▼当サイト人気記事▼
    underaumortop.jpg
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    チューブ筋トレ完全版チューブダイエット法
    ダンベル筋トレ完全版ダンベルダイエット法
    ゴリマッチョの筋トレ女性の美ボディ筋トレ

    【しらたきダイエット】糸こんにゃくとの違いとは?|海外で話題のミラクルヌードル

    me-and-shirataki-noodles-crop.jpg

    近年、海外で「ミラクルヌードル・エンジェルヘアー」=「奇跡の麺・天使の髪」と呼ばれ、大ブレイク中の食品が私たち日本人にはなじみの深い「しらたき」です。日本国内でも「しらたきダイエット」があるほどダイエット食品としても有名ですが、「糸こんにゃく」とは何が違うのか解説します。

    ■糸こんにゃくとしらたきの違いとは?




    まず、こちらが糸こんにゃくです。スーパーなどでもごく普通に見かけますね。



    そして、こちらがしらたきです。こちらも、ごく普通に見かけるしらたきです。

    一般的にもよく誤解されていることに「黒いのが糸こんにゃく」で「白いのがしらたき」というものがあります。

    thumb_400_01_px400.jpg
    写真:http://trendy.nikkeibp.co.jp

    その誤解を、完全否定するのがこちらのような「黒いしらたき」や

    34ac74a9.jpg
    写真:http://blog.livedoor.jp/kagome3/archives/50059666.html

    こちらのような「白い糸こんにゃく」です。

    ■日本こんにゃく協会で調べてみる


    top_image.gif
    写真:日本こんにゃく協会

    「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いを調べるため、財団法人日本こんにゃく協会のホームページを訪れてみましたが…こんにゃく(しらたき)という表記ばかりで、結局その違いを知ることはできませんでした。少なくとも両方ともコンニャク製品であることに間違いはないようです。

    財団法人・日本こんにゃく協会公式ホームページ

    ■その違いがあきらかに


    488px-Amorphophallus_konjac_CBM.png


    「糸こんにゃく」と「しらたき」はいずれもコンニャク芋を固めたコンニャク製品であることまでは判明しましたが、創業明治19年の共栄蒟蒻株式会社のWEBサイト「こんにゃく.com」でその答えを見つけました。以下のように記載されています。

    昔(江戸時代)頃には関東地方では現在と同じ製法である、こんにゃく粉を水で溶いて出来た糊状の状態で細い穴に通して糸状のこんにゃくを製造しそれを白滝と呼んでいたそうです。 同じ頃、関西地方では、板こんにゃくを細く切って糸状にした物を糸こんにゃくと言っており、元々は明らかに違う物であったと言われています。 しかし、現在は、糸こんにゃくも白滝もこんにゃく粉を水で溶いて出来た糊状の状態で細い穴に通す製法ですので、両者を区別する方法はなく、主に関東地方では白滝、関西地方では糸こんにゃくと呼ばれています。 また、糸こんにゃくをより細くしたものを白滝と呼んでいるところもあります。 ちなみに弊社の製品は、太さは数種類ありますが、全て糸こんにゃくと呼んでおり、最も細い糸こんにゃくはそうめんこんにゃくと呼んでおります。

    引用:こんにゃく.com



    つまり、作り方が違うだけで、成分は全く同じなので、ダイエット法としては「こんにゃくダイエット」と全く同じでよいということになります。ダイエット法については下記の記事をご参考ください。

    ▼関連記事

    【こんにゃくダイエット】欧米にも広がるこんにゃくの成分・特徴や低カロリーアイデア食品を一挙紹介

    【ダイエット食品50特選】に戻る≫

    ●数少ない科学的根拠のあるファットバーナー



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ビーレジェンドファイヤー -beLEGEND FIRE-

    ファットバーナー(脂肪燃焼剤)と称するサプリメントは数多くありますが、L-カルニチンはその脂肪燃焼効果が科学的に立証されている数少ないサプリメントです。

    このため、確実なものしか販売しない大手メーカーからも発売されています。

    有名ブランドのビーレジェンドからも発売されているカルニチンサプリメントは、まとめ買いなら当ジムが提携しているビーレジェンド直販サイトがリーズナブルですので、是非ご活用ください。

    ▼直販サイトで比較する

    ビーレジェンドファイヤー直販サイト

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事



    20170606090232042.jpg

    【女性のダイエット筋トレサプリメント】三大サプリ+1を各メーカーから比較紹介

    【実際に効果あるダイエット器具】おすすめグッズやマシンを試用|感想・口コミ評価を紹介

    ▼ダイエット運動なら

    adult-1867743_960_720_2017032419440455a.jpg

    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事

    【ダイエット運動おすすめ15選】効果的な種類とやり方|最適なタイミングと時間も徹底解説

    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    ▼低糖質ダイエットなら

    【低糖質ダイエット】おすすめのパン・パスタ・おやつなど通販食品・食材をご紹介

    【低カロリー低糖質パン】お腹いっぱい食べても太らないダイエットむきパン紹介

    【低カロリー低糖質食品】当ジム提携「ローカロ生活」と「低糖食堂」のご紹介

     

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【豚しゃぶキャベツサラダ】ダイエット筋トレに最適な食事メニュー紹介 2018/06/21
    【キャベツダイエット】物理的・精神的に満腹感が得られる確実な方法 2018/06/21
    【焼き鳥キャベツサラダ】もも肉で作る筋トレダイエットの食事メニュー 2018/06/21
    【焼肉キャベツサラダ】ダイエット筋トレにもおすすめの食事メニュー 2018/06/21
    【筋トレ向き鮭じゃがいもバター炒め】ホタテも入れたバルクアップ食事メニュー 2018/06/21
    【筋トレ向き肉じゃがの作り方】時短で味を染み込ませるにはあれを入れる 2018/06/21
    【筋トレじゃがいも料理】牛肉で作るジャーマンポテトの料理レシピ 2018/06/21
    【筋トレ向きスイーツ解説】トレーニング前は和菓子で後は洋菓子がベスト 2018/06/21





    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ