【筋トレの呼吸方法】筋肥大やダイエットから競技までケースごとに詳しく解説

    20160711112758425.jpg

    腕立て伏せをはじめとした自重筋トレやダンベル筋トレなど、自宅で気軽に行えるトレーニング(筋肥大・ダイエット別)での効果的で正しい呼吸の仕方を解説します。あわせて、ジムで行うバーベルトレーニングなど上級者むけの呼吸テクニックもご紹介します。

    ■基本的な筋肥大筋トレの呼吸法


    ●力を入れる前に吸い、力を入れながら吐く


    筋肉は息を吸うときに弛緩し、吐くときに収縮するという特性があります。これを、もっとも基本的な筋トレである腕立て伏せで例えると以下のようになります。

    ①腕を伸ばしたスタートポジションで息を吸う。

    ②身体を下ろす時は呼吸を止めた状態。

    ③腕を曲げたボトムポジションから息を吐きながら腕を伸ばし身体を持ち上げる。

    ④元に戻り、息を吸う。

    これが、基本的で正しい筋トレの呼吸法です。これは、全ての筋トレ種目に共通することです。

    ■ダイエット筋トレの呼吸法


    ●筋肉が弛緩するときに吸い、収縮するときに吐く


    fitness-956646_960_720.jpg

    ダイエット筋トレでは、無酸素運動で筋肉を刺激する以外にも、呼吸法を有効に活用して有酸素運動としての要素を加えることで、さらにトレーニング効果があがります。これも、最も基本的な筋トレ種目の腕立て伏せで例示すると以下のようになります。

    ①スタートポジションから息を吸いながら腕を曲げ身体を下ろしていく

    ②ボトムポジションから息を吐きながら腕を伸ばし身体を上げていく

    ③再び息を吸いながら身体を下ろしていく。

    なお、ダイエット筋トレでは換気率を上昇させるため腹式呼吸を行うのが理想的ですが、これは鼻から息を吸って、口から息を吐くことで簡単に行うことができます。

    ■高重量筋トレでの呼吸の仕方


    ●まず息を吸い、最大収縮時に一気に吐く


    20160710130310005.jpg

    競技目的の筋トレや上級者のバーベルトレーニングの場合、その使用重量は体重を遥かに超えた高重量となります。このような場合、これまで解説してきたような基本的な呼吸方法では最大筋力を発揮することができません。最大筋力を発揮する呼吸法を、最もスタンダードなバーベルトレーニングであるベンチプレスで例えると以下のようになります。

    ①バーベルをラックアウトしスタートポジションで最大に息を吸う

    ②息を止めたままバーベルを下ろし挙上を開始する

    ③息を止めたままバーベルを上げていき、最後の最大収縮時に一気に息を吐く

    なお、ベンチプレストレーニングで反復挙上をする場合は、数回の挙上に一度の呼吸が一般的です。

    ■爆発的筋力を発揮する呼吸法


    ●全筋力を出し切るシャウティング効果


    yell-311455_960_720.png

    最後に、爆発的な筋力を発揮する方法である「シャウティング効果」について解説します。上手く使えれば、その最大筋力は瞬間的に数パーセントも向上するとされています。

    よく、スポーツなどで「声を出せ」と言いますが、人間は大声を出す(シャウト=叫ぶ)ことにより自律神経の交感神経が刺激され、アドレナリンが分泌されます。砲丸投げの選手などが、投擲動作前に気合を発するのはこのためです。

    そして、実際の筋トレ動作においては先に解説した「高重量筋トレでの呼吸の仕方」に準じて呼吸動作を行いますが、最後の「一気に息を吐く」を「叫びながら息を吐く」ようにするとシャウティング効果が発動されます。

    砲丸投げの選手が投擲の瞬間に叫ぶのも、格闘技の選手が打撃の瞬間に叫ぶのも、まさにこのシャウティング効果を使っているのです。

    ※なお、一般的なフィットネスクラブなどではシャウティング禁止の施設もありますので、事前にご確認ください。

     

    スポンサーリンク


    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【バーベルショルダープレス】三角筋の基本トレーニングのやり方とバリエーションを解説 2018/07/22
    【バーベルスクワット】大腿四頭筋・大腿二頭筋の基本筋トレを解説 2018/07/22
    【マシンチェストプレス】大胸筋のジムマシーン筋トレの基本種目のやり方と注意点 2018/07/22
    【リバースプランクレッグリフト】体幹インナーマッスルを前面も後面も同時に鍛えられる高強度種目 2018/07/22
    【トライセプスバー筋トレ】手首や肩への負担が少ないパラレルグリップならではの鍛え方 2018/07/22
    【アームレッグクロスレイズ】腹筋群と長背筋群の動的要素のある体幹トレーニングを解説 2018/07/22
    【回旋式腕立て伏せ】大胸筋の上腕内旋作用を利用したスイベルプッシュアップバー 2018/07/22
    【筋肉の英語名称と起始・停止】大胸筋・広背筋・僧帽筋・三角筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋・腹筋・大腿筋群 2018/07/22


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ