【ダイオウグソクムシの全て】生物学知見から人気の関連グッズやイラスト集まで全紹介

    【ネット水族館ウェブアクア公式ショップページ】

    5576348532_7a7b0434b9_b.jpg

    近年、水族館で展示されネットやテレビでも大きな話題となったダイオウグソクムシの分類・分布・形態・生態を解説するとともに、人気の関連グッズ=スマホケース・ぬいぐるみやイラスト集をご紹介します。

    ■ダイオウグソクムシの分類と分布


    daiougusoku.jpg


    ダイオウグソクムシ(Bathynomus giganteus)は節足動物等脚目スナホリムシ科に属している甲殻類の一種で、等脚目生物(ダンゴムシ・ワラジムシ・フナムシなどの仲間)としては世界最大の種です。

    ダイオウグソクムシは、西大西洋周辺からメキシコ湾にかけて分布しており、水深200~1000mほどの深度を生息息している深海生物です。なお、砂泥質の海底を好んで生息するとされています。

    ■ダイオウグソクムシの形態と生態


    380353_028542ead3_z.jpg

    ダイオウグソクムシは、等脚目生物としては世界最大の種で、その体長は標準で20~40cm、最大では50cmの記録があります。また、体重は1kgを越すこともかるほどの巨大種です。

    ダイオウグソクムシの頭部には複眼があり、これは3000個以上の単眼から構成されています。口器は2対の顎が重なって形成されており、この顎を器用に用いて摂食を行います。

    ダイオウグソクムシの歩脚は等脚目の共通の特徴として7対から構成されおり、歩脚には卵を保持するための保育嚢が備わっています。

    ダイオウグソクムシの尾部には棘があり捕食に対する防御的な機能があると考えられています。また、身体の末端部にはヒレ状に進化した遊泳肢があり、これを用いて背面遊泳を行い移動します。

    なお、ダンゴムシのように完全に身を丸めることはできませんが、外的に襲われた時はやや身体を丸め、固い背甲で身を守ります。

    ダイオウグソクムシは「深海の掃除屋」という別称があるように、腐肉食を行います。この対象は海底に沈んだ鯨類や魚類のほか、他の深海生物の死骸など多岐にわたると推測されていますが、詳細は不明です。

    ■ダイオウグソクムシを食べることは可能か?


    969961464_4f5e5af0e8_b.jpg

    ダイオウグソクムシはその巨大な身体に対して肉がかなり少なく、また、臭みもあるため食用にはあまり適さないとされていますが、一部地域では食用利用されています。現地の人によれば、フライにするとエビのような旨みがでるため美味しく食べられるそうです。

    ■ダイオウグソクムシのグッズを紹介


    一世を風靡したダイオウグソクムシにはコアなファンも多く、さまざまなグッズ類が販売されています。そのなかでも、特に話題になったアイテムをご紹介します。

    ■ダイオウグソクムシのスマホケース




    こちらがもっともメジャーなダイオウグソクムシのスマホケースです。



    そしてこちらが夜光タイプです。



    使い勝手は別として、かなりリアルな作りで、ダイオウグソクムシファンなら持っておきたいアイテムです。

    ■ダイオウグソクムシのぬいぐるみ



    こちらが楽天市場で一番人気のダイオウグソクムシのリアルタイプぬいぐるみです。



    こちらのような、可愛くデフォルメされたタイプのぬいぐるみも人気です。

    なお、詳しいダイオウグソクムシグッズの紹介は下記の記事をご覧ください。

    ▼関連記事

    【ダイオウグソクムシグッズ特集】スマホケースやぬいぐるみ・文具まで一挙紹介


    ■ダイオウグソクムシのイラスト集


    ダイオウグソクムシのイラストはさまざまなものが描かれ人気を呼んでいます。下記にいくつかのダイオウグソクムシイラスト集サイトをリンクしますので、ぜひ、ご活用ください。

    「ダイオウグソクムシ」の人気イラストやマンガ・画像 | pixiv

    ダイオウグソクムシのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

    下記のリンク先は博物館学芸員の筆者が作成した、ネット上のバーチャル癒し水族館のページです。古代生物・無脊椎動物・魚類・両性爬虫類・イルカクジラ類など多岐にわたる生き物たちが動画で観賞いただけます。是非お立ち寄りください。

    ▼癒しのネット水族館ウェブアクアへ

    【癒しのネット水族館】ウェブアクアへようこそ|海獣・魚類・両性爬虫類・無脊椎・古代生物