筋トレについて調べる

    【筋肉部位別のストレッチ法】トレーニングの前・中・後に取り入れて筋トレ効果を高める

    exercise-86200_960_720_201611131926073d7.jpg

    トレーニング前、トレーニング中、トレーニング後とストレッチを行うことで筋トレ効果を高めることができます。その理由と筋肉部位別の詳細なストレッチ方法について解説します。

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ■目次


    ■筋トレ前のストレッチ
    ■筋トレ中のストレッチ
    ■筋トレ後のストレッチ
    ■胸筋群のストレッチ
    ■背筋群のストレッチ
    ■肩と腕のストレッチ
    ■下半身のストレッチ

    ■筋トレ前のストレッチ


    stretchen-1634787_960_720_20161113193245e5c.jpg

    筋トレ前にストレッチを行う理由は、筋肉をほぐしウォーミングアップになることです。トレーニング前のストレッチにより血行がよくなり、筋肉をこれから運動する状態にするだけでなく、自律神経のうち交感神経を刺激して身体を活動モードにすることができます。

    ■筋トレ中のストレッチ


    stretchen-1634786_960_720.jpg

    筋トレ中のストレッチは、トレーニングセットのインターバルに、鍛えている当該筋肉部位に対して行います。これにより、パンプしてこわばった筋肉がほぐれるとともに、血行がよくなり疲労物質の排出にもつながります。インターバルに的確にストレッチをしていくことで、1セット1セットをフルに活用することが可能です。

    ■筋トレ後のストレッチ


    stretchen-1634784_960_720.jpg

    筋トレ後のストレッチは、筋肉のクールダウンになるだけでなく、血行をよくすることにより疲労物質の排出を促進し、これにより少しでも早い超回復を促すことができます。また、ゆっくりと静かにストレッチをすることで、トレーニングで活性化した自律神経を副交感神経優位の休息モードにスイッチすることができます。

    目次にもどる

    ■胸筋群のストレッチ


    490px-Gray410-crop.png

    胸筋群は、大胸筋を中心として小胸筋、前鋸筋、外肋間筋、内肋間筋、肋下筋、長肋骨挙筋、短肋骨挙筋、胸横筋などの周辺インナーマッスルから構成されています。その詳細なストレッチ方法は下記の記事に詳しく記載してあります。

    ▼詳細記事

    【大胸筋のストレッチ】トレーニング前・中・後に効果的な胸筋を伸ばすやり方

    ■背筋群のストレッチ


    Teres_major-crop.png

    背筋群は、僧帽筋と広背筋を中心として最長筋、多裂筋、小菱形筋、大菱形筋、肩甲挙筋、棘肋筋、上後鋸筋、下後鋸筋、頭板状筋、頸板状筋、胸棘筋、頸棘筋、頭棘筋、半棘筋、回旋筋、短背筋、後頭下筋などの周辺インナーマッスルから構成されています。その詳細なストレッチ方法は下記の記事に詳しく記載してあります。

    ▼詳細記事

    【背筋のストレッチ】猫背解消にも効果のある広背筋・僧帽筋を伸ばす方法

    ■肩と腕のストレッチ


    kataude-crop.jpg

    肩と上腕の筋肉群は、三角筋・上腕二頭筋・上腕三頭筋を中心として、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋、上腕筋などの周辺インナーマッスルから構成されています。その詳細なストレッチ方法は下記の記事に詳しく記載してあります。

    ▼詳細記事

    【肩と腕のストレッチ】筋トレ前・中・後に三角筋・上腕二頭筋・上腕三頭筋を伸ばす方法

    ■下半身のストレッチ


    daitaibu-crop.jpg

    大腿部や臀部の筋肉群は、臀筋群・大腿四頭筋・ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)を中心として、内転筋群(大内転筋・長内転筋・短内転筋)や腸腰筋群(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)などの周辺インナーマッスルから構成されています。その詳細なストレッチ方法は下記の記事に詳しく記載してあります。

    ▼詳細記事

    【大腿部のストレッチ】筋トレ時に大腿四頭筋・大臀筋・ハムストリングス・下腿三頭筋を伸ばす方法

    【股関節ストレッチ】腸腰筋と内転筋の柔軟性を高めてダイエット効果

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    【ブルガリアンスクワットのやり方】ヒップアップにも最適な高強度下半身自重トレーニングのコツとポイント Feb 14, 2019
    【リバースクランチ】下腹部に効果的で腰を痛めにくい筋トレ|レッグレイズとの違いも解説 Feb 14, 2019
    【ジャックナイフ(Vシットクランチ)】腹筋下部にも効果的な自重トレーニングのやり方 Feb 14, 2019
    【レッグレイズ】腹直筋下部と腸腰筋群に効果の高い足上げ腹筋トレーニングのやり方と種類 Feb 14, 2019
    【カールアップクランチ・シットアップのやり方】腹筋の基本トレーニングの種類とコツ Feb 14, 2019
    【バックエクステンションのやり方と種類】脊柱起立筋に効果の高い自重筋トレの方法を解説 Feb 13, 2019
    【シシースクワット】大腿四頭筋を直撃する高強度下半身自重トレーニングのバリエーション Jan 19, 2019
    【自重スクワットのやり方と種類】自宅での下半身の鍛え方と筋トレ目的別回数設定 Jan 19, 2019
    【サイドランジのやり方】内転筋群に効果的な自重トレーニングの種類と動作のコツ Jan 18, 2019
    【懸垂の種類とやり方徹底解説】できない初心者ができるようになる秘策を解説 Jan 18, 2019