筋トレについて調べる

    【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

    0000000002812-tile.jpg

    初心者の方におすすめのリストラップと適切な長さを解説するとともに、間違われやすい筋トレグッズであるリストストラップとの違いについてもご紹介します。

    ■リストラップとリストストラップの違いとは?


    ●リストラップは押す筋トレ・リストストラップは引く筋トレ


    0000000002202-tile.jpg

    向かって左側のグッズがリストラップ、右側のグッズがリストストラップです。名前は混同しそうなほど似ていますが、実際の形は全く違います。もちろん、用途も適合種目も異なります。

    簡単に説明すると、リストラップはベンチプレスやショルダープレスなどのプレス系(押す動作)種目で手首に巻きつけ、手首の固定を補助サポートするための道具です。一方、リストストラップは、デッドリフト・懸垂・マシンローイングなどプル系(引く動作)種目でバーに巻きつけ、握力の補助をするための道具となります。

    ■リストラップの適合種目


    リストラップの適合種目は、ベンチプレス系種目・ショルダープレス系種目・トライセプス系種目といったプレス系種目がメインになりますが、手首保護のためカール系種目や、握力補強のためデッドリフト系種目などプル系種目で使用する場合もあります。

    ■リストラップの構造


    20180124192511869_20180602113140418.jpg

    こちらは、先日のベンチプレス県大会で優勝した、筆者の運営するジムの所属選手が実際に使用しているリストラップを撮影させてもらったものですが、リストラップはラップ本体・マジックテープ・サムループから構成されており、サムループは装着時に引っ掛けますが、ラップ本体を手首に巻きつけマジックテープで固定した後は外します。

    ■リストラップの使い方


    ●向きは内巻きがいいのか外巻きがいいのか




    リストラップの巻き方は、内巻きがよいのか、外巻きがよいのかという議論は絶えませんが、一般的には、外側から内側に向かって巻く「内巻き」がスタンダードです。はじめてリストラップを使う初心者の方は、まずは内巻きで使ってみてください。

    使っていくうちに、ご自身の体型や動作の癖によって、どちらの巻き方がしっくりくるかわかってきます。

    なお、リストラップを装着するときのポイントは一つだけで、「一周目をきつく巻き二周目で調整する」ということです。

    ■リストラップの正しい使い方


    ●手首関節を覆うように使用する


    20180124192526997-300x169.jpg

    こちらが、リストラップの典型的な間違った使い方です。完全に手首関節がフリーになっており、手首をサポートする役割が果たせていません。初心者の方には、意外とこの間違いをしてしまう人も少なくありませんので、ご注意ください。

    20180124192543496-300x169.jpg

    こちらが、リストラップの正しい使い方です。手首関節をまたぐように覆って巻くことで、しっかりと関節をサポートします。

    20180124192616500-300x169.jpg

    なお、パワーリフティングやベンチプレスの公式競技では、リストラップが手の甲側にかぶさっていいのは「手首から2cmまで」と規定されていますので、競技を目指す方は初心者のうちからなれておくとよいでしょう。なお、競技に関係のない一般的なトレーニーの方は、2cmよりもやや深めに巻いたほうが手首へのサポート力は向上します。

    ■初心者におすすめの長さ


    ●はじめて入手するなら60cmタイプの一択


    man-2037255_960_720-300x190.jpg

    はじめてリストラップの入手をお考えの初心者の方は、長さがいろいろあるので、どれにしたらよいか迷うところではないでしょうか?

    筆者は長年ジムトレーナーをしているので、その答えを知っています。「60cmタイプの一択」です。

    あまり短いとプレス系種目の手首サポートには弱いですし、長すぎると巻くのが大変な上、締め付け強度が強すぎます。目安として、ベンチプレスで120kgを越えるあたりから90cmのロングタイプを使用するとよいでしょう。また、デッドリフトなどプル系種目の握力補助に使う場合は、30cmタイプが手頃ですが、パワーリフティングなど競技をする予定がないのであれば、プル系種目の握力補助には後述のリストストラップのほうがはるかに適しています。

    ■おすすめのメーカーはどこ?


    ●鬼またはgloryがおすすめ


    15221829410777-300x169.jpg

    こちらは、実際に筆者のジムの備品として置いている各メーカーのリストラップですが、向かって左から以下の通りです。


    TITAN
    INZER
    glory
    -------------------
    GOLD's GYM
    BODY MAKER
    IROTEC

    「-----」でメーカーを仕切っていますが、点線より上が競技・本格派用、下が普及品です。

    その締め付け強度や耐久度は歴然とした違いがあります。実際のところ、初心者や女性の方が使うにしろ点線よりも上のものがおすすめです。ただし、TITANは初心者には硬すぎ、INZERはやや柔らかめですので、IPF公認品なら「鬼リストラップ」、リーズナブルで高性能なものなら「glory」をおすすめします。

    もちろん、根拠なく書いているわけではなく、さらに、筆者の運営するジムで使ってきた感想だけでもなく、個人的に二ヶ月間の強度・耐久実験を行った結果からです。

    15221829352476-300x169-tile.jpg

    15211572109070-300x233.jpg

    その実験と結果と考察については、下記の筆者の筋トレ専門サイト記事内で公開しておりますので、リストラップを入手する前に是非ご一読ください。

    ▼リストラップ強度・耐久実験

    【メーカー別おすすめリストラップ比較】初心者向けの長さの選び方・巻き方・適合種目

    ■リストストラップの使い方


    ●巻く向きは奥から手前へ


    tg115_03-300x259.jpg

    リストストラップを手首に通したら、手の平のなかにシャフトを置き、奥から手前へ巻きます。

    その後、シャフトを軽く握り、から回しをしながらリストストラップを締めつけていきます。締めつけ具合はパンパンにしめつけたり、やや手指が伸びてからストラップが効くように遊びを持たせたり、個人の好みや種目に応じて調整してください。

    ●おすすめのリストラップ


    0000000002963.jpg

    筆者は以前、デッドリフトを行ったときに、先ほどの「-----」より下の普及品メーカーのものを使用していて、挙上中にループ部分をとめている縫い付けがちぎれ、バーベル落下事故を起こしたことがあります。幸い、周りに人がいなかったので大事には至りませんでしたが、何かあってからでは遅いので、やはり、しっかりとした作りのものを選ぶべきです。

    ●高重量でなければパワーグリップがおすすめ


    0000000002232.jpg

    また、プル系種目でも自重よりも軽いような負荷のトレーニングでは、リストストラップは巻くのに手間がかかるので、パワーグリップのほうがスピーディーでおすすめです。

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    ●【うざくの簡単料理レシピ】ミネラルが豊富で筋トレやスポーツにもおすすめ Apr 22, 2019
    【タラバガニのシチューパスタ】カロリーを抑えた筋トレ時短メニュー Apr 22, 2019
    ●【あなご飯の作り方レシピ】筋トレやスポーツにも効果的な食事メニュー Apr 22, 2019
    【筋トレむきアジフライの作り方】砕いた麩を使い衣も植物タンパク質強化 Apr 22, 2019
    【筋トレむき豆腐料理】アミノ酸スコアを上げたミンチとがんもどき甘辛煮 Apr 22, 2019
    【キーマカレーうどん】レトルトルーで作る筋トレ身体作りにおすすめの時短レシピ Apr 22, 2019
    【筋トレ筋肥大むきイタリアン焼きうどん】牛肉とチーズのダブルパワーでバルクアップ Apr 22, 2019
    【風味豊かな和牛塩焼きそば】タンパク質も多く筋トレバルクアップに最適 Apr 22, 2019
    【ウナギのひつまぶしの作り方】ガッツリ筋トレした後の筋肥大におすすめ Apr 22, 2019
    【筋トレむきサンマ蒲焼きの作り方】砕いた麩を衣にタンパク質強化|簡単魚料理 Apr 22, 2019