【ホテル宿泊先での食事】筋トレの効果を高めるには外泊先でもアミノ酸スコアに留意

    筋トレをした翌日や翌々日に、出張や旅行で外泊する機会もあると思います。筋トレの効果を高めるには、外泊先でも気を緩めずに、しっかりとアミノ酸スコアを意識した食事をしましょう。

    ■つい気が緩みがちな外泊




    仕事の出張での外泊ならまだしも、旅行やリゾートで外泊する時はつい気も緩みがちで、深酒をしたり過食したり筋肉に良くない食事をしてしまいます。

    しかし、せっかく前日や前々日に筋トレをして超回復中の筋肉に良い食事をして、筋肉の発達を促したいですね。

    「勝利は習慣、敗北も習慣」です。

    ■アミノ酸スコアを高めるには




    筋肉の材料となるタンパク質は、たくさんのアミノ酸分子の結合体です。このアミノ酸のなかでも、人間が体内で合成することができず、食品から摂取しなければいけないものは必須アミノ酸と呼ばれています。

    必須アミノ酸には、トリプトファン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・バリン・ロイシン・イソロイシン・ヒスチジンがあり、タンパク質食品の種類によりその比率は決まっています。そして、人間の筋肉内の比率も決まっています。これがアミノ酸スコアです。

    つまり、単一のタンパク質食品だけを摂取すると、人間にとっては過剰なアミノ酸と不足するアミノ酸が発生し、摂取したタンパク質は100%活用されることはありません。

    そして、アミノ酸スコアを高めるためには、肉・魚・卵・大豆とバラエティー豊かなタンパク質食品を同時に食べるのが効果的です。

    ■実際のホテルでの朝食



    ※スーパーホテル松本駅前店にて

    実際のホテルでの朝食バイキングで、理想的なタンパク質食品の摂り方を実例してみました。

    肉団子・麻婆豆腐・スクランブルエッグ・焼き魚、と四品目のタンパク質食品をまんべんなくチョイスしています。

    ご参考になれば幸いです。