筋トレについて調べる

    ●【インターバル】筋トレ目的別(筋力向上・筋肥大・ダイエット)の適切なセット間の時間

    time-731108_960_720.jpg

    筋トレ目的=筋力向上・筋肥大・ダイエットそれぞれに適切なセット間インターバルについて解説します。きっちりとトレーニング効果を出したいのなら、インターバルの時間も管理するほうが効率的です。

    ■筋繊維の基本特性


    Blausen_0801_SkeletalMuscle.png


    筋トレで限界まで挙上するようなセットをすると、ターゲットにした筋肉部位全ての筋繊維が使われたように感じますが、実際は一度の動作で筋繊維全てが動員されないようにできています。

    これは、動物として人間をとらえた場合、一度の動作に全ての筋繊維を動員してしまうと、外敵から逃げることも獲物を狩ることもできなくなるという自然の摂理です。

    このため、トレーニングにおいては、2セット目・3セット目とセットを重ねて一度に動員されない筋繊維に負荷をかける必要があります。

    ■負荷強度と筋繊維動員率


    graph-163509_960_720_20161013201259d0b.jpg


    負荷強度と一度の動作で筋繊維が使われる割合は、負荷強度が高いほど筋繊維の動員率が高い傾向にあります。

    具体的な数値はまだ解明されていませんが、最大筋力での挙上(1レップ)ではほとんどの筋繊維が動員されますが、高負荷(6レップセット)、中負荷(10レップセット)、低負荷(20レップセット)と負荷が下がるにつれて、1セットに動員される筋繊維の割合は低下するとされています。

    このため、低負荷セットほど次のセットまでの休憩時間は少なくてもよくなります。

    ■目的別のセットインターバル


    woman-1071158_960_720.jpg

    一般的に最適とされているセット間インターバルと目的別負荷強度の関係は以下の通りです。

    ○筋力向上(6レップ前後の高負荷セット)

    2~3分の長めのインターバルで、全筋繊維を回復させる。

    ○筋肥大(10レップ前後の中負荷セット)

    1分ほどのインターバルで動員されなかった筋繊維をローテーションさせていく。

    ○ダイエット(20レップ前後の低負荷セット)

    30秒ほどの短いインターバルで次々と筋繊維を動員するとともに有酸素運動の要素も加える。


    ぜひ、目的に応じたセット間インターバルを導入し、効率的なトレーニングで成果を出してください。


    ▼関連記事

    【アセンディングセット法】最大筋力向上のための筋トレ方法を解説

    【ゴリマッチョになる筋トレ方法】男は黙って筋肥大|効果抜群のメニューとサプリメントを徹底解説

    【サーキットトレーニング】有酸素効果もあるダイエット方法(自宅編)

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事 Mar 20, 2019
    【筋トレメニュー完全版】自宅やジムでの効果的な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示 Mar 20, 2019
    【筋トレむきジャガイモ&牛肉料理】レジスタンススターチが筋肥大に効果的 Mar 11, 2019
    【牛こま肉のミルフィーユカツ】筋トレにおすすめの高タンパク質低カロリーレシピ Feb 27, 2019
    【ダイエット筋トレ向きミルフィーユとんかつ】豚こま切れ肉での作り方レシピ紹介 Feb 27, 2019
    【筋トレ向きそうめん】肉類でタンパク質強化して筋肉飯化した麺類レシピ Feb 27, 2019
    【最強バルクアップうなぎ炒飯】高タンパク質でミネラル豊富な魚料理 Feb 27, 2019
    【筋トレむきアジの唐揚げ】揚げずに焼いて作る魚料理レシピ Feb 27, 2019
    【筋トレむき牛肉カレーパスタ】バルクアップに最適な筋肉飯レシピ Feb 27, 2019
    【筋トレむきタコステーキ】ダイエットにも最適な魚介ワイルド料理 Feb 27, 2019