【握力の平均値】成人の男女別調査結果|世界記録やゴリラの握力|鍛え方もご紹介



    学校や職場の体力検査・健康診断で測定する機会のある握力ですが、その気になる平均値を世界の成人男女別にまとめました。また、リンゴを潰すために必要な握力、握力の世界一ギネス記録やゴリラの握力についても調べました。あわせて握力の三種類とその鍛え方についてもご紹介します。

    ■成人の男女別握力平均値


    ●男性で約45~50kg・女性で約25~30kgが平均値


    成人の男女別にみた握力の平均値は以下の通りです。

    【世界の成人握力調査】

    年齢:男性|女性
    20-24:48.9kg|29.1kg
    25-29:49.2kg|29.5kg
    30-34:50.3kg|30.2kg
    35-39:50.0kg|30.6kg
    40-44:49.2kg|30.5kg
    45-49:48.1kg|29.7kg
    50-54:46.7kg|28.2kg
    55-59:44.7kg|27.1kg
    60-64:22.0kg|25.7kg
    65-69:38.4kg|24.0kg

    この調査結果によれば、成人男性でおおよそ45~50kg、成人女性でおおよそ25~30kgが平均値と言えるでしょう。平均値よりありましたか?もしなければ、鍛えたほうが日々の生活や趣味のスポーツにもいいかもしれませんね。

    ■日本人の握力の平均値


    ●文部科学省による過去五年間の握力平均値




    平成26年度の日本人の年齢別・性別の握力の平均値は以下の通りです。

    年齢:男性|女性
    6歳:9.15kg|8.54kg
    7歳:10.95kg|10.37kg
    8歳:13.00kg|11.90kg
    9歳:4.80kg|13.77kg
    10歳:6.97kg|16.78kg
    11歳:19.80kg|19.42kg
    12歳:24.58kg|21.95kg
    13歳:30.15kg|24.37kg
    14歳:35.38kg|25.53kg
    15歳:39.05kg|25.85kg
    16歳:41.08kg|26.98kg
    17歳:43.01kg|27.45kg
    18歳:42.12kg|26.40kg
    19歳:42.34kg|26.58kg
    20-24歳:46.46kg|28.24kg
    25-29歳:47.26kg|28.15kg
    30-34歳:47.36kg|28.73kg
    35-39歳:47.64kg|28.97kg
    40-44歳:47.23kg|29.12kg
    45-49歳:46.62kg|29.21kg
    50-54歳:46.31kg|28.04kg
    55-59歳:44.90kg|27.51kg
    60-64歳:42.87kg|26.01kg
    65-69歳:39.77kg|24.72kg
    70-74歳:37.46kg|23.75kg
    75-79歳:35.02kg|22.34kg

    ※文部科学省平成26年度年齢別テスト結果より

    なお、文部科学省による過去五年間の日本人の握力平均値は以下の通りです。

    文部科学省の平成26年度年齢別テスト結果

    文部科学省の平成25年度年齢別テスト結果

    文部科学省の平成24年度年齢別テスト結果

    文部科学省の平成23年度年齢別テスト結果

    文部科学省の平成22年度年齢別テスト結果

    ※参照サイト: http://akuryoku.noyokan.com/

    ■リンゴを握りつぶす握力は?


    ●握力70~80kgが必要だがコツもある


    apple-464182_960_720.jpg

    握力自慢の人がリンゴをグシャッと握りつぶす様子はテレビなどでもおなじみですが、とにかく力まかせにリンゴを握りつぶすためには約70~80kgの握力が必要とされています。ただし、リンゴを握りつぶすためにはコツもありますので、こつさえ掴めば握力60kg前後でも潰せると言われています。

    ●リンゴを握りつぶすコツとは




    こちらが、リンゴ潰しの典型的なやり方の動画です。まずは動画をご覧ください。

    リンゴを握りつぶすためのコツは、ズバリ指先から指の腹にかけての「点」に握力を集中することです。握りつぶすと言うよりは、「指を押し込んで割る」という表現のほうが正しいかもしれません。指を立てるのではなく、指の腹を押し込んでください。

    なお、食べ物を粗末にしてはいけませんので、潰したリンゴは美味しくいただいてください。

    ■握力のギネス世界記録


    ●マグナス・サミュエルソン氏の300kg




    握力のギネス世界記録を保持しているのは、スウェーデンのアスリート(ストロンゲストマン選手権)のマグナス・サミュエルソン氏で、その握力はなんと192kgを記録しています。なお、同氏はベンチプレスもノーギアで300kg挙げるというから、まさに桁違いの怪物ですね。

    なお、一般的に握力が強いとされる「リンゴを潰す握力」が約80kgなので、その凄さがわかります。



    なお、こちらは、マグナス・サミュエルソン氏の実際の怪力ぶりが紹介されている動画です。

    ■ゴリラの握力は?


    ●なんと400~500kgもある




    動物のなかで、もっとも握力が強いとされるのはゴリラですが、その握力はなんと400~500kgと言われています。さすがに、人類ではかないませんね。

    ■握力に関わる筋肉


    ●前腕筋群と手指の筋群


    forearmmuscle.png

    握力には、肘から先の筋肉、つまり前腕筋群と手指の筋肉群が複雑に関わり作用しています。

    前腕部には、20近い筋肉が集まり前腕筋群を形成しています。その筋肉には、円回内筋、橈側手根屈筋、長掌筋、尺側手根屈筋、浅指屈筋、深指屈筋、長母指屈筋、方形回内筋、腕橈骨筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、回外筋、尺側手根伸筋、総指伸筋、小指伸筋、示指伸筋、長母指伸筋、短母指伸筋、長母指外転筋があります。

    手指には、短掌筋、小指外転筋、短小指屈筋、小指対立筋、虫様筋、背側骨間筋、掌側骨間筋、母指内転筋、短母指外転筋、短母指屈筋、母指対立筋と呼ばれる筋肉があります。

    ▼出典記事

    【筋肉名称完全図鑑】|全身の筋肉部位の名前と作用およびその鍛え方・筋トレ方法を完全解説

    ■握力の鍛え方


    体力測定などで測る、いわゆる「握力」は正式には「クラッシュ力」と呼ばれてる力で、握力の要素の一つでしかありません。握力には、このほかにも「ピンチ力」と「ホールド力」があり、鍛え方も異なります。

    ●クラッシュ力の鍛え方


    hand-63751_960_720.jpg

    いわゆる握力といわれ、もっとも一般的に知られているのが物を握りつぶす力=クラッシュ力です。日常だけでなく多くのスポーツで必要とされる基本的な力のため、そのトレーニング器具にもさまざまなものが考案されています。

    Hand_gripper.jpg

    クラッシュ力を鍛えるのに、もっとも一般的な器具が、こちらのようなハンドグリッパーです。握力の筋肉は日常での使用頻度が高く、トレーニングに対して高い負荷耐性を持っていますので、100回以上の高反復回数でとことん追い込んで鍛えるのがおすすめです。

    なお、通常の握力グリップの各メーカ比較一覧を重さ別に作成しましたので、是非ご活用ください。

    【おすすめ20kgハンドグリップ】握力30~40kg以上を目指すのに最適な各メーカー品比較一覧

    【おすすめ30kgハンドグリップ】握力50kg以上を目指すのに最適な各メーカー品比較一覧

    【おすすめ40kgハンドグリップ】握力60kg以上を目指すのに最適な各メーカー品比較一覧

    【おすすめ50kgハンドグリップ】握力80kg以上を目指すのに最適な各メーカー品比較一覧

    【おすすめ60kgハンドグリップ】握力90kg以上を目指すのに最適な各メーカー品比較一覧



    なお、通常のハンドグリッパーは握力(クラッシュ力)が強くなれば買い換える必要がありますが、こちらのような可変式のものだと長期間にわたり鍛え続けることができます。

    ▼おすすめのグリッパー


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) スーパーマルチグリッパー


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    IRON AMERICAN スーパーグリッパー

    ▼おすすめの握力強化グッズ

    【おすすめ握力グッズ】強化やリハビリにも効くトレーニング器具のご紹介

    ●ピンチ力の鍛え方


    hand-1582519_960_720.jpg

    ピンチ力とは指を伸ばした状態での握力のことで、いわゆる「つまむ力」のことです。不定形をしたものを掴むときに重要な力で、柔道・レスリングなどの対人コンタクト競技で重要となる力です。このほかに、アームレスリングのトップロールでは極めて重要な筋力になります。

    鍛え方は簡単で、数センチから10センチ以内の重量物をつまみあげる動作を繰り返すことで鍛えられます。

    Concrete-block,japan

    ピンチ力を鍛えるのに、もっとも身近で安価なのが、こちらのようなコンクリートブロックです。全体をつまんだり、一辺だけをつまんだりすることで、つまむ厚さも変えられるのでたいへん便利です。



    また、こちらの動画のようにバーベルのプレートをつまみ上げるトレーニングも有名です。

    ●ホールド力の鍛え方


    fingers-1263375_960_720.jpg

    ホールド力は手を保持する力で、特に指が伸びた状態での保持力に大きく関わります。多くの球技や、体操競技、クライミング競技、ウエイト競技などで重要な力です。

    ball-1066081_960_720.jpg

    ホールド力を鍛えるのにおすすめなのが、バスケットボールを保持するトレーニングです。このほかにも、バーベルやダンベルのシャフトにスポンジなどを巻いて、グリップする太さを増すだけでもずいぶんホールド力のトレーニングになります。



    さらに積極的にホールド力を鍛えたい方は、こちらの動画のような指立て伏せ(フィンガープシュアップ)がおすすめです。

    なお、さらに詳しい握力の鍛え方とさまざまなトレーニング器具については下記の記事に詳しくまとめましたので、是非ご参照ください。

    ▼詳しい握力の鍛え方

    【三種類の握力】クラッシュ・ピンチ・ホールド|3つの力の鍛え方とおすすめの器具

    【握力トレーニング器具】おすすめのハンドグリップを各タイプ・メーカーから比較紹介

    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで