【チューブ広背筋トレーニング】自宅でも簡単にできる斬新発想の筋トレ方法(ラットプルダウン)を紹介

    man-461195_960_720_20160826202542f93.jpg

    トレーニングチューブを使った広背筋の鍛え方・チューブラットプルダウンをご紹介します。広背筋は、逆三角形に広がった男らしい背中を作る上では非常に重要な筋肉です。しかし、自宅では専用の器具がないと鍛えにくい筋肉です。しかし、斬新な発想のチューブトレーニングをすれば、驚くほど広背筋に効かせることができます。

    ■チューブラットプルダウンが効果のある筋肉部位


    ●広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋


    pullmuscle_201705240531198f8.png

    チューブラットプルダウンは、広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋といった上半身の引く動作の筋肉群に効果があります。それぞれの筋肉の作用は以下の通りです。

    ○広背筋:腕を前や上から引く

    ○僧帽筋:腕を下から引く

    ○上腕二頭筋:肘関節を曲げる

    ■チューブラットプルダウン①




    広背筋を非常に効率よく鍛えることのできるチューブトレーニングがこちらの動画のチューブラットプルダウンです。頭の上でトレーニングチューブを保持して両手を構え、首の後ろに引き下ろしながら両手を開く方向に力を入れていきます。

    このときに、しっかりと肩甲骨を寄せることを意識してください。ジムなどで行うラットマシンでのプルダウンにひけをとらない効き方を体感できるはずです。

    ■チューブラットプルダウン②




    こちらは、トレーニングチューブをドアに挟んで行うチューブラットプルダウンです。

    広背筋は「腕を上から引く動作」で鍛えるのが最も効率的なので、非常に理にかなったトレーニング方法です。ポイントは体幹を斜めにむけ、真上からチューブを引くように角度を調整することです。

    ■チューブラットプルダウン③




    こちらも②と同様にドアにトレーニングチューブを挟んで行うプルダウンですが、肘を伸ばしたまま行うので、プルオーバーに近い効き方をします。

    広背筋を全体的に鍛えたい場合、この①~③全てのチューブラットプルダウンを行うとよいでしょう。

    ■チューブラットプルダウンのグリップによる効き方の差異


    ●広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋むけグリップ


    チューブラットプルダウンは、グリップの仕方によって効果のある筋肉部位が異なります。特に、今回ご紹介した②の方法に応用がしやすいのでご紹介します。

    ○広背筋:ノーマルグリップ=手の甲が自分に向くグリップ

    ○僧帽筋:パラレルグリップ=手の平が向き合うグリップ

    ○上腕二頭筋:リバースグリップ=手の平が自分に向くグリップ

    ■おすすめのトレーニングチューブ


    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Amzdeal トレーニングチューブ 5本セット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    enkeeo トレーニングチューブ 5本セット

    また、下記のようなショートタイプのエクササイズバンドも使い勝手がよく、なかでも肌に優しい天然ゴム製のタイプがおすすめです。

    20170618072439501.jpg

    Active Winner エクササイズバンド 強度別5本セット

    エクササイズバンドに関しては、実際に当ジムの備品として採用したものの試用レポートをまとめてありますので、是非ご参照ください。

    ▼試用レポート記事

    【おすすめエクササイズバンド】アクティブウィナー(ActiveWinner)のゴムバンド試用レポート

    ▼エクササイズバンドダイエット方法

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブトレーニング完全版】胸筋・背筋・腹筋・肩・腕・脚などに効果大でおすすめのメニュー紹介

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適