▼当サイトメイン記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ

    【筋トレ減量期に最適なコンビニ食事】その三大要素は高蛋白・高分子多繊維・低カロリー

    1024px-Interior_of_Seven-Eleven.jpg

    ダイエットや減量中におすすめの太らないコンビニ食をご紹介します。階級制スポーツ競技選手として、自身や選手たちが現実的に行ってきた減量・ダイエットの経験にもとづく解説です。

    ■ダイエット・減量食の三大要素とは


    ・高蛋白・多繊維・低カロリー


    diet-398612_960_720.jpg

    ダイエット・減量中の食事で大切な三大要素は、高蛋白・高分子多繊維・低カロリーです。

    蛋白質は新陳代謝に必要不可欠で、これが欠けたダイエット・減量を行うと、一時的に体重が減少したとしても、結局は筋肉量が低下し基礎代謝の低い身体になります。つまり、「太りやすく痩せにくい体質」=「リバウンド体質」になります。

    カロリー源として、ダイエット・減量中でも炭水化物は最低限必要となります。ここで気をつけたいのが、なるべく高分子で食物繊維を多く含むものをチョイスすることです。わかりやすく言えば、分子が大きく食物繊維の多い玄米と、分子が小さく食物繊維のない砂糖を、全くの同カロリー摂取した場合、消化がゆっくりで血糖値も急上昇しにくく、満腹感もある前者のほうがはるかにダイエット・減量効果があります。

    最後の要素、低カロリーは解説するまでもありませんが、無駄な脂肪分や糖分などのカロリーが高い食品は当然ながらダイエット・減量には不向きです。

    これらのことを踏まえ、コンビニで気軽に購入できて、なおかつダイエット・減量に最適な食品TOP5をご紹介します。

    ■第1位:サラダチキン




    まず、おすすめしたいのが、最近のコンビニならまず間違いなく入手できるサラダチキンです。高蛋白質低カロリーで、ダイエット・減量食の見本のような食品です。

    なお、下記のようなサラダチキンをまとめ買いしておくと、コンビニで単品購入するよりもリーズナブルです。

    アマタケ サラダチキン ハーブチキン5Pセット


    ■第2位:おでん


    5310267507_ce232cec43_b.jpg

    おでんも魚のすり身が主成分なので、高蛋白質低カロリーでダイエット・減量に最適なコンビニ食品の一つです。何よりも、美味しくて温まるのがいいですね。

    なお、下記のようなレトルトパックをまとめ買いしておけば、自宅でも手軽におでんが楽しめます。

    おでん400g(10袋セット)【日本食研】


    ■第3位:豆腐そうめん


    7721799144_ea49df40e1_b.jpg

    筆者も減量時にはよく利用するのが、こちらのような豆腐そうめんです。高蛋白質低カロリーな上、減量中に無性に食べたくなる麺類への欲求を満たしてくれます。

    こちらも、下記のようなものをまとめ買いしておくと、自宅で急にお腹がすいたときに食べられるので便利でリーズナブルです。

    【送料無料】 紀文 とうふそうめん風 150g 24個セット


    ■第4位:全粒粉パン


    bread-6110_960_720.jpg

    ダイエット・減量に適した炭水化物として、高分子・多繊維のものは「パスタ」、「蕎麦」、「玄米」、「全粒粉パン」がありますが、なかでも気軽でおすすめなのが全粒粉パンです。

    なお、下記の低糖質パンは、全粒粉パンからさらに一歩進んだ、「ふすま」を多用した減量専用のパンです。


    【糖類ゼロ・糖質オフのふすまパン】 お得にふすまパンを試せます


    ▼関連記事

    【低カロリー低糖質パン】お腹いっぱい食べても太らないダイエットむきパン紹介

    ■第5位:寒天ゼリー




    ダイエット・減量中でもコンビニに立ち寄って、ちょっとスイーツを買いたくなるときもありますよね。そんな時の強い味方がこちらのような寒天ゼリーです。美味しくて、ボリュームもあり、しかもゼロカロリーです。

    ▼関連記事

    これは便利!ダイエットに効果的なインスタント・冷凍食品

    ■第六位:ちくわ




    ちくわは脂質が少なく、魚のタンパク質が豊富なので、減量期におすすめの軽食です。ただし、あまり安いものは「つなぎ」の炭水化物が多いので注意が必要です。

    ■第七位:




    ゆで卵は手軽な上、減量期に不足しがちなビタミン・ミネラルが豊富です。

    ■第八位:ヨーグルト




    ヨーグルトは牛乳から脂質を除いた食品なので、高タンパク質低カロリーの理想的な減量食の一つです。糖分がカットされたものを選びましょう。

    ■第九位:チキンサラダ




    サラダは食物繊維が豊富で、物理的に満腹感を得るためにも最適なコンビニ減量食です。トッピングはチキンを選び、ドレッシングはなしでいただきましょう。

    ■第十位:プリン




    減量中でも無性にスイーツが食べたくなる時がありますよね。そんな時はプリンの一択です。卵と牛乳のタンパク質が豊富です。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント20選】プロテイン・BCAA・クレアチンの効果的な摂取方法

     

    スポンサーリンク

    ▽ただ今人気▽

    ▽話題の記事▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【サーモンエッグの作り方】筋トレ翌朝の高タンパク質メニューにおすすめ 2018/02/20
    【筋トレむきビッグマック改】肉と豆腐を追加してバルクアップ最適化チャレンジ 2018/02/19
    【超特大お買い得うなぎ】こだわりのジャポニカ種蒲焼きを試食レポート 2018/02/19
    【アンダーアーマー】訳あり・アウトレット・激安品情報|最新情報を随時更新中 2018/02/18
    【40代の自宅ダイエット筋トレ】男性・女性も成功のためには代謝を上げて継続できるメニューが大切 2018/02/18
    【上腕筋の鍛え方】腕力を決める肘を曲げる動作の主働筋の筋トレ方法を解説 2018/02/18
    【家庭用トレーニング用品】四大ブランドのダンベル・ベンチ・パワーラックなどを比較紹介 2018/02/18
    【初心者の筋トレメニュー完全版】自宅とジム各々の鍛え方と一週間の組み方を例示 2018/02/18
    【おすすめバランスボールと選び方】65~55cm各メーカー品紹介と選び方・使い方のポイント解説 2018/02/18


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ