【筋トレ後の焼肉】まず注文するべき3つのメニュー|過剰カロリーを防ぐ



    ガンガンに筋トレをしたら、ガッツリと焼肉を食べてタンパク質補給をするのも効果的な食事方法です。しかし、焼肉は予想以上にカロリーが高いため、カロリーの過剰摂取にもなりかねません。そこで、筋トレ後の焼肉店でまず注文するべき高タンパク質低カロリーな3つのメニューを解説するとともに、お得なネット焼肉情報もご紹介します。

    ■まずは定番のタン




    まず、焼肉に行くと注文する定番がタンですが、実は筋トレ後の焼肉としてもこれでOKです。

    最もカロリーが高いカルビと比べると、タンは約半分のカロリーになります。まずは多目に注文して塩だけでいただきたいですね。

    以下におすすめのお買い得な牛タンをリンクしておきます。ご家庭でも楽しんでください。





    ■メインはハツで




    メインはカルビ…といきたいところですが、そこはグッとこらえてハツをメインにしましょう。

    カルビと比べると、そのカロリーは約1/3と非常にヘルシーです。普通の肉とあまり味は変わらないですし、何よりもお腹いっぱい食べても安心です。

    なお、下記にいくつかの格安牛ハツをリンクしておきますので、是非ご活用ください。







    ■仕上げに肩ロース




    ご飯と一緒に食べるお肉は、やはり少しこだわりたいですね。外産牛肩ロースならカルビの約半分のカロリーですので美味しくておすすめです。

    ■焼肉の各カロリー


    なお、焼肉一人前の部位別のカロリーは以下の通りです。

    和牛カルビ517kcal
    和牛リブロース468kcal
    牛ハラミ344kcal
    牛ギャラ329kcal
    牛小腸287kcal
    牛たん269kcal
    牛ハチノス200kcal
    牛ミノ182kcal
    牛肉ホルモン162kcal
    牛はつ142kcal
    牛レバー132kcal
    牛こぶくろ106kcal
    牛センマイ62kcal
    輸入牛ばら肉371kcal
    輸入牛リブロース263kcal
    輸入牛肩ロース肉240kcal


    それでは、すてきな筋トレ&焼肉ライフを!

    ▼関連記事

    【筋トレ後の餃子の王将】筋肥大のために選ぶべき3つのメニューを厳選

    【筋トレむきラーメン】具と副食で蛋白強化|低糖質ラーメンもご紹介

    【ホテル宿泊先での食事】筋トレの効果を高めるには外泊先でもアミノ酸スコアに留意

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリ25選】プロテイン・BCAA・クレアチンの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも