【ダンベルクランチ】腹直筋・腹斜筋を高負荷で鍛える自宅腹筋トレーニング方法を解説

    Rectus_abdominis_20160702061515e91s_20170527124903699.png

    腹筋群(腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋)を、自宅で高負荷をかけて鍛えることができるダンベルクランチの各種バリエーションをご紹介します。

    ■腹筋群の構造と作用


    20170205202443011.jpg

    腹筋群は表層から腹直筋→外腹斜筋→内腹斜筋→腹横筋の四層構造をしており、それぞれの作用は以下の通りです。

    ・腹直筋:体幹を屈曲させる
    ・外腹斜筋:体幹を回旋させる
    ・内腹斜筋:外腹斜筋の補助
    ・腹横筋:腹圧維持と呼吸補助

    このなかで、外見上大きく影響するとともに、直接的な筋トレ効果があるのは腹直筋と外腹斜筋で、インナーマッスルである内腹斜筋と腹横筋は前者のトレーニングのなかで自然と鍛えられていきます。

    ■初心者向きダンベルクランチのやり方




    初心者の方は、こちらのような比較的に強度の低いバリエーションから練習をしていくとよいでしょう。上半身を持ち上げることよりも、ダンベルをより高く押し上げるイメージで動作をしたほうが、より強く腹直筋を収縮させることができます。

    ■ダンベルロシアンツイスト




    ダンベルロシアンツイストは腹斜筋に対して非常に効果の高いダンベルクランチのバリエーションです。動画ではメディシンボールやプレートを使って動作を行っていますが、もちろんダンベルを使って行うことも可能です。

    ■ダブルダンベルクランチのやり方




    ダンベルダブルクランチは、腹直筋下部に特に効果的なバリエーションです。つま先を膝関節よりも上に上げるようにすると、さらに負荷を高めることが可能になります。

    ■ダンベルトゥータッチクランチのやり方




    こちらの動画のダンベルトゥタッチクランチは、対角線になる手足を同時に動かすことで、腹直筋だけでなく腹斜筋にも効果の高い、総合的な高負荷ダンベル腹筋トレーニングです。強度のかなり高いダンベル腹筋トレーニングでので、くれぐれもダンベルを落とさないように気をつけて行ってください。

    ▼おすすめのダンベルと関連記事


    当ジムで実際に試用しているダンベル類は、下記のタイプようなリーズナブルなラバーダンベルですが、全く問題もなく長年使用しています。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    IROTECダンベル セット 40kg ラバーリングタイプ

    ▼関連記事

    【ダンベルの種類と長所短所】目的別におすすめのダンベル|アイアン・ラバー・クローム・アーミー

    また、女性や初心者におすすめのダンベルがこちらのようなアーミーダンベルです。表面がプラスチック加工されている上、多角形をしているので、床や家具を傷つけず、錆も出ず、転がることもありません。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    アーミーダンベル 10kg×2個セット レッド LEDB-10R*2

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    アーミーダンベル 10kg 2個セット レッド LEDB-10R

    20170701042918904.jpg

    当ジムで実際に使用しているアーミーダンベルを分解撮影し、その構造と重量の組み方や使い方を詳しく解説したのが下記の記事です。是非ご一読ください。

    ▼関連記事

    【女性と初心者におすすめのアーミーダンベル】重さが変えられ錆びない転がらない優れもの

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【自宅腹筋トレーニングの基本器具】シットアップベンチ・トレーニングチューブ・ダンベル

    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    【自宅ダンベル筋トレ完全版】ジムなみに効果がある一週間のメニューの組み方