筋トレについて調べる

    【デッドリフト系の筋肥大筋トレメニュー】広背筋と僧帽筋をバルクアップする順番と負荷回数



    筋肥大のために最適な、デッドリフト系種目の筋トレメニューを具体的に例示します。本記事内容は、解説種目のみで最効率にバルクアップをすることを前提にしたプログラムです。

    ■筋肥大で鍛える筋繊維

    ●速筋タイプⅡbをターゲットにする



    筋トレをして筋肥大を狙う場合、速筋のなかでもタイプⅡbと呼ばれる、収縮速度が速く(Fast)グリコーゲン(Glycogen)をエネルギー源とするFG筋繊維を鍛える必要があります。

    具体的には10回前後の反復回数で限界がくる負荷設定で行います。自重トレーニングでは動作速度をゆっくりし、他のウエイトトレーニングでは重量で調整します。

    ■デッドリフトが効果のある筋肉部位

    デッドリフト系種目は、広背筋・僧帽筋といった上背部表層筋を中心に、二次的に長背筋群(脊柱起立筋・多裂筋・回旋筋など)にも効果があります。

    ■デッドリフト系種目の具体的な筋肥大筋トレメニュー

    ●アップ・本セットでヨーロピアンデッドリフト(3セット)



    数本のアップを行ったのち、6回の反復で限界がくる負荷回数設定で3セット行います。

    デッドリフトには、下半身の筋力も多く使うスモウデッドリフト(足を大きく開き足と足の間をグリップする方法)と、より背筋に比重のかかるヨーロピアンデッドリフト(図のように足の外側をグリップ)の二種類がありますが、背筋群の筋肥大のためのトレーニングとして考えた場合、ヨーロピアンデッドリフトのほうが効果的です。

    なお、デッドリフトは効果が高い反面、間違ったフォームで行うと怪我のリスクもありますので、基本となるポイントはしっかりおさえてトレーニングをしてください。そのポイントは以下の通りです。

    ・胸を張り上を見る
    ・背中を反らせる
    ・お尻をつき出す
    ・膝をつま先より前にださない
    ・太ももにバーを沿わせて挙げる

    また、バランスをとるためにオルタネイトグリップ(片手を順手・片手を逆手でグリップ)で行うことをおすすめします。

    ●追い込みにベントオーバーロー(2~3セット)



    デッドリフトの後の広背筋の追い込みとしてベントオーバーロー(ニーベントロー)を数セット行います。8回の反復で限界がくる負荷回数設定が適切です。

    ベントオーバーローも、デッドリフトと同様に胸を張りやや上を見て、お尻をつき出し背中を反らせ、バーを太ももに沿わせるように引き上げてください。

    なお、ノーマルグリップでバランスがとりにくい場合は、リバースグリップで行ってください。

    ●仕上げにショルダーシュラッグ(1~2セット)



    仕上げにアイソレーション種目(単関節運動)のショルダーシュラッグで僧帽筋に効かせていきます。10回の反復で限界がくる負荷回数設定が適切です。

    上半身を後傾させると、負荷が長背筋群(特に脊柱起立筋)に逃げてしまうので注意をしてください。

    ■バルクアップのために組み合わせたい種目

    ●ラットプルダウン



    デッドリフト系種目は、僧帽筋と広背筋中央部には高い効果がありますが、広背筋側部にはあまり負荷がかけられません。

    そこで、ケーブルラットプルダウンで広背筋側部に効かせると、背筋群全てをまんべんなく鍛えることができます。

    ■おすすめの器具グッズ類

    デッドリフト系種目で握力が先に弱ってしまう方は、リストストラップの使用がとても有効です。その使い方とおすすめ品は下記の記事で解説しています。

    ▼関連記事

    【リストストラップとパワーグリップ】メーカー別おすすめ紹介|デッドリフトなどプル系種目に最適

    ■筋肥大のための食事メニュー

    ●一日体重1kgあたり2gの純タンパク質+二倍の筋肉合成カロリー

    meat-1155132_960_720.jpg

    筋肥大のためには、適切なバルクアップトレーニングに加えて、一日に体重1kgあたり2gの純タンパク質が必要です。また、それだけでなく、筋肉を合成するために多くのカロリーが必要で、摂取タンパク質のおよそ二倍のカロリーが必要となってきます。ですので、タンパク質食品だけでなく炭水化物などのカロリー源も十分に摂取しなくては、筋肉はいつまでたっても大きくなりません。

    20170625112643481_20171015103445b0a.jpg

    筋肥大のためにタンパク質を摂取し続けるのは、経済的にもかなりの負担になります。優良なタンパク質食品の格安品や徳用品の冷凍ものをネットなどでまとめ買いしておくとリーズナブルです。下記の記事には、実際に定期購入している牛肉・豚肉・鶏肉・マグロ・ウナギのおすすめ品をまとめてあります。是非ご活用ください。

    ▼関連記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも

    ■バルクアップの筋トレメニューなら


    muscle-2459720_960_720.jpg

    【ゴリマッチョになるバルクアップ筋トレメニュー】筋肥大に特化した筋肉部位ごとの各種目の組み方例

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事 Mar 20, 2019
    【筋トレメニュー完全版】自宅やジムでの効果的な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示 Mar 20, 2019
    【筋トレむきジャガイモ&牛肉料理】レジスタンススターチが筋肥大に効果的 Mar 11, 2019
    【牛こま肉のミルフィーユカツ】筋トレにおすすめの高タンパク質低カロリーレシピ Feb 27, 2019
    【ダイエット筋トレ向きミルフィーユとんかつ】豚こま切れ肉での作り方レシピ紹介 Feb 27, 2019
    【筋トレ向きそうめん】肉類でタンパク質強化して筋肉飯化した麺類レシピ Feb 27, 2019
    【最強バルクアップうなぎ炒飯】高タンパク質でミネラル豊富な魚料理 Feb 27, 2019
    【筋トレむきアジの唐揚げ】揚げずに焼いて作る魚料理レシピ Feb 27, 2019
    【筋トレむき牛肉カレーパスタ】バルクアップに最適な筋肉飯レシピ Feb 27, 2019
    【筋トレむきタコステーキ】ダイエットにも最適な魚介ワイルド料理 Feb 27, 2019