▼当サイト人気記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    ジムマシン筋トレ方法ジムマシンダイエット
    細マッチョ自宅筋トレ美ボディメイク筋トレ
    ゴリマッチョの筋トレ女性のダイエット運動
    ↓末尾に毎週更新の訳あり格安アイテム情報↓

    【プルオーバー完全解説】縦方向の刺激で大胸筋を劇的に発達させる筋トレ方法



    大胸筋の発達停滞期に導入すると劇的な効果が得られるダンベル・バーベルプルオーバーに関して解説します。なぜ、プルオーバーがプラトー打破に有効なのか、その科学的説明と各種のプルオーバーの筋トレ方法・やり方・コツなどもご紹介します。

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    バーベル筋トレ方法バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ■なぜ大胸筋停滞期にプルオーバーなのか


    ●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


    pectoralis-major_2018040621421476e.png
    読みかた:だいきょうきん
    英語名称:pectoralis major muscle
    部位詳細:上部中部(内側)下部
    起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~第6肋軟骨腹直筋鞘前葉
    停止:上腕骨大結節稜

    ●全ての大胸筋筋トレのなかで唯一縦方向に刺激を与えられるから


    大胸筋の発達停滞期に最適な起爆剤ともいわれるプルオーバーですが、その理由はなぜでしょう。

    大胸筋の筋トレと言えば、ベンチプレスやダンベルプレスなどのプレス系種目、フライやケーブルクロスオーバーといったフライ系種目がありますが、これらは全て、大胸筋の筋繊維方向の収縮、つまり横方向に大胸筋を刺激する種目です。

    唯一、大胸筋に対して縦方向の刺激を与えられるのがプルオーバーで、「慣れ」を主原因とする発達停滞期に非常に効果的なのです。

    ■プルオーバー動作での大胸筋と広背筋の収縮


    ●デジタル筋肉動画で確認




    こちらは、ダンベルでのプルオーバー時に大胸筋と広背筋がどのように収縮するかデジタル化した動画です。その収縮の様子が視覚的に理解いただけると思います。

    ■プルオーバーの効かせ方


    ●肘を曲げ常に大胸筋を意識し続ける





    プルオーバーは大胸筋のトレーニングとされる一方で、大胸筋の拮抗筋である広背筋のトレーニング種目にも分類される時もあります。

    これは、意識の仕方による微妙な軌道の変化で、大胸筋に効いたり広背筋に効いたりするからです。ちょうど、スクワットが意識の仕方で大腿四頭筋に効いたり、大腿二頭筋に効いたりするのと同じです。

    大胸筋にプルオーバーを効かせるためには、肘を曲げて行うベントアームプルオーバーがおすすめで、大胸筋のトレーニングとしてプルオーバーを行うときは、さらに必ず大胸筋に意識を集中してください。それにより、停滞期を打破する劇的な効果が得られます。

    17-01-15-15-31-33-574_deco_20170828042118709.jpg

    個人により、関節や筋肉の付き方が微妙に異なるため、一概には言えませんが、一般的には「肘を曲げると大胸筋」、「肘を伸ばすと広背筋」に効きやすくなります。

    ■バーベルプルオーバーのやり方


    ●他の大胸筋トレーニングと違い肩甲骨は開放する




    こちらが模範的なバーベルプルオーバーの動画です。

    最大のポイントは「肩甲骨は寄せずに開放する」ということです。

    大胸筋のトレーニングと言えば、つい肩甲骨を寄せがちですが、プルオーバーに限っては肩甲骨を寄せると広背筋に刺激が逃げてしまうので注意してください。

    また、肘は開きぎみに動作し、トップポジションで肘を閉めながら大胸筋を収縮させてバーベルを押し込むことで効果は倍増します。

    ■ダンベルプルオーバーのやり方


    ●できる限り遠く下へ




    こちらがノーマルのダンベルプルオーバーの動画です。

    肩甲骨の開放とトップポジションでの押し込み動作はバーベルプルオーバーに準拠して行ってください。

    ダンベルトレーニングの最大の利点は可動範囲の広さです。ダンベルプルオーバーは両手でナロースタンスでダンベルを保持するため、より一層バーベルプルオーバーよりも遠く下へ軌道を設定することが可能です。

    この最大の利点をフルに活かしてトレーニングしてください。なお、ダンベルプルオーバーで大胸筋に最大負荷がかかるゴールデンレンジは、ボトムポジションから45度までの範囲です。できる限り遠く下へダンベルを下ろすことを最優先にしたコントロール可能な軽めの重量設定がおすすめです。



    また、ダンベルプルオーバーは腰に負担が大きなトレーニング種目です。腰に不安のある人は、こちらの動画のようなベンチを横向きに使ったダンベルプルオーバーをするとよいでしょう。

    それでは、読者のみなさまの大胸筋に絶大な変化・発達がありますように。

     

    スポンサーリンク



    ▽現在無料お試し期間で人気▽


    ▽最新の低パケットサイト▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【スント(SUUNTO)フィットネスウォッチ】3FITNESSの実際の使用感と個人的口コミ評価 2018/05/23
    【実際に効果あるダイエット器具】本当に効果がでるおすすめグッズ・マシンの試用感想・口コミ評価 2018/05/23
    【ブロッコリーとマグロのカルパッチョ】ダイエット筋トレにおすすめの魚料理 2018/05/23
    【スクワットマジック】実際に使用した感想と個人的口コミ評価|レベル別の使い方も解説 2018/05/23
    【チューブデッドリフト女性編】背中を引き締め美しい姿勢を作るゴムバンドトレーニング 2018/05/23
    【細マッチョの体重・体脂肪率】身長ごと(165・170・175・180・185cm)のBMI・標準値をご紹介 2018/05/23
    【ワンダーコアツイスト】実際に試用した使い方・感想・効果とスマートとの違いを解説 2018/05/23
    【アカヒレタビラの飼い方】餌・混泳・繁殖など飼育方法を解説 2018/05/22
    【シロヒレタビラの飼い方】餌・混泳・繁殖など飼育方法を解説 2018/05/22


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー200種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    ▼無料ホームページ作成代行▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ