【そばダイエット】植物性タンパク質がたっぷりで最高の麺類をご紹介



    そばはとても優秀な低GI食品で、カロリーのわりに太りにくいだけでなく、豊富な植物性蛋白質と食物繊維を含みダイエットに適しているほか、美容や健康によいとされるルチンやコリンなどの有効性分も含んでいます。そばの特徴やそばダイエットの具体的なやり方をご紹介します。

    ■そばがダイエットに効果がある理由




    そばはカロリー自体はうどんなど他の小麦粉麺類と変わりませんが、特筆すべきはそのGI値の低さです。GI値とは、食べた炭水化物(糖質)がどれだけ単糖に変わりやすいかをあらわした数値で、この値が高いほど血糖値が急激に上がりやすく、インシュリンが分泌され太りやすいとされています。

    具体的には、食パン91、うどん85、ご飯81、そば54なので、いかにGI値が低いかわかりますね。

    また、そばには食物繊維が豊富なため、食べたあとに胃のなかでふくらみ、物理的な満腹感も強いのもダイエットに適している理由です。

    ■そばのカロリーと栄養




    そばは100gあたり114kcalと、ご飯の160kcalより比較的低カロリーで、うどんとほぼ同じカロリーです。また、その栄養素は以下の通りです。

    タンパク質4.8g (19.2kcal)
    脂質0.7g (6.3kcal)
    炭水化物22.1g (88.4kcal)
    食物繊維総量1.5g

    新陳代謝に消費されるタンパク質が多いので、実質的なカロリーは100kcal以下と考えてもよいでしょう。

    食物繊維が豊富なだけでなく、そば特有のポリフェノールであるルチンが含まれているため、血管の弾力性が向上したり、血行がよくなったり、抗酸化作用が期待されると言われています。

    また、このほかにも高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の改善に効果があるとされるコリンも豊富に含まれています。

    ■そばダイエットの具体的なやり方




    そばダイエットのやり方はいたってシンプルです。一日一回の食事をそばに置き換えるだけです。そばが低GI食品で腹持ちがよい特性を考慮すると、夕食ではなく朝食か昼食をそばに置き換えるのがベストです。

    また、そばには身体を作るタンパク質が豊富なので、他の多くの置き換えダイエットと違い、一日二食をそばに置き換えても問題ないでしょう。

    ■ダイエットにおすすめのそば



    そばダイエット成功の秘訣は、常にそばを切らさないことです。こちらのような業務用冷凍そばをまとめ買いしておくと便利な上、一食あたり80円以下とリーズナブルです。

    【ダイエット食品50特選】に戻る≫

    ●数少ない科学的根拠のあるファットバーナー



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ビーレジェンドファイヤー -beLEGEND FIRE-

    ファットバーナー(脂肪燃焼剤)と称するサプリメントは数多くありますが、L-カルニチンはその脂肪燃焼効果が科学的に立証されている数少ないサプリメントです。

    このため、確実なものしか販売しない大手メーカーからも発売されています。

    有名ブランドのビーレジェンドからも発売されているカルニチンサプリメントは、まとめ買いなら当ジムが提携しているビーレジェンド直販サイトがリーズナブルですので、是非ご活用ください。

    ▼直販サイトで比較する

    ビーレジェンドファイヤー直販サイト

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事



    20170606090232042.jpg

    【女性のダイエット筋トレサプリメント】三大サプリ+1を各メーカーから比較紹介

    【実際に効果あるダイエット器具】おすすめグッズやマシンを試用|感想・口コミ評価を紹介

    ▼ダイエット運動なら

    adult-1867743_960_720_2017032419440455a.jpg

    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事

    【ダイエット運動おすすめ15選】効果的な種類とやり方|最適なタイミングと時間も徹底解説

    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    ▼低糖質ダイエットなら

    【低糖質ダイエット】おすすめのパン・パスタ・おやつなど通販食品・食材をご紹介

    【低カロリー低糖質パン】お腹いっぱい食べても太らないダイエットむきパン紹介

    【低カロリー低糖質食品】当ジム提携「ローカロ生活」と「低糖食堂」のご紹介