【シシースクワット】大腿四頭筋を直撃する高強度下半身自重トレーニングのバリエーション

    Weighted-sissy-squat-2-horz_20170324063234df8.jpg

    スクワットを変形し、大腿四頭筋に集中的に負荷を加えることのできる自重トレーニングであるシシースクワットについて動画つきで解説します。


    ■シシースクワットの効果のある筋肉部位


    Quadriceps_hes_20161107191208ab6.png


    シシースクワットは膝関節の屈伸が主体となるスクワットのバリエーションなので、その主働筋である大腿四頭筋に強い負荷と効果のある筋トレ種目です。

    ■シシースクワットの動画とやり方のコツ


    ●ノーマルのシシースクワット




    上体を後ろに倒しながら、膝を前に突き出していくことで大腿四頭筋に集中的に負荷を与えることができます。注意する点は、膝だけ前につきださないことです。かならず、上体も後ろに倒し、相対的に膝がつま先より前に出るポジションになることを避けてください。

    ●補助具を使用したシシースクワット




    また、シシースクワットのフォームを自立で行うのが難しいという方は、この動画のようにふくらはぎにバーなどを当てることで格段にやりやすくなります。また、重めのダンベルを床に置き、つま先を引っ掛ける方法も有効です。

    ●強度を上げたシシースクワット




    逆に、通常のシシースクワットでは負荷が足らないという方は、この動画のようにダンベルを保持して行うことで強度を上げることができます。

    ●スミスマシンを使ったシシースクワット




    スミスマシンを使うと、さらに安定した体勢でなおかつ高負荷をかけてシシースクワットを行うことが可能です。

    ●膝に不安のある方は


    シシースクワットは非常に効果の高いトレーニング種目ですが、フォームが乱れると膝に強い負担がかかります。膝に不安のある方は、下記のようなトレーニングメーカー製の専用サポーターがおすすめです。通常のサポーターと違い、内臓スプリングが膝靭帯をしっかりとサポートしてくれます。

    ▼おすすめの膝サポーター

    ニーサポーター 【 BODYMAKER 】 2014s_RespectForTheAgedDay

    ●この記事を読んだ人におすすめの記事


    【自重スクワットの4種類】種目ごとのやり方と効果のある筋肉部位を解説

    【スクワットの種類とやり方】スポーツ競技やダイエットにも効果大の筋トレ種目のバリエーションを解説

    【大腿四頭筋と大腿二頭筋の鍛え方】人体最大の筋肉群を鍛えるとスポーツもダイエットも成功