【ダンベルトライセプスプレス】上腕三頭筋と大胸筋上部の筋トレを解説

    Dumbbell-incline-bench-press-1-crop-crop2.png

    ダンベルトライセップスプレス(リバースグリップダンベルベンチプレス)は逆手で行うダンベルプレスで、効率的に上腕三頭筋を鍛えることのできるダンベル筋トレです。また、その腕を押し出す軌道が、やや斜め上方向になることから、大胸筋上部にも効果的です。

    そのダンベルトライセップスプレスのやり方とコツについて動画つきで解説します。



    ●ダンベルトライセプスプレスが効果のある筋肉部位





    ダンベルトライセプスは上腕三頭筋(長頭・内側頭・外側頭)に効果のあるダンベルトレーニング種目です。また、肘を閉じ気味に挙上すると長頭に、やや開き気味に挙上すると内外側頭に負荷がかかります。

    また、体幹に対して腕を押し出す軌道が、やや斜め上方になるため、大胸筋上部にも高い効果のある種目です。

    ●ダンベルトライセプスプレスの動画と解説




    通常のダンベルプレスと逆手にダンベルプレスを持つことで上腕三頭筋に負荷が集中します。上腕三頭筋をターゲットにした場合のポイントは肩甲骨を寄せて、背筋で状態を固定し動作を行うことです。また、肘をあまり広げると大胸筋に刺激が逃げてしまいますので気をつけてください。

    逆に、大胸筋上部をターゲットにする場合は、やや肘を開き気味に動作を行います。

    ●ダンベルトライセプスにおすすめの器具類


    ダンベルトライセプスは動作がやや難しいトレーニング種目なので、ある程度ダンベルの扱いに慣れる必要があります。下記のようなトライセプスバーがあれば、初心者の方が自宅で行っても、簡単に上部三頭筋に対して、ダンベルトライセプスプレスと同様の効果が得られます。

    トライセプスバー スクリューカラー2個付[WILD FIT ワイルドフィット]

    なお、当ジムで実際に試用しているダンベル類は下記のリーズナブルなものですが、全く問題もなく長年使用しています。ぜひ、ご参照ください。


    ハンマートーンダンベルセット|BODYMAKER


    ダンベルセット:ラバータイプ|ファィティングロード

    ▼amazonで比較する
    ハンマートーンダンベル セット HNMDST30 【BODYMAKER】

    (FIGHTINGROAD) ダンベル ラバータイプ

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【上腕三頭筋の鍛え方】自宅筋トレ(自重・ダンベル)からジム筋トレ(バーベル・マシン)まで完全解説

    プレスダウンの握り方による上腕三頭筋の長頭・内外側頭に対する効き方の差異

    【上腕三頭筋長頭の鍛え方】上腕筋群中で競技に最重要と言われる理由

    【リバースグリップベンチプレス&ダンベルプレス】大胸筋上部を鍛えるための筋トレ方法