【筋トレの回数設定】筋肥大やダイエットなど目的別の1セットレップ数の目安

    20160711112831003.jpg

    腕立て伏せなどの自重トレーニングをはじめ、ダンベル筋トレや本格的なジムトレーニング、ダイエット目的の筋トレなど「一体何回やればベストなのか」という疑問はよくあるものです。1セットの適切な回数は、その筋トレの目的によって異なります。筋肥大目的、引き締め目的、ダイエット目的、それぞれの目的に最適な回数設定を解説します。

    ■まずはどの筋繊維を鍛えるかを知る


    ●短瞬発筋(FG筋)・長瞬発筋(FO筋)・持久筋(SO筋)の違い




    筋肉(骨格筋・横紋筋)は筋繊維と呼ばれる繊維状の細胞が束ねられて形成されています。ちょうど、ワイヤーの構造を思い浮かべてもらえればわかりやすいでしょう。そして、その筋繊維には、その運動・収縮特性により3種類に分けられます。

    ・筋肥大しやすい短瞬発筋(FG筋)





    最も筋肥大しやすい筋肉が短瞬発筋(FG筋)です。速い動き(Fast)をグリーコーゲン(Glycogen)の燃焼により行うのでこのように呼ばれています。スポーツ競技で例えると、重量挙げ、短距離走、投擲競技などがこれにあたります。この筋肉が発達すると、いわゆる「ゴリマッチョ」と言われる体型になります。

    ・細マッチョなら長瞬発筋(FO筋)





    ほどよく筋肥大するのが長瞬発筋(FO筋)で、いわゆる「細マッチョ」になるために鍛える筋肉になります。速い動き(Fast)を酸素(Oxygen)の燃焼により行うのでこのように呼ばれています。スポーツ競技で例えると、多くの球技、中距離走などがこれにあたります。

    ・筋密度が上昇する持久筋(SO筋)





    ダイエットで鍛えていくのが持久筋(SO筋)です。ゆっくりとした動き(Slow)を酸素(Oxygen)の燃焼により行うことからこのように呼ばれています。この筋繊維は鍛えても筋肥大せずに、引き締まっていきます。スポーツ競技で例えると、長距離走がこれにあたります。

    ■それぞれの筋繊維の筋トレに適した回数


    ●短瞬発筋(FG筋)を鍛えるのなら6~10回




    短瞬発筋(FG筋)を鍛えて筋肥大を狙うのならば、6~10回の反復回数で限界がくる重量設定が最適です。自重トレーニングなど負荷設定ができない種類のトレーニングでは、動作をゆっくりして負荷を強めることで回数設定が可能です。

    ▼関連記事

    【太く逞しい筋肉の付け方】速筋のなかでもFG筋(グリコーゲン消費速筋)を鍛える

    ●長瞬発筋(FO筋)を鍛えるのなら12~15回




    細マッチョになることを目的にして長瞬発筋(FO筋)を鍛えるのなら12~15回の反復動作で限界がくる重量・負荷設定が最適です。

    ▼関連記事

    【しなやかな細い筋肉の付け方】速筋のなかでもFO筋(酸素消費速筋)を鍛える

    ●持久筋(SO筋)を鍛えるのなら30回以上




    ダイエットを目的に久筋(SO筋)を鍛えるのなら30回以上の反復回数でトレーニングをして行くのがベストです。

    ▼関連記事

    【美しい綺麗な筋肉の付け方】SO筋(酸素消費遅筋)を鍛えて全身をしなやかに引き締める

    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで