【バーベル】種類と用途や長さと重さ|メーカー別おすすめシャフト・プレートセット紹介も



    本格的なウエイトトレーニングになくてはならないのがバーベルですが、用途により大きく2種類があります。その違いや人気のものをご紹介します。

    ■バーベルって何?




    バーベルとはウエイトリフティングやパワーリフティングの競技で用いられる重りのことで、バーの部分であるシャフトとウエイトの部分であるプレートに分けられます。そして、シャフトに任意のプレートをセットすることで自由に重さを変えることが可能です。

    また、上記の競技で用いる以外にウエイトトレーニング(筋トレ)でも使われ、なかでもパワーリフティングの正式種目であるベンチプレス・デッドリフト・スクワットは、その3種目だけで全身を鍛えられることから「筋トレBIG3」とも呼ばれています。

    バーベルの歴史は比較的新しく、19世紀初頭に発案されたとされており、それ以前は重量を変えられない「長い鉄アレイ」のようなトレーニング器具が使われていました。そして、バーベルの登場によりウエイトトレーニングは加速度的に進化をしていきます。

    ▼関連記事

    【バーベル筋トレ完全版】筋トレBIG3(ベンチプレス・デッドリフト・スクワット)と全身の部位ごとの各種目紹介介

    ■バーベルの種類とは?




    バーベルにはプレートを取りつける部分であるスリーブがありますが、これには2種類の太さがあります。一つは直径50mmのもので、五輪競技のウエイトリフティングに用いられることから「オリンピックシャフト」と呼ばれています。また、パワーリフティング競技においても同様のシャフトが用いられます。

    もう一つの種類は直径28mmのもので、主に小規模なジムやホームジムで使用されています。

    50mmシャフトはスリーブが回転式となっており、バーベルの挙上動作がスムーズなのがメリットですが、価格が高いというデメリットがあります。

    28mmシャフトはスリーブはただのバーになっているため、バーベルの挙上にやや引っ掛かりを感じるデメリットがある反面、オリンピックシャフト・プレートに比べて約半分の費用で揃えることができます。

    ■バーベルシャフトの長さと重さ


    バーベルシャフトには、一般的に160cm・180cm・200cmの三種類があり、使用するラック類にあわせて長さを選びますが、基準となるのは200cmのタイプで50mmシャフトで20kg、28mmシャフトで10kgになるように作られています。

    空間が許す限り、競技で使用され、重量計算も間違いにくい200cmのタイプがおすすめです。

    ■代表的なおすすめバーベルセット


    ●アイロテック:アイアンバーベル28mm



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) アイアン バーベル ダンベル 140KGセット

    ●ファイティングロード:アイアンバーベル28mm



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    バーベル ブラックタイプ (140kgセット)

    ●ワイルドフィット:アイアンバーベル28mm



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    [WILD FIT ワイルドフィット] バーベルセット アイアン 150kg

    こちらのようなタイプが一般的な28mmシャフトのバーベルセットです。ほとんどの場合、ダンベルシャフトもセットになっています。

    ●アイロテック:ラバーバーベル28mm



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) ラバー バーベル ダンベル 140KGセット

    ●ファイティングロード:ラバーバーベル28mm



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    バーベル ラバータイプ (140kgセット)

    ●ワイルドフィット:ラバーバーベル28mm



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    [WILD FIT ワイルドフィット] バーベルセット 白ラバー 150kg

    床や周囲に傷をつけにくい28mmラバータイプのものもあります。

    ●ボディーメーカー:ラバーバーベル50mm




    ●アイロテック:ラバーバーベル50mm



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) オリンピック ラバー バーベル 174KGセット

    家庭用に販売されている数少ないオリンピックシャフト規格のバーベルセットがこちらです。


    ■その他の特殊バーベル



    カールやトライセップスプレスなど、主に腕のトレーニング用にW型に角度をつけたシャフトがWバーです。



    Wバーよりもさらに角度をつけたタイプがEZバーで、ハンマーカールなどに便利です。



    ナローグリップでのプレス系種目に重宝するのがトライセップスバーです。


    なお、家庭用バーベルの国内主要メーカーの公式ショップをリンクしておきますので、じっくりと比較してください。

    ボディメーカー

    ファイティングロード

    ワイルドフィットネットショップ

    スーパースポーツカンパニー