筋トレについて調べる

    【筋トレの回数設定】筋肥大やダイエットなど目的別の1セットレップ数の目安を解説

    20160711112831003.jpg

    腕立て伏せなどの自重トレーニングをはじめ、ダンベル筋トレや本格的なジムトレーニング、ダイエット目的の筋トレなど「一体何回やればベストなのか」という疑問はよくあるものです。1セットの適切な回数は、その筋トレの目的によって異なります。筋肥大目的、引き締め目的、ダイエット目的、それぞれの目的に最適な回数設定を解説します。

    ■まずはどの筋繊維を鍛えるかを知る


    ●短瞬発筋(FG筋)・長瞬発筋(FO筋)・持久筋(SO筋)の違い




    筋肉(骨格筋・横紋筋)は筋繊維と呼ばれる繊維状の細胞が束ねられて形成されています。ちょうど、ワイヤーの構造を思い浮かべてもらえればわかりやすいでしょう。そして、その筋繊維には、その運動・収縮特性により3種類に分けられます。

    ・筋肥大しやすい短瞬発筋(FG筋)





    最も筋肥大しやすい筋肉が短瞬発筋(FG筋)です。速い動き(Fast)をグリーコーゲン(Glycogen)の燃焼により行うのでこのように呼ばれています。スポーツ競技で例えると、重量挙げ、短距離走、投擲競技などがこれにあたります。この筋肉が発達すると、いわゆる「ゴリマッチョ」と言われる体型になります。

    ・細マッチョなら長瞬発筋(FO筋)





    ほどよく筋肥大するのが長瞬発筋(FO筋)で、いわゆる「細マッチョ」になるために鍛える筋肉になります。速い動き(Fast)を酸素(Oxygen)の燃焼により行うのでこのように呼ばれています。スポーツ競技で例えると、多くの球技、中距離走などがこれにあたります。

    ・筋密度が上昇する持久筋(SO筋)





    ダイエットで鍛えていくのが持久筋(SO筋)です。ゆっくりとした動き(Slow)を酸素(Oxygen)の燃焼により行うことからこのように呼ばれています。この筋繊維は鍛えても筋肥大せずに、引き締まっていきます。スポーツ競技で例えると、長距離走がこれにあたります。

    ■それぞれの筋繊維の筋トレに適した回数


    ●短瞬発筋(FG筋)を鍛えるのなら6~10回




    短瞬発筋(FG筋)を鍛えて筋肥大を狙うのならば、6~10回の反復回数で限界がくる重量設定が最適です。自重トレーニングなど負荷設定ができない種類のトレーニングでは、動作をゆっくりして負荷を強めることで回数設定が可能です。

    ▼関連記事

    【太く逞しい筋肉の付け方】速筋のなかでもFG筋(グリコーゲン消費速筋)を鍛える

    ●長瞬発筋(FO筋)を鍛えるのなら12~15回




    細マッチョになることを目的にして長瞬発筋(FO筋)を鍛えるのなら12~15回の反復動作で限界がくる重量・負荷設定が最適です。

    ▼関連記事

    【しなやかな細い筋肉の付け方】速筋のなかでもFO筋(酸素消費速筋)を鍛える

    ●持久筋(SO筋)を鍛えるのなら30回以上




    ダイエットを目的に久筋(SO筋)を鍛えるのなら30回以上の反復回数でトレーニングをして行くのがベストです。

    ▼関連記事

    【美しい綺麗な筋肉の付け方】SO筋(酸素消費遅筋)を鍛えて全身をしなやかに引き締める

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    お知らせ Jan 01, 2021
    【タイ風ハンバーグカレー】筋トレにもベストマッチな既製品の組み合わせ Jun 14, 2019
    【タイガーナッツ】話題のヘルシーフードの成分と食べ方 Jun 13, 2019
    【マルシンハンバーグ】格安値段の筋トレ食品|種類・カロリーや焼き方・アレンジレシピ16種紹介 Jun 13, 2019
    【たくあんコーラ】沢庵×Colaの白米に合うハイブリッドジュースが話題|ヤバジュー特集 Jun 13, 2019
    【キヌア】アンデス産の高タンパク質雑穀の栄養・効能・レシピ Jun 13, 2019
    【おすすめシリアル】ダイエットの朝食に最適な種類とトッピング Jun 13, 2019
    【筋トレスタミナ料理】蛋白質とビタミンBで夏のトレーニングを支える Jun 13, 2019
    【お好み焼き千房】大阪から全国やハワイに広がる粉もんの輪 Jun 13, 2019
    【食べる酢グミ】楽天で買える柑橘王国(ゆず・青みかん・ミックス)を口コミ含めて大紹介 Jun 13, 2019