【週3回の分割筋トレ】筋肥大に理想的なスプリットメニューを具体的に解説



    筋肥大に最適な筋トレプログラムは、やはり、週3回の部位分割法=スプリットトレーニングによる鍛え方です。具体的な筋トレメニューを例示しながら解説します。

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ■全身を3つの筋肉グループにわける


    ●上半身の押す筋肉群・上半身の引く筋肉群・下半身の筋肉群


    筋肉を筋トレで鍛えたら、次のトレーニングまでにしっかりと超回復させるのが基本ですが、この観点からすると、一つの筋肉部位に対しては、週1回のトレーニングが理想的です。

    ですので、部位分割法=スプリットトレーニングでは、その連動性や共働関係から身体の筋肉を3つの部位にわけ、1週間をかけて3回の筋トレを行っていきます。

    その3つの筋肉群とは以下のようになります。

    ①上半身の押す筋肉群(大胸筋・三角筋・上腕三頭筋)

    ②上半身の引く筋肉群(広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋)

    ③下半身の筋肉群(大腿四頭筋・大腿二頭筋)

    なお、さらに詳しい筋肉の名称と働きは下記の筋肉図鑑をご覧ください。


    【筋肉名称完全図鑑】|全身の筋肉部位の名前と作用およびその鍛え方・筋トレ方法を完全解説

    -----【新サイトOPEN】-----
    20180412074202392.jpg
    【筋肉名称スマホ図鑑】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    筋トレメニュー方法自宅ダイエット方法
    ジム筋トレメニュージムダイエット方法
    -------------------


    ■筋トレの順番


    ●複合関節筋トレから単関節筋トレが正しい順番




    筋トレのトレーニング動作には複合関節運動と単関節運動と呼ばれる2種類のトレーニング動作があります。

    複合関節運動とは、複数の関節と筋肉を使って行う動作で、単関節運動にくらべて高重量・高負荷で鍛えることが可能です。代表的なトレーニング種目として、大胸筋・三角筋・上腕三頭筋を使って行うベンチプレスなどがこれにあたります。

    一方、単関節運動は、単一の関節と筋肉を使って行う運動で、あまり高重量で鍛えることはできませんが、ターゲットにした筋肉を集中的に鍛えることができます。代表的なトレーニング種目としては、上腕二頭筋のみを使うカールなどがこれにあたります。

    ▼関連記事

    【筋トレの順番】高重量複合関節運動(コンパウンド種目)から低重量単関節運動(アイソレーション種目)へ

    ■具体的な週3回筋トレプログラム


    ここからは、具体的な週3回の筋トレプログラムを例示していきます。各トレーニング種目の詳細な動画つき解説記事は、各トレーニング名をクリックしたリンク先になります。

    ●月曜日(または火曜日)




    週のはじめは大胸筋を中心とした押す筋肉グループの日です。集中力の観点から総セットは10セット強に設定しています。

    腕立て伏せダンベルプレスベンチプレスなどプレス系複合関節種目を3セット行ってください。

    ②追い込みとして複合関節トレーニングのナロー腕立て伏せダンベルトライセップスプレスナローベンチプレスディップなどプレス系種目を2セット行ってください。

    ③大胸筋の仕上げに大胸筋単関節トレーニングのダンベルフライマシンフライを1~2セット行ってください。

    ④上腕三頭筋の仕上げに単関節トレーニングのダンベルフレンチプレスプレスダウンなどを1~2セット行ってください。

    ⑤三角筋の仕上げに単関節トレーニングのフロントレイズサイドレイズを各1セット行ってください。

    水曜日(または木曜日)




    2回目のトレーニング日は下半身の日です。下半身の筋トレは疲労が激しいので総セットは10セット弱に設定しています。

    ①下半身全体の複合関節トレーニングの王道であるスクワット(自重スクワット・ダンベルスクワット・バーベルスクワット)を3セット行ってください。

    ②ハムストリングスの追い込みとして複合関節トレーニングのブルガリアンスクワットを1セット行ってください。

    ③大腿四頭筋の仕上げに単関節トレーニングのダンベルレッグエクステンションマシンレッグエクステンションなどを1~2セット行ってください。

    ④ハムストリングスの仕上げに単関節トレーニングのダンベルレッグカールマシンレッグカールなどを1~2セット行ってください。

    金曜日(または土曜日)




    3回目のトレーニング日は広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋の上半身の引く筋肉グループの日です。集中力の観点から総セットは10セット強に設定しています。

    ①上半身の引く筋肉群の総合的な複合関節トレーニングである懸垂デッドリフトなど高負荷種目を3セット行ってください。

    ②広背筋の追い込みとして複合関節トレーニングのダンベルローラットマシンプルダウンを2セット行ってください。

    ③僧帽筋の追い込みとして複合関節トレーニングのダンベルショルダーシュラッグバーベルショルダーシュラッグケーブルローなどを2セット行ってください。

    ④上腕二頭筋の追い込みとして単関節トレーニングのダンベルカールバーベルカールコンセントレーションカールダンベルハンマーカールなどカール系種目を3セット行ってください。

    なお、腹筋はこれら3日以外の日にコツコツ行うとよいでしょう。

    ■全筋トレ種目の一覧




    ●大胸筋の筋トレ種目


    腕立て伏せ(プッシュアップ)
    膝つき腕立て伏せ
    足上げ腕立て伏せ
    インクラインプッシュアップ
    ヒンズープッシュアップ
    スパイダーマン腕立て伏せ
    グラスホッパー腕立て伏せ
    片足腕立て伏せ
    片手腕立て伏せ
    クラップ腕立て伏せ
    スライド腕立て伏せ
    回旋式腕立て伏せ
    ディップ
    バーベルベンチプレス
    インクラインバーベルベンチプレス
    デクラインバーベルベンチプレス
    ダンベルプレス
    ダンベルフロアープレス
    ダンベルフライ
    ダンベルフライプレス
    プルオーバー
    インクラインダンベルプレス
    インクラインダンベルフライ
    スミスマシンベンチプレス
    スミスマシンインクラインプレス
    スミスマシンデクラインプレス
    マシンフライ
    ケーブルクロスオーバー
    バランスボール腕立て伏せ
    バランスボールバタフライ
    チューブチェストプレス
    チューブバタフライ
    チューブプルオーバー

    ●背筋の筋トレ種目


    懸垂(チンニング)
    バックエクステンション
    ダイアゴナルバランス
    アームレッグクロスレイズ
    デッドリフト
    バーベルグッドモーニング
    バーベルベントオーバーロー
    Tバーローイング
    スミスマシンデッドリフト
    ラットマシンプルダウン
    ケーブルローイング
    ショルダーシュラッグ
    ダンベルショルダーシュラッグ
    ダンベルデッドリフト
    ダンベルベントオーバーロー
    ダンベルローイング
    バランスボールバックエクステンション
    バランスボールヒップリフト
    チューブラットプル
    チューブローイング
    チューブリバースフライ

    ●三角筋・肩の筋トレ種目


    ダンベルショルダープレス
    ダンベルフロントレイズ
    ダンベルサイドレイズ
    ダンベルリアラテラル
    ダンベルアップライトロー
    バーベルショルダープレス
    バーベルアップライトロー
    スミスマシンショルダープレス
    スミスマシンアップライトロー
    チューブショルダープレス
    チューブフロントレイズ
    チューブサイドレイズ
    チューブリアラテラルレイズ
    チューブフェイスプル
    チューブアップライトローイング
    エクスターナルローテーション
    インターナルローテーション

    ●上腕三頭筋の筋トレ種目


    ダイヤモンド腕立て伏せ
    ナローグリップベンチプレス
    バーベルフレンチプレス
    ダンベルトライセップスプレス
    ダンベルキックバック
    ダンベルフレンチプレス
    ダンベルテイトプレス
    プレスダウン
    ローププレスダウン
    チューブフレンチプレス
    チューブキックバック
    チューブトライセプスエクステンション

    ●上腕二頭筋の筋トレ種目


    逆手懸垂
    バーベルカール
    バーベルドラッグカール
    バーベルリバースカール
    ダンベルカール
    ダンベルハンマーカール
    ダンベルコンセントレーションカール
    ダンベルサイドカール
    インクラインダンベルカール
    リバースインクラインダンベルカール
    ケーブルカール
    チューブカール

    ●腹筋の筋トレ種目


    クランチ
    レッグレイズ
    リバースクランチ
    フロントプランク
    スパイダープランク
    サイドプランク
    バランスボールプランク
    リバースプランクレッグリフト
    四の字クランチ
    サイドシザース
    ジャックナイフ
    ダンベルクランチ
    ダンベルサイドベント
    ケーブルクランチ
    バランスボールクランチ
    バランスボールプランクツイスト
    バランボールサイドレッグリフト
    バランスボールレッグレイズ
    バランスボールエッグエクササイズ
    チューブクランチ
    チューブレッグレイズ
    チューブアブツイスト

    ●下半身の筋トレ種目


    自重スクワット
    フロッグプッシュアップ
    バーベルスクワット
    フロントバーベルスクワット
    バーベルランジ
    ブルガリアンスクワット
    シシースクワット
    ダンベルランジ
    ダンベルサイドランジ
    ダンベルレッグエクステンション
    ダンベルレッグカール
    レッグプレス
    スミスマシンスクワット
    ハックスクワット
    レッグエクステンション
    レッグカール
    バランスボールスクワット
    バランスボールランジ
    バランスボールレッグカール
    チューブレッグプレス
    チューブレッグエクステンション
    チューブレッグカール
    チューブバックレッグリフト

    上記のリンクは、今回ご紹介しきれなかった筋トレ種目も含めた、当サイトの全ての筋トレ解説記事の一覧です。ぜひ、ご活用ください。なお、各種目に必要な筋トレ器具・グッズは下記の記事でご紹介していますので、あわせてご活用ください。

    ▼関連記事

    【自宅筋トレにおすすめの器具グッズ類】ダンベル・ベンチ・懸垂台・ベルト・グローブ・ストラップなど

    それでは、皆さま、よいワークアウトを!

    ▼関連記事

    【週2回の自宅筋トレメニュー】筋肥大に効果的なプログラムの組み方を解説

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●具体的な筋トレ向き料理レシピを紹介


    recipe-575434_960_720.png

    筋トレの効果を最大限に高める具体的な料理を、実際に調理している行程の写真とともにわかりやすくご紹介している「レシピ記事」をまとめたのが下記のリンク集です。肉料理・魚料理・筋肥大料理・減量料理など数十種類ものレシピ集ですので、ぜひ日々の献立にお役立てください。

    ▼関連記事

    【筋肉料理レシピ集】筋肥大バルクアップ・減量ダイエットそれぞれの筋トレむきの食事をご紹介

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも

    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで

     

    スポンサーリンク


    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【バーベルショルダープレス】三角筋の基本トレーニングのやり方とバリエーションを解説 2018/07/22
    【バーベルスクワット】大腿四頭筋・大腿二頭筋の基本筋トレを解説 2018/07/22
    【マシンチェストプレス】大胸筋のジムマシーン筋トレの基本種目のやり方と注意点 2018/07/22
    【リバースプランクレッグリフト】体幹インナーマッスルを前面も後面も同時に鍛えられる高強度種目 2018/07/22
    【トライセプスバー筋トレ】手首や肩への負担が少ないパラレルグリップならではの鍛え方 2018/07/22
    【アームレッグクロスレイズ】腹筋群と長背筋群の動的要素のある体幹トレーニングを解説 2018/07/22
    【回旋式腕立て伏せ】大胸筋の上腕内旋作用を利用したスイベルプッシュアップバー 2018/07/22
    【筋肉の英語名称と起始・停止】大胸筋・広背筋・僧帽筋・三角筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋・腹筋・大腿筋群 2018/07/22


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ