【じゃがいもダイエット】難消化性の馬鈴薯デンプンがゆっくり血糖値を上げる



    炭水化物のかたまりなので「太る食べ物」とご認識されているジャガイモですが、実はご飯より低カロリーで消化も遅いので、ダイエットに適した食品です。その理由を解説するとともに、具体的なじゃがいもダイエットのやり方をご紹介します。

    ■ジャガイモがダイエットに効果がある理由




    ジャガイモの主成分はでんぷん(糖質)で重量の20%を占め、米や小麦などの穀物類とでんぷん量はほぼ同じです。

    しかし、米でんぷんや小麦でんぷんに比べるとジャガイモに含まれる馬鈴薯でんぷんは分子構造がやや複雑なため分解・消化に時間がかかり、大腸に達するまで長い時間をかけて吸収されます。

    馬鈴薯でんぷんは難消化性でんぷんと呼ばれ食物繊維にも似た特徴も持っています。このため、食べた後に血糖値が急上昇せず、インシュリンの過剰分泌が起こりにくため「太りにくいでんぷん」と言えます。

    また、穀物類に比べジャガイモにはビタミン・ミネラル分が豊富なので、身体の基礎代謝が上がりやすいこともジャガイモがダイエットに向いている理由です。

    ■ジャガイモのカロリーと栄養




    ジャガイモ100gあたりのカロリーは76kcalとご飯の160kcalに対して大幅に低カロリーです。また、その栄養素は以下の通りです。

    タンパク質1.6g (6.4kcal)
    脂質0.1g (0.9kcal)
    炭水化物17.6g (70.4kcal)

    このほかに、ビタミンCとモリブデンが豊富なことがジャガイモの特徴です。

    ■じゃがいもダイエットの具体的なやり方




    じゃがいもダイエットの具体的なやり方は、主食をご飯やパンからジャガイモに置き換えるというやり方です。

    ジャガイモMサイズが約150g100kcal前後なので、ご飯やパンに比べるとずいぶんカロリーオフになります。

    一日一食、できれば二食の主食をジャガイモに置き換えていきましょう。

    また、ジャガイモの皮には食物繊維が豊富ですので、皮ごと茹でるかレンジでチンするのがおすすめです。

    ただし、若い緑色が残るジャガイモの皮にはソラニンという中毒物質がありますので、新じゃがいもは皮を剥いて食べるようにしてください。

    ■ダイエットにおすすめのジャガイモ




    ジャガイモは保存もきくので、スーパーなどで小分けで買うよりも、ネットでまとめ買いをするのがお得です。

    【ダイエット食品50特選】に戻る≫

    ●数少ない科学的根拠のあるファットバーナー



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ビーレジェンドファイヤー -beLEGEND FIRE-

    ファットバーナー(脂肪燃焼剤)と称するサプリメントは数多くありますが、L-カルニチンはその脂肪燃焼効果が科学的に立証されている数少ないサプリメントです。

    このため、確実なものしか販売しない大手メーカーからも発売されています。

    有名ブランドのビーレジェンドからも発売されているカルニチンサプリメントは、まとめ買いなら当ジムが提携しているビーレジェンド直販サイトがリーズナブルですので、是非ご活用ください。

    ▼直販サイトで比較する

    ビーレジェンドファイヤー直販サイト

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事



    20170606090232042.jpg

    【女性のダイエット筋トレサプリメント】三大サプリ+1を各メーカーから比較紹介

    【実際に効果あるダイエット器具】おすすめグッズやマシンを試用|感想・口コミ評価を紹介

    ▼ダイエット運動なら

    adult-1867743_960_720_2017032419440455a.jpg

    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事

    【ダイエット運動おすすめ15選】効果的な種類とやり方|最適なタイミングと時間も徹底解説

    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    ▼低糖質ダイエットなら

    【低糖質ダイエット】おすすめのパン・パスタ・おやつなど通販食品・食材をご紹介

    【低カロリー低糖質パン】お腹いっぱい食べても太らないダイエットむきパン紹介

    【低カロリー低糖質食品】当ジム提携「ローカロ生活」と「低糖食堂」のご紹介