▼当サイト人気記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    ジムマシン筋トレ方法ジムマシンダイエット
    細マッチョ自宅筋トレ美ボディメイク筋トレ
    ゴリマッチョの筋トレ女性のダイエット運動
    ↓末尾に毎週更新の訳あり格安アイテム情報↓

    【バーベルリバースカール】上腕二頭筋・上腕筋・前腕筋群のバーベルトレーニング

    Drag-curl-2.jpg

    上腕二頭筋長頭・上腕筋・前腕筋に効果の高いバーベル筋トレである、バーベルリバースカールを動画つきで解説するとともに、バリエーション(プリチャー系やドラッグカール系)やおすすめのシャフト・グッズをご紹介します。

    ■バーベルリバースカールが効果のある筋肉


    ●上腕二頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


    Biceps_brachii_muscle06-3.png
    読みかた:じょうわんにとうきん
    英語名称:biceps
    部位詳細:長頭短頭
    起始:肩甲骨関節上結節肩甲骨烏口突起先端
    停止:橈骨粗面

    ▼上腕二頭筋の鍛え方

    【上腕二頭筋の鍛え方完全版】男らしい力こぶを作る筋トレ方法をアームレスラーが解説

    ●上腕筋


    Brachialis_muscle01_20170328195020000.png

    バーベルリバースカールは、まずは上腕二頭筋のなかでも長頭に対して効果的で、同時に肘関節基部にある上腕筋に対しても高い効果があります。

    上腕筋は上腕二頭筋に比べるとマイナーな筋肉ですが、半羽根状筋と呼ばれる収縮力の強い筋繊維構造をしているので、肘関節屈曲においては上腕二頭筋以上に筋力を発揮する「腕力の筋肉」です。

    ▼関連記事

    【上腕筋の鍛え方】腕力を決める肘を曲げる動作の主働筋の筋トレ方法を解説

    4407763974_89f39d0392_b_20170328195507374.jpg

    また、バーベルリバースカールは前腕筋群でも最大の筋肉である腕橈骨筋(わんとうこつきん)に対しても高い効果があり、アームレスリングをはじめ腕力を要求される競技には重要なトレーニングです。

    ▼関連記事

    【腕橈骨筋の鍛え方】前腕最大でスポーツ競技のリスト力に大きく関わる筋肉の筋トレ方法

    ■バーベルリバースカールのやり方




    こちらがバーベルリバースカールの模範的な動画です。バーベルを上げる時も下ろす時もしっかりとコントロールして振り回さないように注意しましょう。この種目は反動を使って行うと前腕筋群を追い込むことが出来なくなりますので気をつけて下さい。

    また、動画のようなストレートシャフトの場合、あまりグリップ間隔を狭くしすぎると手首関節に対して負担がかかり怪我のリスクがありますので、ナローグリップで行う場合は次の項目のようなシャフトを使用してください。

    なお、ストレートバーでのリバースカールでは腕橈骨筋に対して高い負荷がかかりますので、前腕を中心に鍛えたい場合はストレートバーをややワイドグリップで、小指を強く握らずに行うことをおすすめします。

    ▼関連記事

    腕のトレーニングで頻発する手首関節痛の対処法|バーの握り方が大切

    ■EZバーリバースカールのやり方




    こちらが、EZバーを使用したリバースカールです。ポイントは「八の字」になるようにグリップすることで、このグリップの場合、上腕二頭筋長頭と上腕筋に対する負荷が高くなります。

    ▼おすすめのEZバー


    ▼Amazonで比較する

    EZバー : BSEZ 【BODYMAKER / ボディメーカー 】 BB-SPORTS


    ■EZバープリチャーリバースカールのやり方




    さらにストリクトに追い込みたい場合は、カール台でのプリチャーカールがおすすめです。なお、フィニッシュで手首を伸展(上向きに曲げる)ことで腕橈骨筋も徹底的に追い込むことが可能です。

    また、カール台のかわりに下記のようなアームブラスター・アームカールプレートを使用すると自宅でも簡単にプリチャーカールの動作を再現することが可能です。


    ▼Amazonで比較する

    Goliath Labs アームブラスター ArmBlaster



    ■リバースドラッグカールのやり方




    かなりマニアックなトレーニング方法ですが、ドラッグカールとリバースカールを組み合わせたリバースドラッグカールは、肘関節を後ろに引く動作により上腕筋と腕橈骨筋を高負荷で鍛えることが可能です。

    ドラッグカール系は、アイソレーション種目(単関節運動)であるノーマルカール系の動作にコンパウンド種目(複合関節運動)の要素を加えた収縮率の高いトレーニング方法です。是非、チャレンジしてみてください。

    ▼関連記事

    【バーベルドラッグカール】上腕二頭筋のバーベルトレーニング

    また、リバースカールを限界まで追い込んで行う場合、握力低下によるシャフト落下のリスクがありますので下記のようなリストストラップの使用をおすすめします。


    ▼Amazonで比較する

    GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

    ▼関連記事

    【リストストラップとリストラップの違い】効果的な使い方やおすすめアイテムもご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【バーベル筋トレ完全版】筋トレBIG3(ベンチプレス・デッドリフト・スクワット)と全身の部位ごとの各種目紹介

    【バーベル】種類と用途や長さと重さを解説|メーカー別紹介

    【パワーラックの使い方完全版】メーカー別自宅用おすすめ比較と選び方も解説

     

    スポンサーリンク



    ▽現在無料お試し期間で人気▽


    ▽最新の低パケットサイト▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【スント(SUUNTO)フィットネスウォッチ】3FITNESSの実際の使用感と個人的口コミ評価 2018/05/23
    【実際に効果あるダイエット器具】本当に効果がでるおすすめグッズ・マシンの試用感想・口コミ評価 2018/05/23
    【ブロッコリーとマグロのカルパッチョ】ダイエット筋トレにおすすめの魚料理 2018/05/23
    【スクワットマジック】実際に使用した感想と個人的口コミ評価|レベル別の使い方も解説 2018/05/23
    【チューブデッドリフト女性編】背中を引き締め美しい姿勢を作るゴムバンドトレーニング 2018/05/23
    【細マッチョの体重・体脂肪率】身長ごと(165・170・175・180・185cm)のBMI・標準値をご紹介 2018/05/23
    【ワンダーコアツイスト】実際に試用した使い方・感想・効果とスマートとの違いを解説 2018/05/23
    【アカヒレタビラの飼い方】餌・混泳・繁殖など飼育方法を解説 2018/05/22
    【シロヒレタビラの飼い方】餌・混泳・繁殖など飼育方法を解説 2018/05/22


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー200種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    ▼無料ホームページ作成代行▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ