筋トレについて調べる

    【筋トレと筋肉痛と超回復】筋肉のメカニズムを知りベストなトレーニングを

    筋トレをして身体をつくっていく上で、どうしても理解しておきたいのが「筋トレ」と「筋肉痛」と「超回復」のメカニズムです。それをしり、ベストなタイミングでベストなトレーニングをするのが成功の秘訣です。

    ●筋トレと筋肉痛・超回復の関係


    ・筋トレと筋肉痛について


    20160221171645604.jpg

    通常の筋トレはもちろん、体幹トレーニング、競技練習を行うと筋肉痛が起こります。筋肉痛が起こるメカニズムには2つの理由があり、1つは負荷による筋繊維の破壊(主に 伸張性収縮:エキセントリック収縮)によるもの、もう1つは筋肉細胞内に発生する乳酸に起因するものです。

    筋肉が負荷を受けて筋肉痛になると、通常48~72時間かけて回復します。この時に筋肉が元より強く回復する生科学的反応を「超回復」と呼びます。

    ・筋肉痛と超回復について




    筋肉痛から48~72時間かけて超回復した筋肉は負荷前より強化されて回復しますが、回復途中で再度強い負荷を受けると、逆に退化していきます。ですので、筋肉痛の部位は筋トレをしないのが鉄則になります。

    ただし、近年では筋肉痛の時に代謝と血行を向上させる程度の刺激を与えることにより、超回復の速度を高める「積極的休養」または「動的休養」=アクティブレストという考え方が主流になりつつあります。

    ▼関連記事

    【アクティブレスト】筋肉痛時にあえて筋トレ・ストレッチで回復を早める

    ●筋トレに最適な時間・タイミング




    一般的な勤務・通学の生活パターンの1日のなかで、筋トレをするのに最も生科学的に適切な時間は15:00~17:00とされていますが、ほとんどの人にとってトレーニングをするのが困難でしょう。ですので、現実的には19:00~22:00のタイミングで筋トレをするのが最も効果的です。

    ただし、「空腹時」「食後すぐ」「就寝前」は筋トレをするのに不適切なタイミングになりますので、トレーニングを実施する日には生活サイクルの微調整が必要になります。詳細に関しては下記の記事に記載しました。

    ▼関連記事

    【筋トレと超回復の基本理論】筋肉部位ごとの回復時間も解説

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    【斜め懸垂のやり方】自宅で背筋を鍛える自重筋トレ種目の種類とコツや机を流用した方法 Dec 14, 2018
    【片手腕立て伏せのやり方】高強度で大胸筋に高負荷を与えるワンハンドプッシュアップのコツ Dec 13, 2018
    【片足腕立て伏せのやり方】腹筋・背筋も同時に鍛えることのできるプッシュアップのコツ Dec 13, 2018
    【逆立ち腕立て伏せのやり方】三角筋を高負荷で鍛える自重筋トレの方法と練習の仕方 Dec 13, 2018
    【ナロープッシュアップのやり方】二の腕裏側(上腕三頭筋)を太く(細く)する腕立て伏せのやり方 Dec 13, 2018
    【足上げ腕立て伏せのやり方】大胸筋上部やバストアップに効果的なデクラインプッシュアップ Dec 11, 2018
    【膝つき腕立て伏せのやり方】普通に一回もできない女性や初心者に最適な簡単筋トレ Dec 06, 2018
    【パイクプッシュアップのやり方】三角筋を自重で鍛える腕立て伏せのコツとポイントを解説 Dec 06, 2018
    【斜め腕立て伏せのやり方】大胸筋下部に効果があり強度が低く女性や初心者にもおすすめ Dec 06, 2018
    【プッシュアップのやり方】大胸筋の自重トレーニングのコツとポイントを解説 Dec 06, 2018