【リストストラップとリストラップの違い】効果的な使い方やおすすめアイテムもご紹介



    リストストラップとリストラップは言葉が似ているため、初心者の方にはどちらがどちらかわかりにくいと思います。この二つの筋トレグッズについて効果的な使い方を解説するとともに、おすすめのアイテムもご紹介します。

    ■リストストラップとリストラップの違い


    ●ストラップは引く動作でラップは押す動作



    ※画像は商品リンクです。

    リストストラップは、デッドリフト・懸垂・マシンローイングなどプル系(引く動作)種目でバーに巻きつけ、握力の補助をするための道具です。



    ※画像は商品リンクです。

    一方、リストラップはベンチプレスやショルダープレスなどのプレス系(押す動作)種目で手首に巻きつけ、手首の固定を補助するための道具です。

    ■リストストラップの使い方


    ●巻く向きは奥から手前へ




    リストストラップを手首に通したら、手の平のなかにシャフトを置き、奥から手前へ巻きます。

    その後、シャフトを軽く握り、から回しをしながらリストストラップを締めつけていきます。締めつけ具合はパンパンにしめつけたり、やや手指が伸びてからストラップが効くように遊びを持たせたり、個人の好みや種目に応じて調整してください。

    ■リストラップの使い方


    ●巻き方は十人十色




    リストラップの端にある輪ゴムを親指にかけ、好みの強さに手首に巻きつけ、最後に親指の輪ゴムを外します。

    巻き方は人によりまちまちですが、リストラップが手首関節より少し手の平側にかぶさるように巻かなければ、関節保護の意味がなくなるのでご注意ください。

    なお、筆者は、右手首は半時計回り、左手首は時計回りに巻きます。

    ■おすすめのリストストラップ


    ●ナイロン製と革製がある


    ここからは、実際に使用したことがあるリストストラップのなかからおすすめのものをご紹介します。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

    リストストラップの定番中の定番として、数多くのトレーニーに愛用されているのがこちらのリストストラップです。縫製もしっかりしており、高重量トレーニングでも安心の強度です。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    リストストラップDX ブラック : 2CWSDBK : 【BODYMAKER 】

    こちらの革製リストストラップも人気のアイテムです。革特有のしっくりとシャフトに食いつく感じが特徴です。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

    また、こちらのようなパワーグリップは、リストストラップに比べるとやや保持力は落ちますが、バーベルシャフトに巻きつける手間がなく、とても機能的です。


    ■おすすめのリストラップ


    ●50cmタイプがおすすめ



    当ジムのベンチプレス選手たちが使用しているのが、こちらのリストラップです。IPF(世界パワーリフティング協会)の公式競技規定に基づいて作られていますので、試合出場も視野に入れてトレーニングをしている方には最適です。



    パワーリフティング用品のタイタンのリストラップもおすすめです。チャンピオンクラスのベンチプレス選手にも、同製品の愛用者は少なくありません。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    GOLD'S GYM(ゴールドジム) ループ付きリストラップ G3511

    通常のトレーニングに最適なリストラップが、こちらのゴールドジムの製品です。固すぎず緩すぎずの強度は万人向けと言えるでしょう。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ZAMST(ザムスト) リストラップ 374202 ブラック

    また、フィットネスやダイエット筋トレなどの軽負荷トレーニングの手首保護には、こちらのような簡易タイプがリーズナブルでおすすめです。