筋トレについて調べる

    ●【胸部筋肉の名前と働き】大胸筋・小胸筋・前鋸筋のほか全ての周辺筋をご紹介

    One_headlight_(7453725950).jpg

    胸部には大胸筋・小胸筋・前鋸筋のほかあわせて11の筋肉があります。それらの名称と作用を全て解説します。

    ■胸腕筋(musculi thoracobarachiales)


    ●大胸筋(musculus pectoralis major)


    490px-Gray410-crop_201702100625048bd.png


    大胸筋は上部・下部・内側・外側に分かれ、上腕を前方に押し出す作用があります。筋トレにおいて鍛える対象となり、鍛えることで見栄えのよい身体になることから高いトレーニング人気があります。

    ●小胸筋(musculus pectoralis minor)


    Pectoralis_minor_muscle_and_shoulder_blade_20170210063238520.png

    小胸筋は大胸筋の外側深層に位置しており、肩甲骨の外側を下方に下げる作用と第3~第5肋骨を引き上げる作用があります。この筋肉を鍛えると胸部全体が持ち上がるので、女性のバストアップ筋トレにも人気です。

    ●前鋸筋(musculus serratus anterior)


    zenkyo-crop.jpg

    前鋸筋は肩甲骨から大胸筋深層の肋骨沿いにある筋肉です。肩甲骨を前外に引く作用と肩甲骨固定時に肋骨を引き上げる作用があります。パンチ力に関わる筋肉なので「ボクサー筋」と呼ばれることもあります。

    ●鎖骨下筋(musculus subclavius)


    Subclavius_muscle_frontal2.png

    鎖骨下筋は鎖骨を前下方に引き下げる作用があります。

    ■胸壁筋(musculi thoracis)


    ●外肋間筋(musculi intercostales externi)


    External_intercostal_muscles_back.png

    外肋間筋は肋骨を引き上げる作用があります。

    ●内肋間筋(musculi intercostales interni)


    Internal_intercostal_muscles_back.png

    内肋間筋は肋骨を引き下げる作用があります。

    ●肋下筋(musculi subcostales)


    肋下筋は呼吸運動に関わる作用があります。

    ●長肋骨挙筋(musculi levatores costarum longi)


    長肋骨挙筋は肋骨を引き上げる作用があります。

    ●短肋骨挙筋(musculi levatores costarum breves)


    短肋骨挙筋は肋骨を引き上げる作用があります。

    ●胸横筋(musculus transversus thoracis)


    胸横筋は肋骨を引き下げる作用があります。

    ■横隔膜(diaphragma)


    941px-Respiratory_system.png

    横隔膜は胸腔と腹腔を隔てる筋板で、呼吸運動に深く関わっています。

     

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    【タイ風ハンバーグカレー】筋トレにもベストマッチな既製品の組み合わせ Jun 14, 2019
    【タイガーナッツ】話題のヘルシーフードの成分と食べ方 Jun 13, 2019
    【マルシンハンバーグ】格安値段の筋トレ食品|種類・カロリーや焼き方・アレンジレシピ16種紹介 Jun 13, 2019
    【たくあんコーラ】沢庵×Colaの白米に合うハイブリッドジュースが話題|ヤバジュー特集 Jun 13, 2019
    【キヌア】アンデス産の高タンパク質雑穀の栄養・効能・レシピ Jun 13, 2019
    【おすすめシリアル】ダイエットの朝食に最適な種類とトッピング Jun 13, 2019
    【筋トレスタミナ料理】蛋白質とビタミンBで夏のトレーニングを支える Jun 13, 2019
    【お好み焼き千房】大阪から全国やハワイに広がる粉もんの輪 Jun 13, 2019
    【食べる酢グミ】楽天で買える柑橘王国(ゆず・青みかん・ミックス)を口コミ含めて大紹介 Jun 13, 2019
    【クリスタルドーナツメーカー】自宅で簡単・失敗知らずの優れもの Jun 13, 2019