【筋トレは空腹時か満腹時か】適度な糖質摂取をしてトレーニングを行うのが正解



    よくある疑問に「筋トレに適しているのは空腹時か満腹時か」というものがあります。結論から言えば、どちらも適していません。「適切な糖質摂取をして行う」のが筋トレに最適です。

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ■空腹筋トレで脂肪は燃焼しない


    一般的に「空腹時に運動を行うと、そのエネルギー源として脂肪が分解されて燃焼する」と言われています。

    これは、半分正解で半分間違いです。脂肪を分解してエネルギー源とする運動は、緩やかで持久的な「有酸素運動」の場合です。

    急激で瞬発的な筋トレは「無酸素運動」であり、そのエネルギー源は筋肉細胞中のブドウ糖で、これはグリコーゲンとして蓄えられています。

    筋トレのような急激な運動では、脂肪を分解していては間に合わないのです。では、空腹時でグリコーゲンも枯渇している時に筋トレをするとどうなるのでしょう?

    筋肉はエネルギー源であるブドウ糖を得るために「筋肉を分解」します。これでは、何のために筋トレをしているのか、無意味になってしまいますね。

    筋肥大目的の筋トレはもちろんですが、このように筋肉を分解してしまう状態でのダイエット筋トレも非効率です。ダイエット筋トレの理論は、筋トレによって筋密度を上げることにより、基礎代謝を上げて痩せる、というものなので、筋密度が下がってしまう要因となる空腹時の筋トレは無意味です。

    ■満腹時の筋トレでは十分に追い込めない




    では、逆に満腹時の筋トレはどうでしょう?

    満腹時には、その食物を消化吸収するために胃腸に血液が集中します。つまり、筋トレで鍛える骨格の筋肉は「貧血状態」です。このような状態では、筋肉は十分な力を発揮できず、成果を出すために不可欠な「限界まで追い込む筋トレ」ができなくなります。

    また、食事を摂り満腹になると血糖値は上昇し、身体は副交感神経優位の「休息モード」に入ります。この状態では、交感神経優位の「活動モード」で行うべき筋トレが十分にできないのは想像に難しくないことです。

    ■筋トレ前の適切な栄養摂取とは




    では、筋トレ前の適切な栄養摂取の仕方とはどのようなものでしょう?

    筋トレ開始時の理想的な状態は、消化吸収が終わり、筋肉細胞中にグリコーゲンが十分に貯留され、なおかつ副交感神経が静まり交感神経が立っている状態です。

    グリコーゲンの源となる糖質(炭水化物)が消化吸収されるまでには、およそ1時間が必要です。

    ですので、筋トレ開始の一時間前におにぎりやパンなどの炭水化物を食べ終わるのが理想です。また、糖質として砂糖や単糖類を摂取する場合は、消化吸収が若干早いので、トレーニング開始の30分前の摂取が適切です。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【筋トレは食前か食後か】鍛える前に食べて鍛えた後にも食べるのが正解

    【筋トレ前後のコンビニ食事】おすすめの食品と飲料をずばり解説|適切な弁当も紹介

     

    スポンサーリンク


    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【バーベルショルダープレス】三角筋の基本トレーニングのやり方とバリエーションを解説 2018/07/22
    【バーベルスクワット】大腿四頭筋・大腿二頭筋の基本筋トレを解説 2018/07/22
    【マシンチェストプレス】大胸筋のジムマシーン筋トレの基本種目のやり方と注意点 2018/07/22
    【リバースプランクレッグリフト】体幹インナーマッスルを前面も後面も同時に鍛えられる高強度種目 2018/07/22
    【トライセプスバー筋トレ】手首や肩への負担が少ないパラレルグリップならではの鍛え方 2018/07/22
    【アームレッグクロスレイズ】腹筋群と長背筋群の動的要素のある体幹トレーニングを解説 2018/07/22
    【回旋式腕立て伏せ】大胸筋の上腕内旋作用を利用したスイベルプッシュアップバー 2018/07/22
    【筋肉の英語名称と起始・停止】大胸筋・広背筋・僧帽筋・三角筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋・腹筋・大腿筋群 2018/07/22


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ