【ラットマシンプルダウン】広背筋のマシントレーニング

    広背筋のマシントレーニングとして効果的なラットプルダウンについて動画つきで解説します。


    ●ラットプルダウンの効果のある筋肉部位


    Latissimus_dorsi_muscle_back.png


    ラットプルダウンは広背筋を中心として、二次的に僧帽筋や上腕二頭筋にも効果があります。

    ●ラットプルダウンの動画とやり方


    懸垂の仕上げとして、またケーブルマシンを使った広背筋トレーニングとして非常に効果の高いラットマシンプルダウンについて動画つきで解説します。



    動作のポイントは胸を張り、フィニッシュポジションでしっかりと肩甲骨を寄せきることです。これにより広背筋が完全収縮し効果が高まります。また、前腕が疲れてトレーニングが追い込めなくなるので、サムレスグリップでバーを保持するとよいでしょう。



    また、パラレルグリップを使用して縦持ちで行うと広背筋中央部と僧帽筋に負荷が強くかかります。

    ●ラットプルダウンにおすすめの器具類




    家庭用のラットマシンとしておすすめなのが、こちらのタイプです。実際、筆者のジムでも使用しており、5年以上メンバーがヘビーユーズしていますが、全く壊れることなく使えています。




    広背筋中央部や僧帽筋にラットプルを効かせたい場合は、こちらのようなパラレルタイプのケーブルアタッチメントを使用します。

    ●この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブ広背筋トレーニング】自宅でも簡単にできる斬新発想の筋トレ方法を紹介

    【ラットプルダウン完全版】懸垂との違い・効果的なやり方・各種バリエーションを解説