【懸垂】背筋の自重トレーニング

    背筋の自重トレーニングの基本中の基本である懸垂を動画でご紹介します。

    ■懸垂のやり方




    背筋自重トレーニングの王道とも言える種目が懸垂です。肩幅よりやや広く順手でバーを保持し行います。顎をバーより上に出すイメージだと背中が丸まりやすく、背筋よりも上腕や前腕に先に効いてしまうので、胸を張り、胸筋上部をバーにつけにいくイメージで動作を行ってください。なお、握力がなくなってしまう人は、サムレスグリップでバーを保持するとよいでしょう。