【上腕筋の鍛え方】腕力を決める肘を曲げる動作の主働筋の筋トレ方法を解説

    Brachialis.png

    肘を屈曲する動作の主働筋である上腕筋の鍛え方・筋トレ方法を解説します。「腕を曲げる力」≒「腕力」について非常に多くの方が誤解しているのが、「腕を曲げる主働筋が上腕二頭筋である」ということです。しかし、実際は、腕を曲げる動作においては、上腕筋が筋力的にも主働筋であり、このあまり知られていない筋肉を鍛えることが腕力向上の近道なのです。

    ■上腕筋の位置と働き


    ●肘関節基部に近く肘関節の屈曲に強い筋力を発揮する


    Brachialis_muscle11.png


    上腕筋は上腕骨の基部付近と尺骨をつなぐように位置しており、肘関節を屈曲させる作用があります。前腕を回外(手の平を横から前に向ける回転方向)しながらの肘関節屈曲では上腕二頭と共働しますが、前腕骨を回内(手の平を横から後ろに向ける回転方向)しながらの肘関節屈曲では単一で作用します。

    これをわかりやすく言いかえると、手の平を上に向けながら腕を曲げる時は上腕筋+上腕二頭筋が働き、手の平を下に向けながら腕を曲げる時は上腕筋のみが働くと言えます。

    ■上腕二頭筋より筋力が強い上腕筋


    ●紡錘状筋と羽状筋の収縮能力の違いに起因する



    写真:http://www.alive-well-style.com/

    筋肉(骨格筋)には、その筋繊維の集まり方から、紡錘状筋・羽状筋(半羽状筋)・収束状筋があり、単位体積あたりの筋収縮力は、収束状筋>羽状筋(半羽状筋)>紡錘状筋となっています。

    肘関節の屈曲で共働する上腕筋と上腕二頭筋はそれぞれ「上腕筋=羽状筋」、「上腕二頭筋=紡錘状筋」であり、標準的な上腕筋と上腕二頭筋の体積を考慮すると、その筋力は「上腕筋」>>「上腕二頭筋」です。

    ●上腕筋の筋力が特に要求されるスポーツ




    上腕筋の強さがそのまま競技の強さにもなってしまうスポーツの代表格は、筆者も選手経験のあるアームレスリングです。とくに、トップロール(吊り手)と呼ばれる回内運動をともなったテクニックでは、上腕筋の筋力が勝敗に強く関わります。



    このほかにも、柔道の「引き手」=相手の袖を掴む手(多くは左手)は回内運動をともなって相手を引き寄せるため、上腕筋の筋力が技の成否に大きく関わります。

    ※なお、アームレスリングのフック(咬み手)や柔道の釣り手(襟を持つ手)では、回外運動をともなうため、上腕二頭筋の筋力も大きく関わります。

    ■上腕筋の鍛え方


    ●自重トレーニングでの筋トレ方法




    自重トレーニングで上腕筋を鍛えるのに最適な種目がナロー&パラレルグリップでの懸垂です。



    なお、動画でも使われているドア部分に引っ掛けて使う「アイアンジム」があれば、自宅での懸垂トレーニングに便利です。

    ●ダンベルトレーニングでの筋トレ方法




    ダンベルで上腕筋を鍛えるのに効果的なトレーニング方法がダンベルハンマーカールです。動画を見れば、上腕二頭筋と共に上腕筋が主働筋として働いていることがよくわかります。

    ●バーベルトレーニングでの筋トレ方法




    バーベルで上腕筋を鍛えるのなら、リバースカールがおすすめです。なお、動画のようにEZバーを使えば、自分にあった角度に握り方を調整できるので手首に負担がかかりません。

    ●マシントレーニングでの筋トレ方法




    マシンで上腕筋を鍛えるのならば、単関節運動のカール系種目よりも高重量で鍛えることのできる複合関節種目のラットプルダウン(ナロー&パラレルグリップ)をおすすめします。

    ■この記事を読んだ方におすすめの記事



    上腕二頭筋の長頭と短頭を回旋式ダンベルカールで個別に鍛える方法

    【上腕二頭筋の鍛え方究極版】男らしい力こぶを作る筋トレ方法をアームレスラーが解説

    【腕の筋肉を太くする鍛え方TOP25と3つの秘策】自宅でダンベルや自重を使った筋トレ方法