●【デッドリフトのやり方完全版】効果的な正しいフォーム・グリップ・種類|平均重量や世界記録も紹介

    deadlift-diagram.png

    筋トレBIG3の一つで、僧帽筋や広背筋をはじめとした背筋群に効果が高いバーベルデッドリフトの正しいフォームやグリップを解説するとともに、そのバリエーションや種類をご紹介します。また、デッドリフトの平均値や世界記録についても解説します。

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ●デッドリフトが効果のある筋肉部位


    Infraspinatus.png

    デッドリフトは僧帽筋・広背筋・長背筋群(最長筋・多裂筋・脊柱起立背筋など)といった背筋群全てに効果の高い種目ですが、なかでも僧帽筋と長背筋群に効果があります。

    また、二次的に大腿四頭筋・ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)・臀筋群(大臀筋・中臀筋・小臀筋)および上腕二頭筋・前腕屈筋群にも効果があり、上半身の押す筋肉グループ以外全ての筋肉に効果がある種目です。

    なお、さらに詳しい筋肉の名称と作用については、下記の筋肉図鑑をご覧ください。

    筋肉名称完全図鑑

    ●デッドリフトの平均重量


    deadlift-71284_960_720.jpg

    デッドリフトは学校や職場での体力測定の対象ではないので、正確な平均値というのは存在しませんが、トレーニング業界の経験則として一般的に知られているのは「鍛えたことのない初心者のデッドリフト記録は自分の体重前後が標準」ということで、もう一つの指標として知られているのが「背筋力の半分が標準的なデッドリフトの挙上可能重量」ということです(いずれも男性の場合・女性はその60%前後)。

    学校や職場での体力測定から推測された背筋力のおおよその平均値が下記の数値ですので、ご自身の年齢・性別・体重などから平均的なデッドリフトの挙上重量を推測してみてください(現行の体力テストでは背筋力は測定項目ではなくなっているので公的な記録はありません)。

    ○背筋力の平均値(デッドリフトはこの半分)
    18~25歳:男性140~145kg・女性80~85kg
    26~40歳:男性135~140kg・女性80~85kg
    41~45歳:男性125~130kg・女性75~80kg
    46~50歳:男性115~120kg・女性65~70kg

    なお、筋トレ中級者で体重の1.5倍、上級者で2倍、パワーリフティング選手で2.5倍以上が標準的な目安です。

    ●デッドリフトの世界記録


    また、デッドリフトの世界記録や日本記録はIPF(世界パワーリフティング協会)の公式ルール・公式戦のものが厳密には記録になります。その数値は男性で世界記録397.5kg、日本記録302.5kgです(2016年12月現在)。

    世界パワーリフティング協会世界記録ページ

    日本パワーリフティング協会日本記録ページ



    なお、公式ルール外のデッドリフト大会・イベントでの世界記録は500kgです。ただし、ウエイトはタイヤ状のものでリストストラップも使用可能なので、公式ルールとは挙上距離や条件が大きく異なります。

    ●バーベルデッドリフトの2種類の動画とやり方


    まず、パワーリフティング競技の公式な挙上方法でもある2種類のやり方をご紹介します。

    ・手足の長い人むきのヨーロピアンスタイル




    手足の長い欧米人向きのデッドリフトがこちらのような脚をグリップではさむ持ち方のヨーロピアンデッドリフトです。

    ・手足の短い人むけのスモウスタイル




    手足の短いアジア人にむいたデッドリフトがこちらのようなスモウデッドリフトです。

    ●デッドリフトの正しいフォーム


    deadlift-diagram1


    どちらの場合も、胸を張り、お尻を突き出したニーベントスタイルで行うのがポイントです。また、膝はつま先の方向に曲げるように意識してください。ニーベントスタイルは、デッドリフトだけでなく、多くのトレーニング種目で必要な基本スタイルなので、ぜひ、習得するようにしてください。

    ●デッドリフトのグリップについて


    6940701913_a372b9da1f_b-crop_20161210065048c40.jpg

    高重量のデッドリフトでは動作が安定するオルタネイトグリップ=片手がノーマルグリップ・片手がリバースグリップで行うのが一般的です。オルタネイトグリップに関する詳細は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【オルタネイトグリップ】高重量を挙上する時に使用したいバーベルの保持方法

    080715-F-2616H-001.jpg

    下記の記事は、パワーリフティング元全日本王者のトップ選手に、デッドリフトに関して執筆していただいた、非常に論理的で重厚な最新記事です。デッドリフトの挙上重量向上を目指す方には、必読の内容となっております。

    ▼アスリート執筆記事

    【デッドリフトのやり方とフォーム】種類別に効果的なセットメニューを元全日本王者が解説

    ●デットリフトにおすすめのギア類




    デットリフトにパワーベルトは必須ですが、こちらのように全周が幅広タイプが腹圧を上げやすくておすすめです。また、ピン式よりレバーアクション式が着脱が早く、トレーニング効率からも有利でしょう。



    セット中に握力がもたなくなる方はこちらのようなパワーグリップの使用をおすすめします。ただし、公式競技のデットリフト試技では使用できません。



    また、パワーリフティング選手が行う裏技が握力を上げるためのリストラップの使用です。握力測定時に手首を片方の手で握ると、やや握力が上がるのと同じ理論です。

    今回ご紹介したギア類は、筆者の友人でもありパワーリフティングの日本トップレベル選手で、厳選されたトレーニング用ギア類だけを扱う専門店を運営する方のショップのものです。量産・市販品に比べると、ワンランク上の使用感があります。

    画像提供:武器屋.net トレーニング用品セレクトショップ

    ●デッドリフトのバリエーション・種類


    ・デフィシットデッドリフト




    デフィシットデッドリフトは台の上などに乗り行うことで、デッドリフトの挙上距離を伸ばしたトレーニング方法です。デッドリフトのスタート動作での筋力を担う大腿四頭筋に大きな効果があります。

    ・ブロックデッドリフト




    デフィシットデッドリフトとは逆にバーベルを台の上などに乗せて挙上距離を短くしたトレーニング方法がブロックデッドリフトです。デッドリフトのフィニッシュ動作での筋力を担う広背筋・僧帽筋に大きな効果があります。

    ・ダンベルヨーロピアンデッドリフト




    こちらがダンベルを使ったデッドリフトのなかでも一般的なヨーロピアンスタイルでのデッドリフトです。

    ・ケトルベルスモウデッドリフト




    こちらはケトルベルを使ったスモウデッドリフトです。ダンベルのプレート部分を持って行うこともあります。

    ▼アスリート執筆記事


    profile.jpg

    下記の記事は、女性ボディービルダーとして日本クラス別三位の実績を持つアスリートの方に、デッドリフトについて詳しく客員執筆していただいたものです。タイトルは女性向けとなっていますが、男性にとっても非常に有益な情報が満載ですので、是非ご一読ください。

    【デッドリフトの女性向けやり方】背中ダイエット効果の高いバーベル筋トレを女子ビルダーが解説

    ▼この記事を読んだ人におすすめのBIG3記事


    【ベンチプレスのやり方完全版】正しいフォームと100kg挙上のための特殊メニューをトレーナーが解説

    【筋トレBIG3だけで鍛える方法】忙しい人にも効果的な順番と自宅補助トレーニング

    ▼この記事を読んだ人におすすめの背筋記事


    【チューブ広背筋トレーニング】自宅でも簡単にできる斬新発想の筋トレ方法を紹介

    【発想の筋トレ】懸垂なみに広背筋に効果的な新ダンベル種目

    【背中の筋肉】名前・筋肉痛ストレッチ・自宅筋トレを図解で解説

     

    スポンサーリンク


    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    ●【筋トレむきハンバーガー】おすすめマクドナルドの栄養と自作ハンブルグ式ステーキの作り方 2018/07/18
    ●【ドライフルーツ23種】その栄養・カロリーと効能や具体的レシピ|ダイエットや筋トレにも効果大 2018/07/18
    ●【ピザの筋トレ最適化チャレンジ】チーズの栄養をバルクアップカロリーにする 2018/07/18
    ●【筋トレむきビッグマック改】肉と豆腐を追加してバルクアップ最適化チャレンジ 2018/07/18
    ●【たこ焼き筋トレ最適化チャレンジ】タコをたくさん入れて高タンパク質化した「粉もん」食事メニュー 2018/07/18
    ●【カップヌードル筋トレ最適化】高タンパク質な赤身牛肉を追加して筋肉飯に 2018/07/18
    ●【筋トレに最適な焼き魚】マグロ・ブリ・エビのトリプルコラボで筋肥大バルクアップ 2018/07/18
    【土佐のカツオ漬け丼の作り方】明神水産の藁焼き鰹のたたきを使ったレシピ 2018/07/17


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ