筋トレについて調べる

    ●【バーベルベントオーバーローイング】グリップ方法による効果のある筋肉部位の差異

    bentorow.jpg

    バーベルベントオーバーローイングは、背筋のバーベルトレーニングとしてデッドリフトと並び代表的な種目で、元Mrオリンピアのドリアンイエーツが好んで行ったことから、別名「ドリアンロー」「イエーツロウ」とも呼ばれています。このバーベルベントオーバーローイングにはローマルグリップとリバースグリップの2種類のグリップ方法があり、それぞれに効果のある筋肉部位も若干異なります。


    ■バーベルベントオーバーローイングが効果のある筋肉部位


    pullmuscle_201612041744555af.png

    バーベルベントオーバーローイングが効果のある主な筋肉部位は、首の後ろから背中の中央部に位置する「僧帽筋」、上腕付け根から腰部にかけて分布する「広背筋」、腕の前側の筋肉である「上腕二頭筋」です。また、脊柱沿いに分布し、姿勢の維持に作用している長背筋群(最長筋・多裂筋・脊柱起立背筋など)にも二次的に効果があります。

    本記事では、「僧帽筋」「広背筋」「上腕二頭筋」の3つの筋肉に着目し、ノーマルグリップとリバースグリップでのバーベルベントオーバーローイングの効き方の差異について考察します。

    ■リーバースグリップバーベルベントオーバーローイング




    こちらが、リバースグリップの動画です。このグリップで行うことのほうが一般的で、単に「ベントオーバーロー」といった場合はこのバーベルベントオーバーローイングを差します。

    フォームによる癖や各筋肉の筋力差・個人差などがありますが、筆者の感覚では「僧帽筋」>「広背筋」>「上腕二頭筋」の順で負荷がかかると感じています。

    ■ノーマルグリップバーベルベントオーバーローイング




    一方、こちらがノーマルグリップでのバーベルベントオーバーローイングの動画です。こちらも個人差が多い部分ですが、筆者は「僧帽筋」>「上腕二頭筋」「広背筋」の順に負荷がかかると感じます。

    ■ベントオーバーローイング共通の姿勢・コツ


    Barbell-rear-delt-row-2_20161204180748a2c.png

    いずれにせよ、ベントオーバーローイングには共通の姿勢のコツがあります。それは、ニーベントスタイルと呼ばれる姿勢で、そのやり方は以下の通りです。正しいニーベントスタイルを作らずにローイング系種目を行うと、膝関節と腰椎の損傷の原因になりますので、しっかりとフォームを練習してください。

    ①肩幅よりやや広く足を構える

    ②膝の力を軽く抜き、自然に静止する位置まで膝を曲げる

    ③膝がつま先より前に出ないように調整する

    ④胸を張り背中を反らせ、お尻を少し突き出す

    ⑤顎を上げてやや上を見る

    ⑥ウエイトを引く軌道は、太ももに沿わせるように引く

    ■イエーツロウとベントオーバーローの差異




    こちらが、いわゆるイエーツロウと呼ばれるドリアンイエーツ式のベントオーバーローイングです。リバースグリップで保持し、あまり上体を傾けずに行うのが通常のベントオーバーローイングとの違いです。通常のベントオーバーローイングとの差異は「腰への負担が少ない」「より上背部に効く」ということです。

    ▼関連記事

    【ダンベルローイング】背筋に効果大の筋トレ|各バリエーションとコツを動画つきで解説

    【Tバーローイング】フリーウエイト感覚で背筋群を鍛えられるマシン筋トレを解説

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【バーベル】種類と用途や長さと重さを解説|メーカー別紹介

    【パワーラックの使い方完全版】メーカー別自宅用おすすめ比較と選び方も解説

    スポンサーリンク


     


    underaumor1_20170801205439893.jpg

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------

    スポンサーリンク


    ■当ジムおすすめの筋トレグッズ


    0000000001642-horz-vert.jpg
    当ジム・当サイトでは株式会社ONI様と業務提携しており、常に最新のトレーニング用品を試用評価するとともに、所属選手は同社ブランド「鬼」「GLFIT」ギアを使用し日々のトレーニングや試合出場を行っています。各グッズに関しては下記の記事で詳しくご紹介しています。

    【武器屋|鬼・GLFIT】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・パワーグリップ・サポーターなどのご紹介

    ■まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    下記の記事では、実際に筆者が定期購入している低脂肪でリーズナブルな肉類と魚類をご紹介しています。日々の食事に是非ご活用ください。

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報



    当ジム・当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    ■サイト内検索


    ■最新記事


    【ブルガリアンスクワットのやり方】ヒップアップにも最適な高強度下半身自重トレーニングのコツとポイント Feb 14, 2019
    【リバースクランチ】下腹部に効果的で腰を痛めにくい筋トレ|レッグレイズとの違いも解説 Feb 14, 2019
    【ジャックナイフ(Vシットクランチ)】腹筋下部にも効果的な自重トレーニングのやり方 Feb 14, 2019
    【レッグレイズ】腹直筋下部と腸腰筋群に効果の高い足上げ腹筋トレーニングのやり方と種類 Feb 14, 2019
    【カールアップクランチ・シットアップのやり方】腹筋の基本トレーニングの種類とコツ Feb 14, 2019
    【バックエクステンションのやり方と種類】脊柱起立筋に効果の高い自重筋トレの方法を解説 Feb 13, 2019
    【シシースクワット】大腿四頭筋を直撃する高強度下半身自重トレーニングのバリエーション Jan 19, 2019
    【自重スクワットのやり方と種類】自宅での下半身の鍛え方と筋トレ目的別回数設定 Jan 19, 2019
    【サイドランジのやり方】内転筋群に効果的な自重トレーニングの種類と動作のコツ Jan 18, 2019
    【懸垂の種類とやり方徹底解説】できない初心者ができるようになる秘策を解説 Jan 18, 2019