【インターナルローテーション】ローテーターカフ(回旋筋腱板)のエクササイズゴムバンドトレーニング

    562163692_1280x720_2017042019120973f.jpg

    ローテーターカフ(回旋筋腱板)のチューブトレーニング種目であるインターナルローテーションについて動画をまじえて解説します。

    ●インターナルローテーションの効果のある筋肉部位


    インターナルローテーションはローテーターカフのなかでも、唯一肩甲骨前面に位置する肩甲下筋に高い効果のあるトレーニング種目です。

    ●インターナルローテーションの動画とやり方




    こちらがインターナルローテーションの模範的な動画です。体幹の筋肉や三角筋などの表層筋を使わないように、しっかりと肘を固定して腕の回旋だけで動作を行ってください。なお、インナーマッスルなので30回前後の高回数セットを行なうとよいでしょう。

    ▼おすすめのトレーニングチューブ


    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Amzdeal トレーニングチューブ 5本セット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    enkeeo トレーニングチューブ 5本セット

    また、下記のようなショートタイプのエクササイズバンドも使い勝手がよく、なかでも肌に優しい天然ゴム製のタイプがおすすめです。

    20170618072439501.jpg

    Active Winner エクササイズバンド 強度別5本セット

    エクササイズバンドに関しては、実際に当ジムの備品として採用したものの試用レポートをまとめてありますので、是非ご参照ください。

    ▼試用レポート記事

    【おすすめエクササイズバンド】アクティブウィナー(ActiveWinner)のゴムバンド試用レポート

    ▼エクササイズバンドダイエット方法

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブトレーニング完全版】胸筋・背筋・腹筋・肩・腕・脚などに効果大でおすすめのメニュー紹介

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適