【デクラインベンチプレス】大胸筋下部のバーベルトレーニング

    Decline-bench-press-1.png

    大胸筋下部に効果の高いバーベルトレーニング種目のデクラインバーベルプレスを動画つきで解説します。また、あわせておすすめのトレーニング器具もご紹介します


    ●デクラインベンチプレスの効果のある筋肉部位


    1487_20161006062510ec3.png


    デクラインベンチプレスは大胸筋を中心として、二次的に三角筋前部と上腕三頭筋に効果があります。

    ●デクラインベンチプレスの動画とやり方




    グリップの幅や保持の仕方はバーベルベンチプレスに準じます。つまり、肩甲骨を寄せ、肩幅よりやや広いグリップ幅(80cm前後)で、バーベル直下に拳・手首・肘がくるように動作します。基本的にはベンチにしっかりと背中をつけて行いますが、最後の追加数レップでやや腰を浮かせてセルフ補助するとより厳しく追い込むことができます。

    ●デクラインベンチプレスにおすすめの器具類




    デクラインプレス用可変ベンチは各メーカーから発売されていますが、こちらのベンチはレッグエクステンションとレッグカールもできるアタッチメントが付属しており、幅広いトレーニング目的におすすめです。

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    [WILD FIT ワイルドフィット]インクラインデクラインベンチ




    また、高重量のかかるラック類は、こちらのような家庭用ハイエンドモデル以上が安全管理上おすすめできるラインになります。

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) パワーラック-TRUST




    なお、こちらのアイロテック社製のパワーラックは従来のものと比べ、上部構造物を省いた設計になっているので、シンプルにラックを使用する人にはおすすめです。

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) パワースクワットラック


    ●この記事を読んだ人におすすめの記事


    【ボリュームある胸まわり】大胸筋下部の鍛え方を完全解説

    【ベンチプレスの種類】バリエーションによる効果のある部位の違いを解説

    【ベンチプレスの呼吸法】通常の筋トレとの違い|ハイパーベンチレーションの導入も解説