筋トレについて調べる

    【ダンベルカール】基本4種目のやり方・効果と特殊な3種目を紹介|重量の目安も解説

    fitness-818722_960_720_201608040610433fc.jpg

    力こぶの筋肉である上腕二頭筋を鍛えるダンベル筋トレ種目として基本となる、ダンベルカール・ダンベルハンマーカール・ダンベルコンセントレーションカール・ダンベルプリチャーカールの4種目のやり方と効果のある筋肉部位について解説するとともに、やや特殊な3つのダンベルカールバリエーションについて解説します。あわせて、使用重量の目安についてもご紹介します。

    ■上腕二頭筋の構造と作用


    ●長頭と短頭に分かれ肘関節の屈曲と回外を行う


    ●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


    Biceps_brachii_muscle06-3.png
    読みかた:じょうわんにとうきん
    英語名称:biceps
    部位詳細:長頭短頭
    起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
    停止:橈骨粗面

    ▼上腕二頭筋の鍛え方

    【上腕二頭筋の鍛え方完全版】男らしい力こぶを作る筋トレ方法をアームレスラーが解説

    上腕二頭筋は、上図のように長頭と短頭の二つの部位から構成されています。おおまかに表現すると、「太さを作るのが短頭」で「高さを作るのが長頭」になります。

    また、上腕二頭筋には「肘間接を屈曲させる作用」と「肘から先を回外させる作用」があり、前者は短頭が後者は長頭が比率として大きく関与しています。

    なお、上腕二頭筋の共働筋として肘近くに上腕筋があり、この筋肉が発達すると、上腕全体が丸みを帯びて太くなります。

    ■ダンベルカールの基本3種目


    ●ダンベルカール




    上腕二頭筋のダンベルトレーニングとして基本中の基本となるのがダンベルカールです。両手を同時に挙上してもかまいませんが、動画のように片手づつ交互に動作する方が、より上腕二頭筋に意識を集中できます。

    ●ダンベルハンマーカール




    上腕二頭筋短頭と上腕筋に特に効果的なダンベルトレーニングがダンベルハンマーカールです。なお、この動作の手首の角度でバー(シャフト)を握りしめると手首関節に負担がかかりますので注意してください。詳しくは下記の記事で解説しています。

    ▼関連記事

    腕のトレーニングで頻発する手首関節痛の対処法

    ●ダンベルコンセントレーションカール




    上腕二頭筋のピーク(高さ)を作るために、上腕二頭筋長頭を集中的に鍛えられるダンベルトレーニングがダンベルコンセントレーションカールです。文字通り、上腕二頭筋に意識(コンセントレーション)を集中することが最大のポイントです。また、動作に回外方向の回旋を加えるとさらに効果が高まります。

    ●ダンベルプリチャーカール




    別名スコットカールとも呼ばれるプリチャーダンベルカールは、上腕二頭筋短頭に効果が高く、腕を太くするには最適なダンベルトレーニングです。

    本種目の実施には、専用のカール台を用いて肘を固定して行いますが、アームブラスターのような器具を使うと自宅でのダンベルカールでもプリチャーカールの効果を再現できます。

    ■やや特殊なダンベルカール


    ●回旋式ダンベルカール




    通常のダンベルカールにコンセントレーションカールの回外回旋動作を加えたトレーニング方法が、この動画のような回旋式ダンベルカールです。

    さらに詳しい回旋式ダンベルカールについての解説は、下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    上腕二頭筋の長頭と短頭を回旋式ダンベルカールで個別に鍛える方法

    ●ダンベルドラッグカール




    ダンベルドラッグカールは通常のダンベルカールに肘を引く動作を加えたもので、通常のダンベルカールに比べて上腕二頭筋をより強く収縮させることが可能です。通常のダンベルカールにマンネリを感じてきたら、時々メニューに加えると良い刺激になります。

    ●ダンベルサイドカール




    ダンベルサイドカールはダンベルハンマーカールの一種ですが、挙上の軌道が異なるため、通常のダンベルハンマーカールに筋肉が慣れてきた頃に、時々メニューに加えると違った刺激を与えられるので効果的です。

    ■ダンベルカールの重量・回数設定


    ●10kg・15kg・20kgそれぞれの目安も解説


    number-787589_960_720-crop_201703120723181d1.png

    ダンベルカールは、高重量が扱えるタイプ=ノーマルダンベルカール・ダンベルハンマーカール・ダンベルドラッグカールと、それほど高重量で行うことのできない(または必要のない)、ダンベルリバースカール・ダンベルコンセントレーションカール・ダンベルプリチャーカールに分けられます。

    低重量タイプのダンベルカールは、高重量タイプのおよそ半分の重量設定でじっくりと効かせることが大切です。なお、高重量タイプのダンベルカールに使用するダンベルの重量は、おおよその目安ですが以下の通りです(筋肥大筋トレ)。

    ○20kgのダンベルカール→ベンチプレス100kgレベル

    ○15kgのダンベルカール→ベンチプレス80kgレベル

    ○10kgのダンベルカール→ベンチプレス60kgレベル

    もちろん、これには個人差がありますので、筋肥大トレーニングの場合は10回の反復回数で限界がくる重量で、ダイエット筋トレの場合は20回の反復回数で限界がくる重量設定で行ってください。

    ■上腕二頭筋の鍛え方・筋トレ方法


    ●自宅での自重・ダンベル筋トレからジムでのバーベル・マシン筋トレまで完全解説


    ▼推奨記事

    【上腕二頭筋の鍛え方】自宅筋トレからジム筋トレまで完全紹介

    ■カール系種目の効果を高めるグッズ


    20170526095929440.jpg

    カール系の種目で筋トレ効果を高め、より上腕二頭筋を強く追い込むための器具が、アームブラスターやアームプレートと呼ばれるグッズです。使用により肘が固定されるので、反動で動作をするのを防いでくれます。

    ▼関連記事

    【アームブラスター】限界まで上腕二頭筋を追い込むハード筋トレギア

    bench-30042_960_720_20170522190440bae.png

    ダンベルやバーベルを使ったフリーウエイトトレーニングに必須なのがベンチ類ですが、角度調整のできるインクラインベンチなら多種目に対応できるのでおすすめです。

    ▼関連記事

    【マルチポジションベンチ】IROTEC(アイロテック)製のインクライン・デクラインベンチの機能解説

    【インクラインベンチ】各筋トレ方法(ダンベル・バーベル・マシン)とおすすめのベンチを紹介

    ■おすすめのダンベル


    当ジムで実際に試用しているダンベル類は、下記のタイプようなリーズナブルなラバーダンベルですが、全く問題もなく長年使用しています。

    20170526193634135.jpg

    ▼関連記事

    【ダンベルの種類と長所短所】目的別におすすめのダンベル|アイアン・ラバー・クローム・アーミー

    20170526193621336.jpg

    また、女性や初心者におすすめのダンベルがこちらのようなアーミーダンベルです。表面がプラスチック加工されている上、多角形をしているので、床や家具を傷つけず、錆も出ず、転がることもありません。

    20170701042918904.jpg

    当ジムで実際に使用しているアーミーダンベルを分解撮影し、その構造と重量の組み方や使い方を詳しく解説したのが下記の記事です。是非ご一読ください。

    ▼関連記事

    【女性と初心者におすすめのアーミーダンベル】重さが変えられ錆びない転がらない優れもの

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事



    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    【自宅ダンベル筋トレ完全版】ジムなみに効果がある一週間のメニューの組み方

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    ●【筋トレ用チキン南蛮】皮をはぎ衣を麩にして揚げずに焼くレシピ Feb 24, 2019
    【ブルガリアンスクワットのやり方】ヒップアップにも最適な高強度下半身自重トレーニングのコツとポイント Feb 14, 2019
    【リバースクランチ】下腹部に効果的で腰を痛めにくい筋トレ|レッグレイズとの違いも解説 Feb 14, 2019
    【ジャックナイフ(Vシットクランチ)】腹筋下部にも効果的な自重トレーニングのやり方 Feb 14, 2019
    【レッグレイズ】腹直筋下部と腸腰筋群に効果の高い足上げ腹筋トレーニングのやり方と種類 Feb 14, 2019
    【カールアップクランチ・シットアップのやり方】腹筋の基本トレーニングの種類とコツ Feb 14, 2019
    【バックエクステンションのやり方と種類】脊柱起立筋に効果の高い自重筋トレの方法を解説 Feb 13, 2019
    【シシースクワット】大腿四頭筋を直撃する高強度下半身自重トレーニングのバリエーション Jan 19, 2019
    【自重スクワットのやり方と種類】自宅での下半身の鍛え方と筋トレ目的別回数設定 Jan 19, 2019
    【サイドランジのやり方】内転筋群に効果的な自重トレーニングの種類と動作のコツ Jan 18, 2019