ幅は81cmに規定されていますので、普段のトレーニングからこのグリップ幅になれておくことを推奨します。

    肩甲骨をよせ、ややブリッジを組み、肩甲骨2点と腰1点の合計3点で三角形保持をすると最も安定します。また、大胸筋を最大収縮させるためには、やや顎を引くことが重要です。バーベル直下に手首と肘が常にくるようなバーベル保持を心がけ、前腕骨でバーベルの重みを支えるようにしてください。

    ▼推奨の道具類







    ▼推奨記事

    【ベンチプレス完全版】100kgを上げるコツ・フォームや効果的な回数セットプログラム|120kgにも到達可能

    【ベンチプレスの種類】バリエーションによる効果のある部位の違いを解説

    【家庭用ベンチプレス台】各タイプ・機種の実際の使用感と安心できる耐荷重量

    【パワーラックの使い方完全版】メーカー別自宅用おすすめ比較と選び方も解説