筋トレについて調べる

    【チューブトレーニングの特徴と効果】筋肥大仕上げとダイエット筋トレに最適な使い方



    自宅筋トレの手段として急速に普及しているチューブトレーニングですが、その特徴と効果を同じく自宅トレーニングの代表格であるダンベルと比較しながら解説します。

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ■チューブトレーニングの特徴


    ●単関節種目が豊富


    Alternating_bicep_curl_with_dumbbell_20170702072725d91.png

    チューブトレーニングは自宅でも簡単に行えるのが大きなメリットですがメリットはそれだけではありません。

    それ以外にも、自宅トレーニングの基本となる自重トレーニングにはコンパウンド種目(複数の筋肉・関節を同時に使う複合関節運動)しかないのに対し、チューブトレーニングは多彩なアイソレーション種目(単関節運動)があり筋肉を個別に鍛えられるのも大きなメリットです。

    ●漸増負荷特性で全レンジで鍛えられる


    tube-shoulder-press-1.jpg

    また、トレーニングチューブはゴムでできており、ゴムの持つ漸増負荷特性=伸びるほど負荷が強くなるため、とても効率的に筋肉に負荷を与えることが可能です。

    さらに、ダンベルなどのフリーウエイト種目の多くは、ウエイトを最大に挙上したポイントで重さが骨に乗ってしまい、筋力ではなく骨で支える(つっかえ棒のように)瞬間があります。

    この点、チューブトレーニングではどのような角度でもゴムの張力が負荷として加わり続けるため、負荷が抜ける瞬間がない効率的なトレーニングを行うことができます。

    ●押す動作・引く動作ともに角度が自在




    トレーニングチューブは片側を手や足で保持するだけでなく、壁や扉などあらゆる場所に引っかけられるので、ダンベルなどのフリーウエイトでは再現できない「斜めに押す」動作や「上から引く」動作などが自在に再現でき、トレーニングの幅が広いのも大きなメリットです。

    ■チューブトレーニングの効果


    ●ダイエット筋トレへの効果


    560067067_1280x720-crop.jpg

    トレーニングチューブは、ダンベルに比べると低負荷なので、弱めの負荷+高反復回数で鍛えていきますが、この高反復回数がダイエット筋トレには非常に効果的です。

    それは、鍛えても筋肥大せず筋密度が上がるだけの、ダイエット筋トレでターゲットとする持久筋を刺激するのに最も効率的な反復回数が1セット20~30回の高反復回数だからです。

    ▼関連記事

    【ダイエットチューブトレーニング女性版】二の腕・お腹・下半身を漸増負荷エクササイズで引き締める

    ●筋肥大筋トレへの効果


    USMC-110219-M-2021D-004_201701070809410fe.jpg

    先に解説した、高負荷がかけられない特性上、チューブトレーニングはそれ単体では筋肥大効果はあまり高くありません。

    しかし、高負荷の自重トレーニングやダンベル筋トレの後にチューブトレーニングで仕上げ・追い込みを行うと、漸増負荷特性のため限界まで筋肉を鍛えることが可能です。

    他のウエイトトレーニングと組み合わせるという前提ならば、チューブトレーニングは筋肥大・バルクアップにも非常に効果的と言えるでしょう。

    ▼関連記事

    【チューブトレーニング完全版】背筋・胸筋・腹筋・下半身に効果的な使い方とダイエット法

    ■筋肉部位別の代表的なチューブトレーニング種目


    ●大胸筋:チューブチェストプレス




    大胸筋を中心に三角筋や上腕三頭筋にも効果のある、プレス系基本種目がチューブチェストプレスです。腕を押し出す角度により、大胸筋の上部~下部まで効く部位が変化します。

    ▼さらに詳しくは

    【大胸筋のチューブトレーニング】胸の仕上げ筋トレを上部・下部・内側の部位別に解説

    ●背筋:チューブラットプル




    背筋群=広背筋と僧帽筋だけでなく上腕二頭筋にも効果のある、プル系基本種目がチューブラットプルです。しっかりと肩甲骨を寄せるのが大切な動作ポイントになります。

    ▼さらに詳しくは

    【背筋のチューブトレーニング】自重やダンベルの筋トレ後の仕上げや追い込みに最適な鍛え方

    ●三角筋:チューブショルダープレス




    三角筋全体を鍛えるのに最適な基本種目がチューブショルダープレスです。このほかにも、三角筋前部・中部・後部を個別に鍛えるアイソレーション種目(単関節運動)であるレイズ系種目などもあります。

    ▼さらに詳しくは

    【肩のチューブトレーニング】三角筋前部・側部・後部とローテーターカフ(回旋筋腱板)の鍛え方

    ●上腕三頭筋:チューブフレンチプレス




    チューブフレンチプレス(トライセプスエクステンション)は、上腕三頭筋を集中的に追い込むのに適した単関節運動(アイソレーション種目)です。このほかにも、長頭と短頭(外側頭・内側頭)を個別に鍛える種目も豊富です。

    ●上腕二頭筋:チューブカール




    チューブカールは上腕二頭筋を個別に鍛えるのに最適な単関節運動(アイソレーション種目)です。グリップの仕方により、さらに細かく長頭と短頭別に鍛えることも可能です。

    ▼さらに詳しくは

    【上腕のチューブトレーニング】上腕二頭筋・上腕三頭筋を追い込むのに最適な鍛え方・筋トレ方法を解説

    ●腹筋:チューブクランチ




    チューブクランチは腹筋を限界まで追い込むのに適したトレーニングです。息を吐きながら身体を曲げていき、最後に息を吐ききって腹筋を完全収縮させるのがポイントになります。このほかにも、腹直筋下部や腹斜筋を個別に鍛える種目も豊富です。

    ▼さらに詳しくは

    【チューブ腹筋トレーニング】セット中に負荷がかかり続けて効果大

    ●下半身:チューブレッグプレス




    下半身全体を鍛えられる基本種目がチューブレッグプレスです。このほかにも、大腿四頭筋・ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)、内転筋群を個別に鍛える種目も豊富です。

    ▼さらに詳しくは

    【下半身のチューブトレーニング】大腿四頭筋・ハムストリングス・内転筋群・臀筋群の鍛え方

    ■おすすめのトレーニングチューブ


    ●単品よりセット入手が断然お得



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ

    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。

    ▼関連記事

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適

     

    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------



    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    お知らせ Jan 01, 2021
    【タイ風ハンバーグカレー】筋トレにもベストマッチな既製品の組み合わせ Jun 14, 2019
    【タイガーナッツ】話題のヘルシーフードの成分と食べ方 Jun 13, 2019
    【マルシンハンバーグ】格安値段の筋トレ食品|種類・カロリーや焼き方・アレンジレシピ16種紹介 Jun 13, 2019
    【たくあんコーラ】沢庵×Colaの白米に合うハイブリッドジュースが話題|ヤバジュー特集 Jun 13, 2019
    【キヌア】アンデス産の高タンパク質雑穀の栄養・効能・レシピ Jun 13, 2019
    【おすすめシリアル】ダイエットの朝食に最適な種類とトッピング Jun 13, 2019
    【筋トレスタミナ料理】蛋白質とビタミンBで夏のトレーニングを支える Jun 13, 2019
    【お好み焼き千房】大阪から全国やハワイに広がる粉もんの輪 Jun 13, 2019
    【食べる酢グミ】楽天で買える柑橘王国(ゆず・青みかん・ミックス)を口コミ含めて大紹介 Jun 13, 2019