【格闘技と筋トレ】階級に応じて適切なレップ数で身体を作る

    筋トレと格闘技の関係についてまとめました。格闘技の強化目的で筋トレを行う場合、重量級、中量級、軽量級と体重階級にあわせてレップ数と重量設定をするのが効率的です。

    ●筋トレと格闘技の関係




    以前は、「筋トレをすると身体が固くなる」「打撃に使う筋肉は筋トレでは鍛えられない」と言われた時代もありましたが、現在では科学的でない迷信とされています。

    実際、五輪競技やプロ競技の格闘選手が、技術練習と並行して筋力トレーニングを行っていることを考えれば理解できることです。

    ただし、格闘技の多くは階級競技のため、各階級に適切な筋トレをして、筋量がデッドウエイト(無駄な体重)にならないよう、重量設定やレップ数を調整する必要があります。

    具体的には、重量級選手は低レップ(6~8レップセット)高重量の筋トレメニューで、中量級選手は中レップ(8~12レップセット)中重量の筋トレメニューで、軽量級選手は高レップ(20レップ前後のセット)低重量の筋トレメニューでトレーニングをしていくのが最適でしょう。

    また、下記リンクに格闘技に使用する器具類の実体験からの考察を記載しましたので、是非ご参照ください。

    ▼関連記事

    打撃格闘技(空手・キックボクシング・テコンドー)の家庭用練習道具・用品(ミット・サンドバッグ)比較考察

     

    スポンサーリンク


    ■おすすめの格安冷凍食材



    実際に筆者が定期的に購入している、格安の冷凍肉類(牛肉・豚肉・鶏肉)や冷凍魚介類(マグロ・うなぎ・カツオなど)などをご紹介します。

    いずれも高タンパク質・低脂肪のものですので筋トレのバルクアップ・ダイエット両方に最適です。

    詳しくは、下記の筆者の運営する筋トレ専門サイトでご紹介していますので、ぜひ、ご活用ください。


    【筋トレむき格安冷凍食材】牛肉・豚肉・鶏肉・マグロ・うなぎ・カツオなどお値打ち品紹介




    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    スポンサーリンク