【リアラテラルレイズ】三角筋後面に効果的なダンベルトレーニング

    Bent-over-rear-delt-row-with-head-on-bench-2.png

    三角筋後面に非常に有効なダンベルトレーニングであるリアラテラルレイズについて、動画つきで解説していきます。

    ●リアラテラルレイズが効果のある筋肉部位


    Dumbbell-front-raises-2-1-30percent-horz-crop.jpg


    リアラテラルレイズが効果のあるのは、「腕を後ろに上げる」作用のある三角筋後面になります。

    詳しい筋肉の位置・構造や作用は、下記の筋肉図鑑をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋肉名称完全図鑑】|全身(胸・背中・肩・腕・腹・足)の筋肉部位を徹底紹介

    ●リアラテラルレイズの動画




    三角筋後面に効果の高いダンベルトレーニングがレアラテラルレイズです。まず、ニーベントスタイルを作り、そこから後にダンベルを上げていきます。三角筋後面は特に背筋群と共働しやすいので、反動を使わず三角筋だけでゆっくりと意識を集中して動作をしてください。



    また、こちらの動画のように、インクラインベンチにうつぶせになって行ったり、冒頭の画像のように何かに頭をついて行うことで、姿勢の制御を補助できるので、ダンベルの挙上に集中できます。

    ●リアラテラルレイズにおすすめの器具類


    インクラインベンチは安価なものだとガタつきがあったりするので、下記のような厚い角パイプを使用したワンランク上のモデルをおすすめします。



    当ジムで実際に使用しているダンベル類は下記のリーズナブルなものですが、全く問題もなく長年使用しています。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ハンマートーンダンベル セット 40kg : HNMDST40 【BODYMAKER / ボディメーカー 】


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ファイティングロード ダンベル ラバータイプ (40kgセット) 【トレーニング解説DVD付】