【体幹インナーマッスル名称図鑑】体幹トレーニングで鍛える深層筋を詳しく図解で解説

    Rectus_femoris-horz-crop.jpg

    体幹トレーニングで鍛える対象となる体幹深層筋=体幹インナーマッスルを、肩関節周辺、腹部周辺、腰椎周辺、股関節周辺に分類し図解で解説します。

    ■肩関節周辺インナーマッスル


    ●棘上筋・肩甲下筋・棘下筋・小円筋




    肩関節周辺の肩甲骨に接合するインナーマッスルは上腕を動かす作用があり、それぞれ、棘上筋・肩甲下筋・棘下筋・小円筋があります。これらはローテーターカフと総称されています。

    棘上筋|・Supraspinatus muscle


    棘上筋は肩関節を外転させる作用を持つとともに、上腕骨を肩に引きつける作用も持っています。

    ・棘下筋|Infraspinatus muscle


    棘下筋は肩関節を伸展させる作用と肩関節の外旋の作用を持っています。

    ・小円筋|Teres minor


    小円筋は肩関節を外旋させる作用を持つとともに、上腕の伸展と内転を補助する作用もあります。

    ・肩甲下筋|Subscapularis


    肩甲下筋はローテーターカフのなかで肩甲骨前面に接合する唯一の筋肉です。前述の三つの筋肉の拮抗筋で、肩関節の内旋および内転の作用があります。

    ■腹部周辺インナーマッスル


    ●腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋




    腹部周辺のインナーマッスルには表層から順に腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋があり、体幹を屈曲させたり捻ったりする作用があります。

    ・腹直筋|Rectus abdominis muscle


    腹直筋は身体を屈曲させる作用があります。

    ・外腹斜筋|External oblique muscle


    外腹斜筋は身体を横に倒す動きと身体を捻る作用があるとともに、腹直筋の補助として作用します。

    ・内腹斜筋|Internal oblique muscle


    内腹斜筋は外腹斜筋とほぼ同じ作用を持っています。

    ・腹横筋|Transversus abdominis


    腹横筋は腹圧の調整と呼吸に働いています。

    ■腰椎周辺インナーマッスル


    ●板状筋群・脊柱起立筋群・半棘筋・多裂筋・回旋筋




    腰椎周辺のインナーマッスルは総称して長背筋群と呼ばれ、そのなかには板状筋群(頭板状筋・頸板状筋)・脊柱起立筋群(腸肋筋・最長筋・棘筋)・半棘筋・多裂筋・回旋筋が含まれます。これらのなかでも、体幹トレーニングのターゲットとなるのが、最長筋・棘筋・多裂筋です。

    ・最長筋|Longissimus


    最長筋は腸肋筋と共働し、体幹の伸展・側屈の作用を持つとともに、体幹を回旋させる作用もあります。

    ・棘筋|Spinal muscle


    ・多裂筋|Multifidus muscle


    棘筋・多裂筋は脊柱に張りついている筋肉で、姿勢を維持する作用があります。

    ■股関節周辺インナーマッスル


    ●腸腰筋群・内転筋群




    股関節の周辺インナーマッスルには腸腰筋群(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)と内転筋群(長内転筋・短内転筋・大内転筋)があります。

    ・大腰筋|Psoas major


    ・小腰筋|Small psoas


    ・腸骨筋|Iliac muscle


    大腰筋・小腰筋・腸骨筋から構成される腸腰筋群は大腿部を持ち上げる作用があります。

    ・長内転筋|Adductor longus


    長内転筋は大腿部を内転させる作用と股関節を屈曲させる作用を併せ持っています。

    ・短内転筋|Short adductor muscle


    短内転筋は、股関節の内転と股関節屈曲の補助をする作用があります。

    ・大内転筋|Adductor magnus


    大内転筋は股関節を内転させる作用があります。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【体幹トレーニング総集編】ダイエットやスポーツに効果確実なメニュー方法と器具

    ▼筋トレの全てはこちら

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで