【反射式天体望遠鏡の比較】国内で入手できる主な機種を口径別に比較

    Newtontelescope.png

    反射式望遠鏡は屈折式望遠鏡に比べ大口径化のコストパフォーマンスに優れ、色収差もないことから人気のタイプで、中級者以降のメイン鏡筒として普及しています。国内で一般的に入手可能な反射式望遠鏡を口径別(10cm・13cm・15cm・20cmクラス)とメーカー別(ビクセン・ケンコートキナー・身ザールテック・ミード)にピックアップしご紹介します。なお、仕様詳細については各リンク先でご確認ください。


    ■10cmクラス反射式望遠鏡


    10cmクラスの反射望遠鏡は中級機種のエントリー機種として、また、上級者のサブ鏡筒として人気です。









    ■13~15cmクラス反射式天体望遠鏡


    反射式天体望遠鏡でもっともニーズが多いのがこのクラスです。口径の大きさ=性能と大きさの=使いやすさのバランスが優れているクラスで、中級者のメイン鏡筒として人気です。











    ■20cmクラス反射式天体望遠鏡


    一般ユースの反射式天体望遠鏡としてはハイエンドクラスとなるのが20cmクラスです。かなり高額になってきますが、10cmクラスの4倍の解像度を持つ能力は魅力です。





    【天体望遠鏡の選び方】に戻る≫