▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】

    【サムレスグリップ】プル系種目・プレス系種目の両方に有効なバーの握り方を解説

    False-Grip.jpg

    プル系の種目でも、プレス系の種目でも状況によってはノーマルグリップよりも効果的に筋肉を刺激することができるシャフトやバーの握り方であるサムレスグリップについて解説します。
    写真:t-nation.com

    ■サムレスグリップとは


    hand-1621180_960_720.jpg

    サムレスグリップとは正式に表記すると「thumb less grip」で直訳すると「親指 なし 握り」となります。サムレスグリップとは、文字通り「親指を使わないバーの握り方」のことです。

    一般的に、バーを握るときは親指と他の四本の指を対面させて握りますが、この握り方の方がトレーニングフォームが安定し、効果も高いように感じると思います。しかし、実際は状況によってはサムレスグリップのほうが安定したり、筋肉にストリクトに効かせられる場合も少なくありません。

    次の項目では、プル系・プレス系の種目別に具体的な例をご紹介していきます。

    ■プル系種目のサムレスグリップ


    thumbkensui.jpg
    (写真上ノーマルグリップ・下サムレスグリップ)

    プル系種目の代表的なトレーニングである懸垂(チンニング)やラットプルなどでもサムレスグリップは有効です。

    写真上のノーマルグリップに比べ、写真下のサムレスグリップでは、バーを引く動作に親指も動員することができ、他の四本の指の疲労が軽減されます。

    腕力に対して握力の少ない人はノーマルグリップだと背筋群より先に前腕筋群が疲労してしまい、背筋群を十分に追い込めません。そこで、サムレスグリップで親指を使うことで握力の疲弊を避けることが可能になります。

    thumblessrow.jpg
    (写真上ノーマルグリップ・下サムレスグリップ)

    上記のことは、パラレル持ちでのローイング種目でも同様で、ケーブルローイングなどのトレーニングでも握力が先に弱ってしまう人にはサムレスグリップがおすすめです。

    ▼プル系サムレスグリップ向きギア

    なお、プル系サムレスグリップでのグリップアウト(手が滑ってバーを落とす)や、それでもまだ握力が先に疲労してしまうという方には、下記のようなリストストラップが有効です。

    GOLD'S GYM(ゴールドジム)リストストラップ G3500

    シーク(Schiek) レザーリフティングストラップ 05-00801

    ■プレス系種目のサムレスグリップ


    thumbbench.jpg
    (写真上ノーマルグリップ・下サムレスグリップ)

    プル系種目だけでなく、プレス系種目でもサムレスグリップが有効なケースは少なくありません。プレス系種目の代表格とも言えるベンチプレスでもサムレスグリップが有効です(※公式ベンチプレス競技でのサムレスグリップは違反です)。

    ベンチプレスの握りのポイントは、いかにシャフトを手首関節の真上に保持し、前後方向へのブレをなくすかと言うことですが、上手のようにサムレスグリップでバーを保持し、手首直上で保持すれば、ブレが最小限に抑えられるとともに、よりストリクトに大胸筋に対して負荷を乗せる事が可能です。

    thumbdip.jpg
    (写真上ノーマルグリップ・下サムレスグリップ)

    プレス系種目における手首関節とシャフトの最適な位置関係は、ベンチプレスのみならず他の種目にも同様のことが言えます。ディップなども上図のようにサムレスグリップでバーを保持することをおすすめします。

    ▼プレス系サムレスグリップ向きギア

    サムjレスグリップでバーやシャフトを保持しても、なお手首が負荷に負けて曲がってしまうという方には下記のようなリストラップの使用をおすすめします。ただし、常に使用していると手首の保持力が育ちませんので、高重量セットに限り使用することが推奨です。

    インザーリストラップ50cmタイプ2本組

    GOLD'S GYM(ゴールドジム) ループ付きリストラップ G3511

    ▼関連記事

    【オルタネイトグリップ】高重量を挙上する時に使用したいバーベルの保持方法

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事と新着記事のご案内 2020/01/01
    【きしめんVSフィットチーネ】どっちが筋トレむき?パスタの代用になるか検証 2018/01/17
    【筋トレ男性バレンタイングッズ】トレーニング好き彼氏にプレゼントしたい厳選アイテム 2018/01/17
    【筋トレ用トレーニングベルト特集】効果・使い方・選び方とおすすめアイテムを徹底紹介 2018/01/17
    【おすすめ握力グッズ】強化やリハビリにも効くトレーニング器具のご紹介 2018/01/17
    【三種類の握力と鍛え方】クラッシュ・ピンチ・ホールド強化方法とおすすめの器具 2018/01/17
    【自宅器具なし0円筋トレ完全版】自重種目BIG5と数千円で効果倍増の器具紹介 2018/01/17
    【筋トレむき豆腐ハンバーグの作り方】植物タンパク質豊富な筋肉食事メニュー 2018/01/16
    【囚人トレーニング】アメリカ式最強自重筋トレのBIG6動画を完全公開 2018/01/16
    【ベンチプレス初心者&女性版】適切な重さと回数の決め方・基本的なフォームとやり方 2018/01/15


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    gaku.jpg

    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ