▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】

    【ダンベルショルダープレス】三角筋の基本トレーニングのやり方とバリエーション

    Dumbbell-shoulder-press-1-crop_20170524053329394.png

    三角筋のダンベルトレーニングでベーシックな種目となるダンベルショルダープレスについて動画つきで解説します。

    ●ダンベルショルダープレスが効果のある筋肉


    Deltoideuss_2017052405343979b.png

    ダンベルショルダープレスは、肩の筋肉である三角筋に効果があり、二次的に上腕三頭筋にも効果があります。

    なお、三角筋は「前部」「側部」「後部」の三部位に分けられ、それぞれ主に「腕を前に上げる」「腕を横に上げる」「腕を後ろに上げる」作用があるほか、三部位が共働して「腕を上に押し上げる」作用があります。

    ●ダンベルショルダープレスのやり方




    注意する点はバーバルショルダープレスとほぼ同様です。反動を使わずにコントロールできる重量設定で行うのが最も大切です。

    とくに、重力に逆らいながらダンベルを下ろすネガティブ動作のなかで、三角筋がエキセントリック収縮をして、筋トレ効果が高まりますので、上げる動作だけでなく、下ろす動作でも十分に効かせるようにしてください。

    ●ダンベルショルダープレスのバリエーション


    上でご紹介したのは、ダンベルショルダープレスのなかでも、座って行うシーテッド式のもので、反動が使えないためストリクトに鍛えやすく初心者におすすめのバリエーションです。

    このほかに、立って行い、膝の屈伸をセット最終局面での補助動作に使えるスタンディングダンベルショルダープレスもありますが、ややコントロールが難しく中級者むけのやり方と言えるでしょう。

    また、肩に痛みを感じる場合は、通常と90度ダンベルの持ち方を変え、平行に保持して行う方法もあります(ハンマーグリップ)。肩に違和感や痛みを感じる場合は場合におすすめのバリエーションです。

    ●ダンベルショルダープレスの筋トレへの組み込み方


    ダンベルショルダープレスは、自宅三角筋トレーニングでは三角筋の中心的な筋トレメニューになりますので、アップの後すぐに行いたい種目です。また、ジムトレーニングでは、より高重量のバーベル種目やマシン種目の後に、ややハイレップ(高反復回数)で行うとよいでしょう。

    また、三角筋は大胸筋と同日に鍛えるケースも少なくありませんが、その場合は、腕立て伏せやダンベルプレスやベンチプレスなど大胸筋コンパウンド種目(複合関節種目)のあとに行うのが正しい順番になります。

    ●ダンベルショルダープレスの重量回数設定


    肩関節はデリケートですので、過度の高重量低レップトレーニングは避けましょう。

    筋肥大目的のトレーニングでは10回前後の反復で、肩こり解消やダイエット系筋トレでは20回程度の反復回数で限界がくる重量設定が適切です。

    ▼おすすめのダンベルと関連記事


    当ジムで実際に試用しているダンベル類は、下記のタイプようなリーズナブルなラバーダンベルですが、全く問題もなく長年使用しています。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    IROTECダンベル セット 40kg ラバーリングタイプ

    ▼関連記事

    【ダンベルの種類と長所短所】目的別におすすめのダンベル|アイアン・ラバー・クローム・アーミー

    また、女性や初心者におすすめのダンベルがこちらのようなアーミーダンベルです。表面がプラスチック加工されている上、多角形をしているので、床や家具を傷つけず、錆も出ず、転がることもありません。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    アーミーダンベル 10kg×2個セット レッド LEDB-10R*2

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    アーミーダンベル 10kg 2個セット レッド LEDB-10R

    20170701042918904.jpg

    当ジムで実際に使用しているアーミーダンベルを分解撮影し、その構造と重量の組み方や使い方を詳しく解説したのが下記の記事です。是非ご一読ください。

    ▼関連記事

    【女性と初心者におすすめのアーミーダンベル】重さが変えられ錆びない転がらない優れもの

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    【自宅ダンベル筋トレ完全版】ジムなみに効果がある一週間のメニューの組み方

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事と新着記事のご案内 2020/01/01
    【ベンチプレスの呼吸法】通常の筋トレとの違い|ハイパーベンチレーションの導入も解説 2018/01/19
    【イベリコ豚のフィットチーネ】セポ・デ・カンポ肉の美味しいレシピ 2018/01/18
    【筋トレむきホタテ飯の炊き方】高タンパク質低カロリーな貝類メニュー 2018/01/18
    【きしめんVSフィットチーネ】どっちが筋トレむき?パスタの代用になるか検証 2018/01/17
    【筋トレ男性バレンタイングッズ】トレーニング好き彼氏にプレゼントしたい厳選アイテム 2018/01/17
    【筋トレ用トレーニングベルト特集】効果・使い方・選び方とおすすめアイテムを徹底紹介 2018/01/17
    【おすすめ握力グッズ】強化やリハビリにも効くトレーニング器具のご紹介 2018/01/17
    【三種類の握力と鍛え方】クラッシュ・ピンチ・ホールド強化方法とおすすめの器具 2018/01/17
    【自宅器具なし0円筋トレ完全版】自重種目BIG5と数千円で効果倍増の器具紹介 2018/01/17


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    gaku.jpg

    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ