【腹筋下部の筋トレ】男性も女性も下腹ぽっこりを解消する5段階の鍛え方・方法を解説

    baby-1533545_960_720.jpg

    下腹のぽっこり感は、男性も女性も加齢にともない気になることですが、その原因と解消方法=腹筋下部の引き締めに効果の高い筋トレ方法5つに加え、ストレッチ方法や食事方法も詳しくご紹介します。

    ■腹筋群の構造を知ろう


    ●腹筋群は腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋の四層構造


    Flat-stomach-muscles.jpg

    一般に「腹筋」と呼ばれているのは「腹筋群」の俗称で、腹筋群は「腹直筋」「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」の四つの筋肉が折り重なった四層構造をしています。

    腹直筋は表層にある筋肉で、俗にシックスパックとも呼ばれるもっとも外見に影響する筋肉です。この筋肉は縦に長く、その機能から「腹筋上部」と「腹筋下部」に分けられます。腹筋上部は主に「体幹を屈曲させる」働きがあり、腹筋下部は腸腰筋群と共働して「脚を前に上げる」働きがあります。

    外腹斜筋と内腹斜筋は体側にかけて分布する筋肉で、共働して「腹部を横に曲げる」「腹部を捻る」といった働きがあります。

    腹横筋は腹筋群のなかでも最も深層に位置する筋肉で、腹圧を保つ働きや呼吸に関わる働きがあります。

    ■下腹がぽっこりしてくる理由


    ●加齢による腹直筋下部と腹横筋の衰えが大きな原因


    offal-1463369_960_720.png

    下腹が年齢とともにぽっこりとしてくる最大の要因は「腹直筋下部と腹横筋の筋力低下」にともない、重力により内蔵が下垂してくることです。このほかにも、腹部の脂肪は下腹部につきやすいため、脂肪蓄積量の増加も大きな要因です。加齢とともに、腹筋群の筋力が低下してくることに加え、基礎代謝も落ちてきて脂肪も蓄積しやすくなります。

    腹内の内蔵の下垂+腹外の脂肪の蓄積というダブルの要素で下腹が出てくるのです。

    ■下腹ぽっこりの解消方法


    ●腹直筋下部と腹横筋の筋トレおよび食事制限


    では、その下腹ぽっこりを解消するためにはどうすればよいのでしょう。答えは、先に述べた二つの要素を解消すればよいのです。

    つまり、腹筋(特に腹筋下部)を筋トレして鍛えるとともに、年齢にあわせたカロリー摂取を心がける必要があります。なお、腹横筋はそれだけを鍛える筋トレ方法はなく、腹直筋下部の筋トレのなかで同時に鍛えられていきます。

    ■腹筋下部を鍛える5つの筋トレ方法


    finger-160597_960_720.png

    それでは、ここからは腹筋下部に効果の高い筋トレ方法のなかでも、自宅で行えるものを難易度順に5つご紹介していきます。まずは難易度1の種目からはじめ、少しずつ腹筋の筋力を取り戻し、最終的には難易度5を目指していきましょう。

    ①難易度1:ニートゥーチェスト




    まず難易度位置はニートゥーチェストです。これは、歩く動作のなかでも「脚を上げる」ことを強く意識し大きな動作で腹筋下部を鍛えていく方法です。歩く動作の延長なので、もっとも取り組みやすいと言えるでしょう。休まず左右それぞれ20回ずつできることを目標にしましょう。

    ②難易度2:レッグレイズ




    ニートゥーチェストが簡単にできるようになったら、自分の脚の重さを負荷に使ったレッグレイズで腹筋下部を鍛えていきましょう。動作のポイントは、脚を下ろしたときに「床につけない」「腰を反らさない」「反動を使わない」ことです。連続20回を目標にしましょう。

    なお、5回→10回→20回という風に回数を伸ばしていくのではなく、はじめのうちは、やや膝を曲げることで負荷を下げてでも20回行い、徐々に膝を伸ばしていくようにし、最終的には膝を伸ばして20回できるようになるようにしてください。

    なお、レッグレイズの動作がきついという方は、下記のリバースクランチから始めるとよいでしょう。

    ▼関連記事

    【リバースクランチ】下腹部に効果的な筋トレ|レッグレイズ・ヒップレイズとの違いも解説

    ③難易度3:チューブレッグレイズ




    レッグレイズが20回できるようになったら、トレーニングチューブを使って負荷を増していきましょう。左右それぞれ20回を目標にしてください。なお、トレーニングチューブは強さの違うものがセットになった下記のようなものがお得です。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ

    なお、トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。

    ▼関連記事

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適

    ▼おすすめ記事

    【チューブ腹筋トレーニング】セット中に負荷がかかり続けて効果大

    ④難易度4:ダンベルレッグレイズ




    レッグレイズのなかでも、もっとも負荷が高いのがダンベルを足先に挟んで行うダンベルレッグレイズです。動作のポイントは通常のレッグレイズと同様です。1セットは常に20回行なうようにし、ダンベルの重さで負荷を調整していってください。10kgのダンベルを挟んで20回できるようになれば、かなりの腹直筋下部の強さを手にしたと言ってもよいでしょう。

    なお、下記のようなアーミーダンベルは、錆も心配なく転がらないので家庭用におすすめです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    アーミーダンベル 10kg 2個セット レッド

    ▼関連記事

    【ダンベル腹筋トレーニング】腹直筋上部・腹直筋下部・外腹斜筋・内腹斜筋の個別の鍛え方

    ⑤難易度5:ドラゴンフラッグ




    最強の腹筋トレーニングとも呼ばれるのがドラゴンフラッグですが、とくに腹筋下部に強い負荷がかかることで知られています。動画ではトレーニングベンチを使っていますが、家具の脚などにつかまり床で行っても問題ありません。このトレーニングが連続で20回できる頃には、「ぽっこり下腹」は「すっきり下腹」になっていることでしょう。

    ▼関連記事

    【ドラゴンフラッグ】最強腹筋トレの効果的なやり方とできない人のための3つのコツと練習方法

    なお、部位別の腹筋トレーニングや腹筋の総合トレーニングに関しては、下記の記事をご参照ください。

    ▼その他の腹筋記事

    【腹直筋上部の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    【内外腹斜筋の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    【腹筋を割る最短期間トレーニング】確実な筋トレ方法と体脂肪率10%を目指す食事メニュー

    ■下腹ぽっこりを解消する腹筋の筋トレ以外の方法


    ●股関節周辺インナーマッスルの強化とストレッチ




    下腹がぽっこりとなる原因の一つに、股関節周辺インナーマッスルの老化が上げられます。この深層筋の働きが弱まることにより、歩行での基礎代謝が下がるだけでなく、腸の働きも弱くなり内臓脂肪がたまりやすくなると言われています。

    この股関節周辺インナーマッスルの働きを高めるためには二つの要素があり、一つが筋力の向上、もう一つが柔軟性の向上です。そして、これらを高めるために最適なのが、それぞれ、体幹トレーニングとストレッチです。



    股関節周辺インナーマッスルには、主に腸腰筋群と内転筋群があり、それぞれ股関節の屈曲(脚をあげる)と内転(脚を閉じる)作用があります。これら股関節周辺インナーマッスルの詳しい構造と作用は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【股関節周辺インナーマッスル】臀筋群・内転筋群・腸腰筋群の図解解説

    腸腰筋群の強化にはレッグレイズ系の体幹トレーニングが、内転筋群の強化にはアダクション系の体幹トレーニングが最適になります。それぞれの詳細な鍛え方は下記の二つの記事にまとめました。

    ▼関連記事

    【腸腰筋の鍛え方完全版】大腰筋を中心にした筋トレ方法

    【内転筋の鍛え方完全版】構造と作用や美脚効果のある筋トレ方法を解説

    また、股関節周辺インナーマッスルのストレッチはたいへん多様ですが、一種類厳選するとすれば、下のような股割り・四股系のストレッチが最適です。



    なお、さらに詳しい股関節ストレッチに関しては下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【股関節ストレッチ】腸腰筋と内転筋の柔軟性を高めてダイエット効果

    ■拮抗筋の長背筋群を鍛える




    トレーニングに詳しくない方がやりがちな間違いに「気になる部位の筋肉だけを鍛える」というものがあります。

    筋肉(筋肉群)は必ず関節をまたいで存在し、その関節を屈曲させる筋肉(筋肉群)と伸展させる筋肉(筋肉群)が対になっています。

    そして、片側だけを鍛えても効果は一定レベルで止まってしまいます。

    これは、腹筋群にも言えることで、体幹を屈曲させる腹筋群に対する拮抗筋(体幹を伸展させる筋肉群)の長背筋群を鍛えることで、腹筋群自体の筋トレ効果もかなり高まります。

    長背筋群は、脊柱沿いに分布するインナーマッスルの総称で、最長筋・多裂筋・脊柱起立筋などから構成されており、体幹を伸展させる以外にも姿勢を維持する作用もあります。

    この長背筋を鍛えることで、腹筋群の筋トレ効果を上げるだけでなく、姿勢を改善し猫背からくるぽっこり下腹を解消する副次的な効果も期待できます。

    長背筋群を自宅で器具なしで鍛えるのに最適な方法がバックエクステンション系の筋トレです。そのやり方やバリエーションに関しては下記の記事で詳しく動画つきで解説していますので、是非ご活用ください。

    ▼関連記事

    【バックエクステンション完全版】長背筋群に最適な筋トレの種類とやり方を徹底解説

    ●運動が苦手な方は試す価値あり




    どうしても運動やストレッチが苦手、または忙しくて時間がないという方は骨盤リフレッシャーやEMSマシンを試してみるのもよいでしょう。

    実際に、筆者もEMSマシンは入手して試用しましたが、かなり筋肉痛になるので驚きました。

    下記にご紹介しているものは、いずれも大手メーカーが開発しているものなので、一定の効果は期待できるでしょう。その口コミや評価はそれぞれのグッズリンク先でご確認下さい。

    ▼関連記事

    【巻くだけEMS電気腹筋マシン】EMSの効果とその主要機種を比較紹介|口コミ評価も

    【スレンダートーンプレミアム】最新EMS腹筋ベルト・アブベルトの実際の使用感と強度レベル別効果

    【スレンダートーンコネクト】最新型スマホ連動EMS腹筋アブベルトの使い方と試用レポート

    【骨盤おしりリフレ&レッグリフレ】EW-NA75・EW-RA96の口コミ評価と商品紹介



    腹筋群・脊柱起立筋・腸腰筋群・内転筋群などに効果が高く、人気の高い乗馬マシン・THRIVEロデオボーイFD-017の試乗評価レポートと効果のある筋肉部位について詳しくまとめたのが下記の記事です。

    是非ご参照ください。

    【THRIVE乗馬マシン・ロデオボーイFD-017】その試乗評価と効果のある筋肉部位

    ■脂肪燃焼効果が期待できるL-カルニチン


    ●数少ない科学的根拠のあるファットバーナー



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ビーレジェンドファイヤー -beLEGEND FIRE-

    ファットバーナー(脂肪燃焼剤)と称するサプリメントは数多くありますが、L-カルニチンはその脂肪燃焼効果が科学的に立証されている数少ないサプリメントです。

    このため、確実なものしか販売しない大手メーカーからも発売されています。

    有名ブランドのビーレジェンドからも発売されているカルニチンサプリメントは、まとめ買いなら当ジムが提携しているビーレジェンド直販サイトがリーズナブルですので、是非ご活用ください。

    ▼直販サイトで比較する

    ビーレジェンドファイヤー直販サイト

    ■食事にも気をつけて


    ●タンパク質はしっかりと摂りカロリーは抑える


    food-712665_960_720.jpg

    ぽっこり下腹を解消するためには、筋トレとあわせて食事制限も行っていきましょう。新陳代謝の材料であるタンパク質はきっちりと摂取し、炭水化物や脂質を抑えてカロリー制限をしていくのが基本です。

    なお、食事に関する詳細な情報は、下記の記事に具体的レシピとともにご紹介していますので、リンク先の記事をご参照ください。

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説


    ■目的別の女性筋トレメニューをご紹介


    ●食事の知識や部位別ダイエット筋トレを解説


    以下の記事は、これまで筆者が執筆してきた「筋トレと食事メニュー」や「部分痩せダイエット筋トレ」に関する記事です。

    どの記事も、筆写が長年ジムトレーナーとして女性ダイエット会員を指導してきた経験に基づき、詳細に解説しています。

    是非ご参照いただき、読者のみなさまのダイエット成功のお役に立てれば幸いです。

    adult-1867743_960_720_2017032419440455a.jpg

    ・ムキムキにならずに痩せるダイエット筋トレ


    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事

    ・ダイエットに適した運動を厳選紹介


    【ダイエット運動おすすめ15選】効果的な種類とやり方|最適なタイミングと時間も徹底解説

    ・ボンキュッボンの美ボディー筋トレ


    【女性の美ボディメイク筋トレ】たった4ヶ所を鍛えるだけで美しい身体になれる

    ・バストアップ筋トレ


    【大胸筋の鍛え方女性版】バストアップのための自宅トレーニングメニューと器具を完全解説

    ・背筋の健康筋トレ


    【背筋の鍛え方女性版】猫背・肩こり・腰痛も解消し美姿勢になる自宅引き締め筋トレエクササイズ

    ・肩の美姿勢筋トレ


    【三角筋の鍛え方女性版】肩こり解消と美姿勢に効果的な自宅筋トレ

    ・下腹すっきり筋トレ


    【腹筋下部の筋トレ方法】下腹ぽっこりを引き締める5段階の鍛え方をご紹介

    ・二の腕痩せ筋トレ


    【二の腕を引き締め痩せる】ダンベルだけでOKな鍛え方と簡単筋トレプログラム|女性向け!

    【上腕三頭筋の鍛え方女性版】たるんだ二の腕を細く引き締める自宅筋トレ方法

    【上腕二頭筋の鍛え方女性版】筋肉を太くせずに二の腕を引き締める自宅筋トレ方法

    ・下半身痩せ筋トレ


    【女性の下半身ダイエット】太もも・内もも・お尻を部位別に簡単自宅筋トレ

    ・ダイエット筋トレと食事メニュー


    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ・女性のダイエット向けグッズ




    ▼関連記事

    【実際に効果あるダイエット器具】おすすめグッズやマシンを試用|感想・口コミ評価を紹介

    ・女性のダンベルダイットのやり方


    201704241842316cb_20170528104532830.jpg

    ▼関連記事
    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    ・女性のダイットチューブトレーニング


    tubediet.jpg

    ▼関連記事
    【ダイエットチューブトレーニング女性版】二の腕・お腹・下半身を漸増負荷エクササイズで引き締める

    ・ダイエットむきサプリ紹介


    20170606090232042.jpg

    【女性のダイエット筋トレサプリメント】三大サプリ+1を各メーカーから比較紹介

    また、女性のダイエット記事がご好評につき、女性のダイエットトレーニングに特化した新サイトを開設しました。是非ご活用ください。

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼新サイト人気記事▼
    【女性ダイエット筋トレメニュー】自宅で初心者も確実に痩せる一週間のプログラムの組み方

    ▼筋トレの全てはこちら

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが解説