【自宅懸垂器具】おすすめ家庭用チンニングスタンドやドアジム型バー装置をご紹介

    2917168555_75c2dc651b_b.jpg

    自宅で懸垂(チンニング)をするための器具を、本格的な懸垂ラックからドアに取りつける簡易型の懸垂器具までご紹介します。背筋トレーニングの基本である懸垂(チンニング)はぜひとも自宅筋トレにも組み込みたい種目です。

    ■自宅で懸垂(チンニング)をしよう


    ●懸垂の効果と部位別のやり方





    懸垂は広背筋を中心として僧帽筋や上腕二頭筋にも効果の高い、とても優れた背筋トレーニングの一つです。

    懸垂には「順手:ノーマルチンニング」「逆手:リバースチンニング」「縦持ち:バラレルチンニング」の三種類のやり方があります。それぞれ順に「広背筋」「上腕二頭筋」「僧帽筋」が主に効果のある筋肉部位ですが、詳しくは下記の記事で動画つきで解説していますので、そちらをご参照ください。

    ▼関連記事

    【懸垂の筋肉部位別のやり方】各種類のコツやできない人も達成できる秘策を解説

    ■家庭用懸垂スタンド


    ●予算と場所に余裕があればおすすめ



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック)チン&ディップスタンド

    予算と設置する場所に余裕のある方は、やはり懸垂スタンドをおすすめします。よりリーズナブルなものもありますが、安価なものは「懸垂スタンド」というよりも「ぶら下がり健康器」に近くなりますので、強度的にもこちらのようなトレーニングメーカーのものがおすすめです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) マルチジム

    ■簡易型の懸垂装置


    ●二種類のタイプがある



    楽天市場

    ドアにとりつけるタイプの懸垂装置には、上の写真のような三種類のグリップに対応したタイプと、つっぱり棒を強化したようなストレートタイプがあります。

    ▼三種類のグリップ対応タイプ


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IRON GYM/アイアンジム 簡易懸垂装置
    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    アイアンジム IRON GYM ドアジム

    ▼ストレートタイプ


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ドアジム DOOR GYM 1型
    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    ドアジム DOOR GYM 1型

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【おすすめプッシュアップバー】大胸筋トレーニングの効果を高める器具の種類や使い方

    【自宅筋トレにおすすめの器具グッズ類】ダンベル・ベンチ・懸垂台・ベルト・グローブ・ストラップなど

    【背筋の鍛え方】懸垂以外の自宅トレーニングで広背筋・僧帽筋・長背筋を鍛えるやり方