【ディップ】大胸筋下部二効果の高い自重トレーニングとやり方を解説

    Dips.png


    大胸筋下部に非常に効果の高いディップについて動画つきで解説するとともに、各種の関連器具・道具類をご紹介します。

    ●ディップの効果のある筋肉部位


    1487_201611040554512df.png


    ディップは、まず大胸筋のなかでも下部に高い効果があります。大胸筋下部は大胸筋のなかでも最も体積の多い部位なので、この部位を鍛えると大胸筋全体のボリュームが増します。

    ▼関連記事

    【ボリュームある胸まわり】大胸筋下部の鍛え方を完全解説

    Triceps_brachiis_201611040555268f2.png


    また、ディップは二次的に上腕三頭筋にも高い効果があり、肘を閉じて行うと上腕三頭筋長頭、やや肘を開き気味に動作を行うと上腕三頭筋内側頭・外側頭に効果があります。

    ▼関連記事

    【上腕三頭筋の鍛え方究極版】丸太のように太い腕を手に入れる筋トレをトレーナーが解説

    ●ディップのやり方とバリエーション




    手はサムレスグリップで保持することをおすすめします。バーの直上に手首と肘が常に来るように動作し、体重を前腕骨で支えるようにすると効果的です。また、肘はできる限りとじると、大胸筋に刺激が集中します。真下に身体をおろすのではなく、やや斜め前方に下りるようにしてください。



    また、椅子を二つ流用することでディップを特別な器具なしで行うことも可能です。



    また、こちらのようなリバースプッシュアップでは、より上腕三頭筋に加重がかかります。

    ●ディップにおすすめの器具・道具類



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) マルチジム

    自宅でディップを行うには、こちらのような懸垂ラックがおすすめです。ディップだけでなく、懸垂や腹筋や腕立て伏せなど、ほぼ全ての自重トレーニングが可能です。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) POWER ARMOR ディッピングベルト

    また、自重だけでは負荷が足らない方は、こちらのようなディッピングベルトにウエイトをとりつけてセットを行なうとよいでしょう。

    ▼関連記事

    【腕立て伏せの種類とやり方】効果的で正しい方法とコツ(呼吸法・回数など)をトレーナーが解説