【ウミサソリ】動画つきで生態と化石などを解説

    20160907113038058.jpg

    ■ウミサソリの繁栄期と分類


    ウミサソリは約4億6000万年前、古生代(オルドビス紀~シルル紀~デボン紀)の海の食物連鎖の頂点に君臨していた巨大な甲殻類の仲間で、特にシルル紀には頂点捕食者だったと考えられています。最大で全長3m近くにもなり、真性魚類の祖先である無顎類を捕食していたと考えられています。

    分類的には甲殻類のなかで比較的原始的なグループである剣尾類(サソリやカブトガニの仲間)に属していますが、より古い甲殻類の頂点捕食者であるアノマロカリスとは、脚が分化していた(捕食脚・歩脚・遊泳脚)点で大きく異なります。


    ■ウミサソリの衰退と絶滅


    シルル紀以降、より高等な無脊椎動物である軟体動物(アンモナイト類)や顎を持った真性魚類の進化にともない衰退絶滅しました。

    ウミサソリの再現CG動画




    こちらがウミサソリの当時の様子を再現したCG動画です。

    ■ウミサソリの化石と出土層


    Haeckel-Eurypterida1024.jpg

    Acutiramus_macrophthalmus.jpg


    こちらがウミサソリの化石をもとにした再現図と再現模型です。ウミサソリの化石は、古生代大絶滅(約2億5140万年前)となるP-T境界以降の地層からは出土していないため、古生代に完全に絶滅したと考えられています。

    下記のリンク先は博物館学芸員の筆者が作成した、ネット上のバーチャル癒し水族館のページです。古代生物・無脊椎動物・魚類・両性爬虫類・イルカクジラ類など多岐にわたる生き物たちが動画で観賞いただけます。是非お立ち寄りください。

    ▼癒しのネット水族館ウェブアクアへ

    【癒しのネット水族館】ウェブアクアへようこそ|海獣・魚類・両性爬虫類・無脊椎・古代生物