【背筋のストレッチ】猫背解消にも効果のある広背筋・僧帽筋を伸ばす方法

    背筋のトレーニング前・中・後に行うと筋トレ効果が高まるだけでなく、日常で行うと猫背解消にも効果的な背筋群(広背筋・僧帽筋)のストレッチのやり方について解説します。

    ■背筋(広背筋・僧帽筋)の収縮方向と伸展方向


    Teres_major-crop.png


    表層の大きな背筋として、首の後ろから腰にかけて逆三角形に広がる僧帽筋と、脇から腰にかけて逆三角形に広がる広背筋の二つがあります。その収縮方向は上図に示し、その作用は以下の通りです。

    ・僧帽筋上部:腕を斜め下方から引く
    ・僧帽筋下部:腕を前方から引く
    ・広背筋:腕を前方および上方から引く

    また、それぞれの伸展方向は収縮方向と逆の以下のようになります。

    ・僧帽筋上部:腕を斜め下方に伸ばす
    ・僧帽筋下部:腕を前方へ大きく伸ばす
    ・広背筋:腕を前方および上方に伸ばす

    ■具体的な背筋群のストレッチ方法




    こちらの動画が僧帽筋の典型的なストレッチ方法です。ゆっくりと確実に行っていきましょう。また、筋トレ以外でも肩こりの防止や解消にも効果的です。



    こちらが広背筋のストレッチ方法の動画です。反動をつけてグイグイ伸ばすのではなく、ゆっくりと体重をかけながら確実にストレッチしてください。



    また、こちらの広背筋ストレッチの方法は猫背防止・解消にも効果がある方法です。

    ■筋トレ前・中・後の背筋ストレッチの意味と効果


    exercise-86200_960_720_20161112075808df0.jpg

    トレーニングの前・中・後にストレッチを行う意味や効果は以下の通りです。

    ・筋トレ前:筋肉をほぐし血行を高める
    ・筋トレ中:疲労物質を流し次セットに備える
    ・筋トレ後:筋肉を冷まし回復を早める